ファクタリングと手形割引の違いとは?混同される理由や仕組みを解説

あなたの会社では、ファクタリングや手形割引は活用していらっしゃるでしょうか?

混同されがちな両システムですが、仕組み自体は似ているものの、実際に活用するとなると似て非なるものです。

活用する際には、各システムのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

このページでは、ファクタリングと手形割引の「仕組みの違い」や「メリット・デメリット(リスク)」それから「効果的な使い方」を解説します。

ファクタリングと手形割引が混同される理由

なぜ、ファクタリングと手形割引が混同されるのか?

それは、システムそのものが似ていることが挙げられます。

<両者は同じ文面で説明ができる>

あなたの会社が保有する債権(手形)該当機関へ持ち込みし、債権(手形)受取期日や発行元の信用力によって、手数料を支払った上で「前借り」してもらうシステムです。

正直、これだけ聞いてもよくわからないでしょう。

まずは、それぞれのシステムに於いての呼び名の違いを知ることで、大まかにシステムの違いも理解することができます。

手形割引とファクタリングの比較
手形割引ファクタリング
取引システム借入れ (債権担保)債権売却
手数料年率事務手数料+掛け目
返済義務ありなし
償還請求ありなし
着金までの期間5日〜7日程度最短即日
利用限度額会社信用・手形信頼度に依存30万円〜3億円

 

ファクタリングに於いての呼称

債権売掛金、売掛債権
該当機関ファクター(売掛債権買取業者)
手数料・掛け目
・手数料
調達資金売掛債権売却金
手数料の相場・売掛債権の清算期日に依存
・債権発行元の信用力に依存(支払履歴など)

 

手形割引に於いての呼称

債権受取手形
該当機関金融機関(各都市銀行・地方銀行、ノンバンクなど)
手数料割引料
調達資金手形を担保とした融資金(借入金)
手数料の相場・手形期日に依存
・手形発行元の信用力に依存(会社信用)

 

ファクタリングと手形割引の相違点

資金調達や会計処理の観点から見ると、ファクタリングと手形割引には大きな違いが2つあります。

以下が相違点です。

  1. 返済義務(負債と資金調達)
  2. 償還請求の有無

返済義務(負債と資金調達)

手形の場合

手形割引で資金繰りをした場合、受け取るキャッシュは「手形を担保とした融資」となりますので、会社のバランスシート上では「負債」となります。

記載のある手形期日前に資金化することができますが、その資金の形式上は「融資」ですから、事前に割引料を差し引いた額を融資してもらい、手形期日に返済(弁済)をするという流れとなります。

返済は手形の清算によって行われますから、通常であればあなたの会社からキャッシュを支払う必要はありませんが、手形発行元に万が一のことが起こり、支払が不可能な状態となると、以下でご説明する「償還請求」がかかります。

ファクタリングの場合

対してファクタリングは、売掛債権を現品として売却する「売掛債権流動化」の元に執行う取引ですから、融資ではありません。

つまり、バランスシート上では「キャッシュフロー」として純粋に資金調達したこととなります。

償還請求の有無

手形割引の場合は、手形を担保とした融資(貸し付け)となります。

つまり、割り引きをした後に、手形発行元の会社が万が一倒産でもしようものなら、資金の回収先はあなたの会社へ矛先が変わることになります。

ファクタリングは、売掛債務を現品として売却するわけですから、基本的には償還請求がつきません。が、注意していただきたいのが、「基本的に」ですから償還請求があるファクタリングも存在するという点です。

リスクを理解しておく

手形のリスク

手形の最大のリスクは、上述した「償還請求」です。不渡りとなった手形の清算義務は持ち込みをしたあなたにあります。

他にも、手形は追跡ができるので、金融機関の信用情報にも残りやすいです。(金融機関により差異はある)

ファクタリングのリスク

ファクタリングのリスクは売却してしまえば「おしまい」ですから、特にありません。強いて言うならば、稀に悪徳業者に当たる可能性があるということでしょうか。ファクターは民間企業でも特別な資格なく取引できるため、ヤミ金まがいの業者が紛れ込んでいる場合があります。

対策としては、当サイトのように第三者的にファクターを調査しているような格付けランキングを利用すると良いでしょう。

ファクタリングは業者選びが最重要項目!

ファクタリングは非常に優秀な資金調達法ですが、残念ながら中には悪徳業者と呼ばれる詐欺まがいの業者が存在していることも事実です。

自社の大切な資産である売掛金を使った資金調達法であるからこそ、業者選びには慎重になりましょう。(あまりにも簡単・お手軽を推している業者には特に注意が必要です)

当ファクタリング研究所では、これまで実に100社以上に渡って民間ファクタリング会社に対する独自調査を行って参りました。

その中でも、はじめてのファクタリングに推奨したいファクタリング会社がビートレーディング社です。会社信頼度が高いだけでなく、納得の手数料で利用することができます。※現在、当サイトからの申し込みで手数料値引きキャンペーン中

もちろん見積もりは無料ですから、一度査定を依頼してみましょう。

診断士さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、
会社の経営状況に親身になって対応してくれる
専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから
株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率93%を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
総合評価
口コミ評価 3.99
手数料手数料 3.0%〜
*診療/介護/調剤報酬は 0.5%〜
(掛目・事務手数料コミコミ
*新規申し込みの方に限り
手数料割引キャンペーン中!(2.0%〜)
スピード最短即日着金可能
*300万円以下の取引だとスムーズ 
取引可能額数万円〜3億円
*要相談
取扱債権業種【建築業】【運送業】
【介護】【診療】【調剤】
【卸業】【製造業】【人材業】
個人事業主
他、取扱業種多数(要相談)
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室
福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
設立平成24年4月
資本金7,000万円
公式ページhttps://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)



>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG