Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

 

資金調達にお困りですか?

いますぐファクタリング会社比較から資金調達する!

 

管理人タナカ

管理人タナカ
ファクタリング研究所へようこそ。

当研究所は、中小企業の資金繰りの救世主となり得る「ファクタリング」を徹底解剖しているサイトです。

中小企業経営者の方と資金調達のお話をしていると、多くの経営者はこう言います。

経営者

経営者
融資が降りるまで待ってられない!
何か早い資金調達はないか!!?
経営者

経営者
急な資金繰りが必要だが目処が立たない!どうすれば!
経営者

経営者
すぐに見捨てる銀行からの融資などアテにできない!

流動的な資金は会社の血液であり、その資金を準備するための資金繰りは経営者にとって最重要課題です。

経営者の方に「御社の資金繰りの手法は?」と伺うと、9割がたは「銀行融資」との返答がきますが、資金繰りはなにも銀行だけに頼らなくても可能なのです。

当ファクタリング研究所がお勧めするファクタリングなら、『素早く』『確実に』資金調達することが可能です。

 

“資金繰り”は中小企業の慢性的な悩み

↓こんなことで困っていませんか?↓

 中小企業経営者の悩みの種

  • アテにしていた銀行から融資が打ち切られた!
  • 大口案件が目の前にあるのに仕入れ資金が足りない
  • 従業員の給料の支払いが回らない!
  • 赤字決算で銀行融資が付かない!
  • 債務超過している!
  • 返済をリスケジュール中で資金調達が厳しい!
  • 金融機関の融資枠を使わずに決算書を良くしたい!
  • 未納(滞納)の税金があるので信用情報が良くない!
  • 新規事業を始めたばかりで融資が受けられない!
  • 開業3年未満で融資が受けられない!
  • 売掛先や従業員に知られずにつなぎ資金を確保したい!
  • 保証人や担保を立てることが難しい!
  • 大口の売掛金のサイトが数ヶ月あり運転資金を圧迫している!
  • 手形割引が受けられなかった!
  • 新規創業後半年が経過し、創業資金を受けられなくなってしまった!

※実は、上記全ての場合でファクタリングによる資金調達は効果てきめんです。

 

図解で解説!ファクタリングの仕組み

Explanation of hard to understand factoring

資金調達の手法である「ファクタリング」とは、和訳すると「債権流動化」= 期日まで固まった 売掛金を早期に現金化できるシステム です。

ファクタリングで資金調達することで得られるメリット

  • 売掛金を素早く現金化し、キャッシュフローを改善!
  • 借り入れではない(負債にならない)資金調達が実現!
  • 平均2〜3日で現金が確保可能!
  • 返済義務なし!破綻リスクを回避できる(ノンリコース)
  • 継続的に利用可能!
  • 銀行や取引先に知られることがない

「売上はあるのに現金がない!」という悩みは売上の半分以上が売掛金となる中小企業にとって、付きまとう問題です。

支払いをリスケ中」「税金を滞納してしまっている」「直近で赤字決算をしたなどの理由で金融機関からの借り入れができない場合にも有効な資金調達法です。

How factoring works

 ファクタリングの流れ(上図の割り出し)

  1. 承認やサービスの提供=売掛金の発生(利用者 ⇨ 取引先企業)
  2. ファクタリング契約・承諾(利用者 ⇄ 取引先企業)
  3. ファクタリング契約・承諾(利用者 ⇄ ファクタリング会社)
  4. 請求金額の確認(利用者 ⇄ 取引先企業)
  5. 請求金額通知(利用者 ⇨ ファクタリング会社)
  6. 請求金額・最終確認(取引先企業 ⇄ ファクタリング会社)
  7. 早期売掛金支払い(ファクタリング会社 ⇨ 利用者)
  8. 期日通り売掛金の支払い(取引先企業 ⇨ ファクタリング会社)

会計上は、請求書を発行済の売上を確保していても、その売掛金が現金化されるのは平均30日〜90日後という場合が多く、その間に大口の受注案件や取引先から支払いのリスケなどがあった場合、資金難に襲われてしまいます。

そこでファクタリングが活躍します。
ファクタリングは、清算日が遠い売掛金であっても最短即日〜3日程度で資金化できます。※その理由については後述

しかも、元々 売上であったものを早期清算する形ですから、「借り入れ」ではなく「売上」です。当然、会計上も「負債」ではなく「利益」として計上します。

ファクタリング|2種類の取引形態

取引形態に関しては、「取引先企業に通知する3社間取引」「取引先に通知しない2社間取引」を選択することができます。

2社間取引と3社間取引の違いを単刀直入に言うと、『売掛先(取引先)へのファクタリング通知の必要の有無』です。

Two systems of factoring
2社間取引と3社間取引の違い
取引形態取引先への通知売掛金回収方法手数料
2社間取引通知しない通常通り自社にて回収
3社間取引通知するファクターが間に入って回収

2社間取引の方が割高にはなりますが、民間ファクタリング会社では取引先へ通知の義務がない2社間取引が人気です。

金融機関からの融資とファクタリングを比較

Finance | Compare with loan

銀行融資の方が広く一般的に知られている資金調達方法ですから、「なんだか銀行からの方が安心して借りられる!」と言う経営者の方も多いですが、ファクタリングが利用できる状態ならば、ファクタリングで資金調達した方が会社のキャッシュフローは健全に回ります。

融資ファクタリング
形式金銭の貸借売掛債権の売買
手数料
(金利)
年15%以下
(100万円以上の場合)
買取金額の1.5%〜10%程度
審査期間1〜2週間程度1日〜3日
審査対象主に融資を受ける会社の信用調査主に売掛先の信用調査
調達可能金額評価によって変動売掛金の範囲内
リスク・売掛先が破綻した時の責任を負う
・償還請求権がある
・売掛先が破綻した時の責任を負わない
・償還請求権がない

金利や返済義務が生じる金融機関からの融資に対して、ファクタリングには返済義務はありません。これは、売掛債権を現物売買するシステムであり、貸金業ではないからです。

融資は高金利を長期返済しますので、毎月の負担は軽くなりますが、完済後の金利額を確認してみると驚くような高額になっていることはよくあることです。

対して、ファクタリングは先々入金予定の売掛金を売却し、事前決済する仕組みですから、一回の手数料は割高に感じます(100万円の売掛金を掛け目90%で売却した場合の手数料10万円)が、融資で100万円/利息10%/3年で借り入れした場合は、利息分は16万円強にもなります。

融資とファクタリングの金利/手数料をシミュレーション
項目融資ファクタリング
借入額/売掛債権額100万円100万円
利率/手数料率10%10%
利息額/手数料額161,619円10万円
返済期間3年返済義務なし
審査期間1〜2週間1〜3日
差引資金調達額100万円90万円

手形割引とファクタリングを比較

Bill discount手形割引とファクタリングは仕組みが似ているように見えることから、よく混同されがちな資金調達法です。それぞれの特徴を比較します。

建設業や貿易業などの中小企業は手形の利用頻度も高いため、資金繰り手段として自然と「手形割引」の利用頻度も高くなります。

注目していただきたいのは、何かとリスクがかさむ「手形割引」に対して「ファクタリング」の方が手数料や着金スピード、償還請求の点などで優れたシステムである点です。

手形割引とファクタリングの比較
手形割引ファクタリング
取引システム借入れ (債権担保)債権売却
手数料年率事務手数料+掛け目
返済義務ありなし
償還請求ありなし
着金までの期間5日〜7日程度最短即日
利用限度額会社信用・手形信頼度に依存30万円〜3億円

続いては、手形割引とファクタリングそれぞれの手数料について見ていきましょう。

手形割引の手数料について

手形割引率 相場(年利)
都市銀行1.5%〜3.0%
普通銀行
(地銀・ノンバンク系など)
2.0%〜3.5%
信用金庫2.5%〜4.5%
信用組合3.5%〜5.5%

手形割引は貸金業であり、平たく言うと”手形を担保にして借入れをするシステム”です。

審査では、手形を振り出す企業(つまりあなたの会社)の信用情報も重要になってきますから、ある程度、健全な経営状態でないと利用することが難しくなります。

ファクタリングの手数料について

ファクタリングの手数料相場
ファクター系統手数料
(事務手数料/掛け目)
取引形態
銀行系ファクタリング1.5%〜3.0%3社間取引
民間ファクタリング会社1.5%〜15%2社間/3社間取引

ファクタリングは売り切り型の手数料表記です。※貸金ではないので、年利や利率などはありません。

手形割引とファクタリングの比較に関しても、先ほどの融資の場合と同じように、”年利”と”買切り型手数料”を理解していなくてはなりません。

例えば、「手形割引率1.5%/ファクタリング手数料1.5%」の場合でシミュレーションしてみましょう。

手形割引とファクタリングの 利率/手数料をシミュレーション
項目手形割引ファクタリング
利用額/債権額100万円100万円
利率/手数料率1.5%1.5%
利息額/手数料額23,294円15,000円
返済期間3年返済義務なし
審査期間1週間程度1日〜3日
差引資金調達額100万円98万5千円

>>> ファクタリングと手形割引の違いについて(詳細)

ファクタリングは『安全・早い・確実』な資金調達法

ここまで読み進めていただいた方であれば、ファクタリングが中小企業の資金調達法として、とても優れたシステムであることはご理解いただけたかと存じます。

既存の『融資+ファクタリング』『手形割引+ファクタリング』のように、臨機応変に使い分けることによって、適材適所でメリットが大きい手法を使い分けることが可能になるのです。

ですが、ファクタリングは致命的なほど認知度がありません。本来は30年ほど前に米国発信でスタートした資金調達スキームですが、日本では「でんさい(電子記録債権)」に取って代わる形になり、単発での取引は少ないですね。

ファクタリングは”安全”な資金調達

Factoring is a safe funding method

事業計画もなく、急な融資の申し入れをした場合、足元を見られてしまい、高い金利設定をされてしまうことはよくあります。

分割で計画的に返済することが前提ですから、大きな金額を調達するには最善の方法のように思えるかもしれませんが、実は中小企業のキャッシュフローを圧迫する原因の多くは「返済による金利」です。

その点、ファクタリングは、取引の段階で手数料はかかるものの、明確な掛目の支払いで、見通しの良い資金調達ができます。

まるで、家にある古本を売るかのように、はたまた、倉庫に眠った在庫を処分するかの如く、わかりやすく、安全なシステムです。

ファクタリングは”早い”資金調達法

Factoring has a sense of speed Fundraising method

多くのファクタリング会社は、資金調達のスピードに自信を持っています。

 

『最短即日で着金できます!』

 

急ぎの資金調達が必要な経営者にとっては、とても頼もしい一言でしょう。

例えば優良ファクタリング会社のビートレーディング社なら資金調達額が300万円までは最短即日可能、999万円までは2〜3日。1,000万円以上でも4〜5日という短い期間での資金調達が可能です。

相談者

相談者
なぜそんなに審査〜入金までが早いんですか?

上述した通り、ファクタリングは融資ではありませんから、返済能力などの信用調査が必要ないからです。

ファクタリング契約前の確認事項は大きく2点

  • 請求書発行済みの売掛金か?
  • 債権の回収は確実にできるか?

この2点の審査がメインですから、早いのです。

ファクタリングは”確実”な資金調達法

Factoring is a solid financing method

ファクタリングは確実性の高い資金調達手法です。

融資や事業用ローンの場合は長く待たされた挙句に「否決」ともなれば、その時点で”詰んで”しまいます。

ファクタリングであれば、売掛債権の現物売買ですから、「否決」という概念はありません。あなたの会社が保有している売掛債権が本当に存在するもので、支払い経歴も良好であれば、9割がた買い取ってもらえます。

当研究所選り抜きのファクタリング会社BEST3!

株式会社 三共サービス
最安値更新中!
なんと!手数料1.5%〜という他では絶対にないレベルの手数料の低さ!独自調査&取材の結果、充分に信頼できる優良企業であると認定。『三共さんって手数料お安いですよね?なぜ?』と伺うと、担当高木さんは「そうですか?他社が取りすぎなんだと思いますよ(笑)」という余裕っぷり。 手数料の安さで選ぶなら間違いなく「三共サービス」です。

三共サービスどんな会社? いますぐ無料査定依頼する

 

株式会社 ビートレーディング
トータルバランス型。
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、トータルで自社の資金繰りを改善させたいのなら、ココが正解です。

ビートレってどんな会社? いますぐ無料査定依頼する

 

株式会社 JTC
大口取引ならココ!「年商7000万円以上の企業限定」という条件付きだが、該当する場合は審査に申し込みしてみる価値アリ。高値買取に定評のあるファクタリング会社です。(手数料2%〜)

JTCってどんな会社? いますぐ査定してみる

*****

ファクタリング利用者の生の声

ファクタリングによって会社の資金繰りをクリアできた経営者の方は全国にたくさんいます。ここでは、実例を元にご紹介します。

千葉県 人材派遣業 K社長

資金調達額 4,600万円

  • 連絡から5日で資金調達完了!

売上の急増により派遣社員を増員したいが、増員分の給与が捻出できない!

人件費は先出し、クライアントからは後払い…と、入金サイクルのバランスが保てなくなり、会社が回らなくなりました。

そんなときに売掛債権の早期現金化ができるシステム(=ファクタリング)のことを知り、ファクタリング会社へ相談しました。

売掛金をスピーディーに現金化してもらったことにより、給与支払いの悩みが解消され、派遣社員を増員し、事業成長のチャンスを逃すことなく事業を拡大させることができました。

東京都渋谷区 建設業 S社長

資金調達額 1,200万円

  • 連絡から4日で資金調達完了!

 大型案件を受注したいが、資金がないために外注先を確保できない!

資金不足のため、施工材料費の仕入れに限界があり、大型案件の引き合いがあっても受けられない状態でした。

しかし、既に請求済みで入金待ちの売掛金をまとめてファクタリング会社に売りに出し、即現金化してもらったお陰で、大型案件の契約が成立!

業績を上げることができました。

神奈川県横浜市 有限会社 A社長

資金調達額 220万円

  • 連絡から2日で資金調達完了!

 滞納している税金があるために銀行融資を受けることができない!

当社では2年ほど前から業績不振に陥り資金繰りが行き詰まってしまっていました。現在の業態から抜け出すべく新規事業の参入を検討するも、資金がないために厳しい状態です。

そんな折り、ファクタリングのことを知り、売掛金の売却で早期に資金調達できることを知りました。

とあるファクタリング会社に相談したところ、「滞納している税金を支払って銀行融資を受けましょう!」というご提案を受けました。

未回収の売掛金を買い取っていただき、税金を完納。お陰で当面の運転資金を確保することができました。

トータルで良くなったので、資金繰りの相談をして良かったです。

東京都 小売・卸売業 D社長

資金調達額 250万円

  • 連絡から2日で資金調達完了!

入金のズレが大きくなり思うように資金繰りができなくなった!

当社は健康食品販売業を営んでいます。

新規の取引先が増え、新商品の受注も増えるうち、製造は外注なのですが、製造工程に遅れが生じた際に入金にもズレが出てしまい、どうしても資金繰りに行き詰まることが増えていました。

融資枠の制限もある中売掛金を早期に資金化できるファクタリングを同業から紹介され利用してみることに。

当社は1行から2,500万円の借り入れがありますので、融資はなるべく使いたくないので、借り入れではないファクタリングは私には最適でした。

手形割引などと比較しても手数料は割安で済みますので、何度か利用しています。

東京都 印刷業 A社長

資金調達額 850万円

  • 連絡から2日で資金調達完了!

 資金繰りに困窮し、安易に小切手で借入をしてしまったが、まさかのヤミ金!

急場の資金繰りに困り果てて、ヤミ金に手を出してしまったのが悪夢の始まりでした。高い金利と短い期日…入金もないのに支払い日がやってくる・・・。

支払日の度に借入先が一件、また一件と増えていき、気づけば10社を超えていました。このままではマズイと思い、借入の一本化を考え金策に走りましたが、当然のようにどこにも相手されませんでした。

そんな時に、ファクタリングのことを知り、売掛金さえあれば金融機関から借入がいくらあっても無関係の資金調達法だということも知りました。

ランキングに載っていたファクタリング会社に相談をし、その場の資金調達だけでなく、当社の資金繰り全般の面倒を見てもらいました。あのまま行っていたら・・・と思うと恐ろしくてたまらないですが、結果的にはファクタリングに助けられました。

大阪府 土木建築業 B社長

資金調達額 5,800万円

  • 連絡から3日で資金調達完了!

取引先から突然のリスケ申請!
入金予定がズレてしまい早急な資金調達が必要に!

銀行への返済は半年前からリスケ中のため、銀行融資を期待できない状態でした。

ノンバンクからの借入も考え、申し込みもしましたが、第3者の保証人が必要だと言われてしまい途方にくれていました・・・

そんな時にネットでファクタリングのことを知り、詳細を見ていると「担保・保証人不要」と書いてあり、本当かな・・・?と半信半疑ながら相談してみることにしました。

実際に面談をして、詳細を面前で説明していただき、本当に売掛金のみで資金調達できるということを知りました。

本当にファクタリングで助けられました。

東京都 建設業 M社長

資金調達額 4,000万円

連絡から3日で資金調達完了!

ファクタリングで窮地を救われた!入金も3日と早い!

急な受注が入り、材料費の支払いに困っていたのですが、銀行融資やビジネスローンは融資実行までに時間がかかり、インターネットでファクタリングという資金調達方法があることを知りました。銀行融資等も考えていたが、時間がかかりすぎて困っていました。

支払日までに資金調達の目途が立たなかったときに迅速に対応してもらいました。
材料費を遅れることなく支払うことができたので会社の信用を失わず済み本当に助かりました。

青森 建設塗装業 J社長

資金調達額 300万円

  • 連絡から1日で資金調達完了!

外注費の前払いが発生したが、キャッシュは手元にない!困った!

ずっと取引のあった業者から大きな工事の依頼があり、外注費の手付金を支払わないと工事が進まなかったので銀行などいろんな金策に回りましたが、支払期日まで用立てが間に合いそうにありませんでした。

ファクタリングという聞きなれない資金調達方法で不安もありましたが、詳しく説明をしていただき、安心して取引ができました。

支払期日にも間に合い工事も順調に進んでいてこれからも大きな工事の受注ができそうです。

総合評価No.1の三共サービス社 公式:http://sankyo-fs.jp/

関連ページ:ファクタリングの成功事例【まとめ】

ファクタリングの利用条件と必要書類など

早い!安い!と、良いことづくしのファクタリングですが、誰でも取り組みができるのでしょうか?

結論から言うと、健全な売掛金さえあれば誰でもファクタリングを利用して資金調達することができます。

ファクタリングの利用条件一覧

  • 売掛債権の出元が明確であること
  • 売掛金が請求書発行済みのものであること
  • 売掛先の支払いを確認できる資料(通帳)の提出ができること
  • 必要書類を用意できること
  • 銀行への支払いがリスケ中でもOK
  • 赤字決算でもOK
  • 個人事業主でもOK
  • 調達可能額は数十万円〜数億円まで(ファクターによる)
  • 手数料相場は1.5%〜15%(ファクターによる)※調査ファクターより

システムを理解すればわかりますが、融資などとは違い会社の信用情報などは一切審査対象ではありませんから、赤字決算や銀行返済リスケ中でも無関係です。

税金の未納など、資金繰りに困窮している企業にとっては力強い助け舟となる他、設立3年未満と歴史の浅い会社や、設備投資などでまとまった事業資金が必要だが、税金の未納で借入ができないなどのケースでも対応が可能です。

ファクタリングの必要書類

ファクタリングによる資金調達は「最短即日」などの時間的な余裕が少ない時にも使えます。ですが「資金調達のスピード=書類が揃うスピード」と連動していますから、契約をスムーズに進めるために、いち早く書類を集めたいところです。

ファクタリングの必要書類は以下の通りです。

ファクタリングの必要書類

  • 身分証明書
    (運転免許証・パスポートなど)
  • 法人会社謄本
    (履歴事項証明書) 【 2通 】
  • 決算書
    (勘定科目明細書付)直近2期分(税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 取引先との基本契約書
    (ない場合は要相談)
  • 成因資料
    (注文書・契約書・発注書・納品書・請求書など)1案件につき2点をご用意ください。
  • 入出金の通帳・当座照合表
    (過去の入出金を確認のため)
  • 納税証明書
    ※1 税金納付済みの場合(納税証明 その33
    ※2 税金分納、未納の場合 (納税証明 その1

ファクタリング会社によって求められる書類の詳細は変わってきますが、上記の書類が揃っていれば問題なくスムーズな審査ができます。

必要書類は取引する会社によって若干差異があります(要確認)

※売掛金の状態によっても変わりますので、ファクタリング会社に直接問い合わせた方がが確実です。

  1. 三共サービス手数料1.5%の最安値提示)
  2. ビートレーディング(安定感のある老舗のファクタリング会社)
  3. JTC(年商7000万円以上が条件だが手数料格安)

 

ファクタリングの”良い売掛金”と”悪い売掛金”

Factoring | Good and bad credits

ファクタリング審査において「確かな(良い)売掛金さえあれば100%審査通過できる」と言っても過言ではありません。

さて、ではどんな売掛金が良い債権/悪い債権とされるのでしょう?紐解いていきます。

買取・優遇されやすい良い売掛金

  1. 請求書が発行済み
  2. 売掛サイト毎の清算が良好
  3. 清算日までの期間が短い
  4. 1小口が大口な金額であること
  5. 売掛先が上場企業だったら最高!

と、理想を並べてみましたが、実際にはここまでの条件が良い債権は出てくることは少ない、と某ファクタリング会社役員の方もコメントをくださいました。

では、買取が難しくなってしまう可能性のある“悪い売掛金”とは?↓

買取NG!? 悪い売掛金

  1. 請求書が未発行(仕事・サービスが未提供)
  2. 請求先からの支払いが度々遅れている(通帳要確認)
  3. 請求先が倒産寸前!?
  4. 清算日までの期日が半年(180日間)などと長期
  5. 売掛先が個人事業主

1〜5までに該当すると、買取不可になる可能性が高い。

ここまで見てもらえればお分かりかと思いますが、ファクタリングの審査では、利用者側企業は審査対象になりません。言ってしまえば、利用者側(つまり、請求側)は赤字決算でも、銀行返済をリスケ中でも、税金未納でも問題ないのです。

肝心なのは請求先(つまり、売掛債権の支払い側)で、こちらの経営が不振な状態ですと、買い取ってもらえない可能性が高い。事前調査をして見積に出すほどではないが、査定の段階で数種類の売掛金の見積りを取ることでリスク回避できるでしょう。

ファクタリングの注意点

Attention point of factoring

早急な資金調達ができるファクタリングですが、あまり慌てすぎずに冷静な目で事前に確認しておきたいことがあります。

悪徳業者に注意!

ファクタリングとは名ばかりのシステム名だけを語った悪徳業者が残念ながらいます。

当サイト内に掲載しているファクタリング会社は、当研究所が独自に60社以上を徹底調査済みで掲載していますから、安心です。ですが、救急の資金繰りが必要な経営者の足元を見て近づいてくる悪いヤツらには注意が必要です。

解決方法としては、最初から信頼が置ける情報だけを頼りにすることです。当サイトのような、第三者が評価を加えているソースでもいいですし、ファクタリング会社一括比較などのサービスを利用することでもトラブルを回避できます。

何よりもやってはいけないことは、急ぎの資金繰りに目を回して、街の電信柱に貼ってあるような張り紙に電話をしてしまうことです。

ファクタリング|3つのトラブルシューティング

ファクタリング会社を決めてから実行する前に、利用者の方に注意しておいていただきたいことが3つだけあります。

ファクタリングの3つの注意点

  1. 虚偽申告
  2. 二重譲渡
  3. 使い込み

これらは、ファクタリングをする際の経営者としての責務です。

虚偽申告

売掛債権をなるべく高値で買い取ってほしいから…と、売掛金に対する情報を偽ってはいけません。

例えば、売掛先の支払いが滞っていたことを隠したり、既に数ヶ月の遅れのある債権を「優良企業です!」と、虚偽の申告をすることです。

ファクタリングで契約をする前段階(つまり、審査段階)で、取引通帳などの提出が必要ですから、どうせバレます。

結果的に、あなたが嘘をついたことだけが残り、ファクタリング会社に不信感を抱かせるだけですから、やめましょう。

 

二重譲渡

「二重譲渡」とは、あなたが売りに出した売掛債権が、近い期日で既にどこかのファクタリング会社と譲渡契約済である場合です。

これは当然ながら罪になります。

極端なお話をすると、偽証罪で訴えられてもおかしくはありません。

絶対にやめましょう。

 

使い込み

2者間取引の場合には、売掛金の回収はあなたの会社に一旦入金されることとなります。

当然、譲渡契約済であり、既にファクタリング会社から前もって入金されているのですから、あなたは速やかにファクタリング会社に回収代金を入金する必要があります。

ですが、この受け取った代金を別の支払いに使い込んでしまう経営者の方もいるというのです。支払いに切羽詰まっていたとしても、これだけはやめましょう。

改めて別の債権をファクタリング会社に売りに出すことも可能です。

資金繰りは常に余裕を持ちましょう。

 

ファクタリング会社を特徴別に一覧比較!

数ある民間ファクタリング会社を、当研究所の独自調査を元に一覧表にまとめました。

お墨付き!優良ファクタリング会社
企業手数料スピード取扱種別営業時間設立信頼性
sankyo service logo
>> 詳細ページ
3社間
1.5%〜5.0%
2社間
5〜8%
 最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:00
〜19:00
Web24時間
18年目
(2001年)
 ★4.11
betrading logo
>> 詳細ページ
3社間
3.0〜5.0%
2社間
10%〜15%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:30
〜19:00
Web24時間
7年目
(2012年)
★3.99
wadatsumi logo
>> 詳細ページ
3社間
1.0%〜10.0%
3営業日
〜1週間程度
3社間
※最低6ヶ月の
契約縛りあり
9:30〜
18:30
(月〜土)
15年目
(2004年)
★3.65
factoring jtc logo
>> 詳細ページ
3社間
2.0〜10%
2社間
7.0%〜15%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
*年商7千万円
以上必要
8:30
21:00

土日OK!
6年目
(2013年)
★3.48
nikkei financial try logo
>> 詳細ページ
3社間
3.0〜8.0%
2社間
8.0%〜15%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
*年商7千万円
以上必要

平日9:00
〜20:00
非公開
(2016?)
★3.46
Arche logo
>> 詳細ページ
3社間
1.5%〜8.0%
2社間
2.5%〜15%
最短即日
〜7営業日
2社間
3社間
関西エリア
平日9:30
〜18:30
非公開
(2015?)
★3.45

>> 詳細ページ
3社間
3.0%〜10%
2社間
6.0%〜15%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
九州エリア
平日9:30
〜18:00
2年目
(2017年)
★3.44
Factoring tokyo logo
>> 詳細ページ
3社間
9%〜20%
2社間
12%〜25%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日9:30
〜18:00
*21年目
(1998年)
*ファクタリング
業務4年目
★3.33
PMG logo
>> 詳細ページ
3社間
– 非公開 –
2社間
– 非公開 –
最短即日
〜4営業日
2社間
3社間
介護報酬
平日9:30
〜18:00
4年目
(2015年)
★3.28
resource-pro logo
>> 詳細ページ
3社間
5.0%〜15%
2社間
8.0%〜20%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:30
〜19:00
 2年目
(2017年)
★3.11

モバイル表示の場合表示崩れの可能性があります>>>画像で表示する

まず、民間ファクタリング会社を手数料のみで選ぶのなら圧倒的に三共サービスが優位です。「自社の資金繰りを根本から改善させたい!」「長期的に資金繰りに苦労しないようなキャッシュフローの仕組み作りに取り組んでいきたい!」という思いがあるのであれば、バランス型のビートレーディングがベストでしょう。

銀行系ファクターに関しては、自社の取引銀行をまずは検討したいという思いもあるでしょうが、審査スピードが遅く、手数料の公開情報が少ないためにあまり比較できません。

且つ、銀行へ審査を持ち込みをするということは、「資金繰りがうまくいっていない」という情報を開示してしまうことになりますので、あまりお勧めはできません。

ファクタリング研究所一押しのファクター

「お墨付き!優良ファクタリング会社」の中から、2社間取引対応の上位3位企業の詳細情報を掲載します。

株式会社 三共サービス
業界最安値更新中!!
なんと!手数料1.5%〜という他では絶対にないレベルの手数料の低さ!
独自調査&取材の結果、充分に信頼できる優良企業であると認定。『三共さんって手数料お安いですよね?なぜ?』と伺うと、担当高木さんは「そうですか?他社が取りすぎなんだと思いますよ(笑)」という余裕っぷり。
手数料の安さで選ぶなら間違いなく「三共サービス」です。
総合評価口コミ評価 4.11
総合1位獲得!
手数料手数料 1.5%〜
– 業界最安値 –
スピード最短2日〜
取扱債権業種【建築業】【広告代理店】【印刷業】
【小売業】【卸売業】
他多数 、要問合せ
対応エリア全国
遠方の場合は電話応対の後、FAXなどで書類提出
拠点東京本社
東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル3F
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社 三共サービス
代表取締役 飯村 雅
設立2001年7月
資本金1,000万円
公式ページhttp://sankyo-fs.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)

 

株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
総合評価 口コミ評価 3.99
手数料3.0%〜15.0%
(掛目・事務手数料コミコミ) 
スピード最短即日着金可能
300万円以下の取引だとスムーズ 
取扱債権業種【建築業】【運送業】【サービス業】
【小売業】【卸業】【製造業】
【人材業】【個人事業主】
他、取扱業種多数(要相談) 
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室

福岡支社
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
(Be Trading.)
代表取締役社長 佐々木 英世
設立2012年4月
資本金1,000万円
公式ページhttp://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料見積)

 

株式会社 JTC
「年商7000万円以上の企業限定」という条件付きだが、御社が該当する場合は審査に申し込んでみる価値アリ。高値買取に定評のあるファクタリング会社です。
総合評価口コミ評価 3.48
手数料2%〜
スピード最短即日
取扱債権業種 【製造業】【運送業】【建築業】
その他、多数取扱可能
対応エリア全国
*ただし年商7000万円以上の中小企業限定
拠点名古屋本社
愛知県名古屋市中区錦2-17-28 CK15伏見ビル5F
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社JTC
代表取締役 奥村 淳司
設立2013年6月
資本金7,000万円
公式ページhttp://jtc-nagoya.co.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料見積)

 

*****

 

ファクタリング 申し込み〜入金までの5ステップ

ファクタリングの流れは非常にシンプルです。
事前に把握して、スムーズな審査にしましょう。

STEP1|ファクタリング会社へお問い合わせ・見積依頼

application

まずは、貴社に最適なファクタリング会社を選定します。
魅力的なファクタリング会社を見つけたら、さっそくWebから申し込み・無料見積査定を出してみましょう。電話問い合わせも可能ですが、最初が電話だと事前情報を伝えるところから口頭になりますので、時間がかかる。
事前情報はWeb入力しておくことがおすすめ。

調査済みファクタリング会社から選定する

STEP2|仮審査

Provisional review

Web申し込みが完了すると、当日〜翌日の間にファクタリング会社から「確認電話」が入ります。この段階で仮審査となりますが、書類などは必要ありませんし、難しい質問もありません。
貴社で必要としている資金調達額や、売掛金が請求書発行済みかの確認、それから貴社や売掛先の規模感などを聞かれますので、「売上」「売掛金額」「入金サイクル」などを把握していればOK。

STEP3|本審査

Main examination

いよいよ本審査です。
本審査では書類が必要になりますから、事前に用意しておくようにしましょう。
必要書類、本審査の詳細については以下のページを参考にしてください。

ファクタリングの必要書類 ファクタリングの審査基準

STEP4|ファクタリング契約

Factoring contract

無事、本審査を通過すると契約です。
契約書を事前に確認しておきたい場合には、ファクタリング契約書の雛形がありますから目を通しておくと良いでしょう。

ファクタリング契約書の雛形(凡庸テンプレート)

STEP5|入金 (着金)

Factoring payment

ファクタリング契約が完了すると、指定口座へ買取金額が入金されます。
早いケースでは、午前中までに契約完了すれば当日中入金。
夕方以降の契約完了の場合でも翌日中には入金完了します。
何と言っても、このスピード感がファクタリングの醍醐味です!
銀行融資では考えられないほどの即金性があります。

スピード勝負!審査が一番早いファクタリング会社はどこ

 

*****

 

ファクタリング会社の選び方 5ポイント

ファクタリング会社は銀行系から一般の民間企業運営のものまで様々な会社が存在しています。

当、ファクタリング研究所が、全国に何社存在するのか調査しましたが、現在のところ100社以上の民間ファクタリング会社が存在しています。※新参の設立1年未満の会社も含めると倍以上になるものと思われます。

この項では、ファクタリング会社の選び方を伝授します。

ファクタリング会社選びの5ポイント

  1. 会社信頼性
  2. 公開手数料
  3. スピード
  4. 資本金
  5. 取引実績

有料ファクタリング会社選びには上記5ポイントのすべてが欠かせない項目です。

Point① ファクタリング会社の会社信頼性

悪徳業者が紛れ込んでいるファクタリング業界ですから、会社の信頼性は非常に重要です。

会社信頼性の判断基準は、「情報をしっかりと公開しているか?」という部分。具体的にどんな情報かは「資本金」「会社代表者氏名」「設立年月日」「手数料」「利用規約」の5点。

ちょっと怪しい会社ほど情報を公開していない傾向が強いので注意が必要。というより、しっかりと公開している会社があるのに、公開情報が少ない”怪しい会社”を利用する意味はなし。

Point② 公開手数料

公開手数料は、(当たり前ですが)客引きのための最安値を掲載しています。実際にその最安手数料になることは少ないですが、公開手数料を参考に、どの程度親切な営業をしているかを判断することは可能です。

公式サイトなどで手数料を公開していない会社も多々ありますが、当研究所では(少々表現が悪いですが)自信がない現れだと判断しています。

業界最安値宣言!を打ち出している三共サービス社などは、直接取材をさせてもらいましたが、お話を伺っていると『他が高いからウチが安く感じるのでは?当社くらいが妥当かと思います』と自信がみなぎっていました。

Point③ スピード

『最短即日可能!』という売り文句が当たり前なファクタリング業界ですが、2日や3日と表記してあっても、正直問題ないでしょう。しかし、急ぎの場面で利用されることが多いファクタリングですから、スピードを意識している業者の方が好感が持てることは確かです。※過度にスピード押しな業者には注意しましょう。

Point④ 資本金

実は、資本金を公開していないファクタリング会社は多いです。

資本金は、会社規模の一つの目安になります(※すべての判断基準ではないです)から、資本金が多いとそれだけ資金力のあるファクタリング会社ということになります。しかし、最近は本業を持ちつつファクタリング業務も実施している事業者も少なくありません。

実際にファクタリング実績はないにも関わらず、資本金だけで判断することがないように注意する必要がありそうです。

Point⑤ 取引実績

設立年月日などの公開をしていれば、ファクタリング業務開始から何年間の実績があるのかを判断することが可能です。設立から10年以上の実績があれば安心ですね。

しかし、こちらも設立年月日のみで判断することは避けましょう。

あえて名前は出しませんが、当研究所調べで“ファクタリング業務を設立から時間が経った持ち株会社に移行→いきなり設立から10年以上の経歴を手に入れる”というようなテクニカルなことをしている業者もありました。

 

ここまでお話しした通り、ファクタリング会社選びというのは、少々複雑なミッションです。上記5つのどの項目も重要ですが、どれかひとつを重要視するのではなく、トータルで調査した結果で判断することが大切です。

当、ファクタリング研究所ではこれまでに100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきました。80社もの調査を重ねていると、会社概要や会社登記に目を通しただけでどの程度の会社かを判断できるようになりました。

以下では、目的別でオススメのファクタリング会社を掲載していますので、参考にしてください。

バナーをクリック(タップ)すると各ページへ移動できます。

factoring feeFactoring Operation recordFactoring Small amountFactoring Between two companies
Factoring SpeedFactoring Nursing care remuneration · medical treatment feeFactoring Sole proprietorshipFactoring 3 company transactions
Factoring Hokkaido touhoku AreaFactoring kansai kinki Area
factoring chubu Areafactoring kyushu okinawa Area