fbpx

【資金調達可能額】ファクタリング利用額の上限と下限とは?※比較調査済み

ファクタリングを利用する際には「〇〇〇万円の資金調達が必要だ」と調達実行よりも先に、調達必要額が出てくるのが普通でしょう。では、民間のファクタリング会社では、いくらからいくらまでの資金調達に対応しているのでしょうか?

短期的資金調達の手法として、ファクタリングはとても優秀です。

このページでは、ファクタリングで利用できる上限額、下限額。それから、利用したい調達希望額を「300万円以下」「1,000万円以下」「1,000万円以上」に分け、それぞれの金額に対しての注意点や、使いやすいお勧めのファクタリング業者を比較しています。

ファクタリング会社比較 一覧表

まずは、一覧表を作りましたのでご覧ください。

調査済みファクタリング会社一覧
会社名上限下限資本金公開手数料

▶︎ アクセルファクター

1億円下限無し
(数万円〜OK)
1億3,456万円
(グループ全体)
2.0%〜
*さらに手数料1.0%
割引特典

▶︎ ビートレーディング

3億円100万円7,000万円3.0%〜

▶︎ anew(アニュー)

上限なし
(大口が得意)
300万円以上OLTA
25億4,361万円
新生銀行
5,122億円
2.0%〜9.0%

利用額の上限も下限も各社によって様々である事がわかりますね。

上限額が一番多いのは、ビートレーディングの3億円です。

逆に一番小額から取引できるのがアクセルファクターの下限なし。手軽に少額から取引できるのは良いですが、ある程度まとまった金額を振り出した方が利率は低くなりますのでコスパが良い。

診断士さやか
小口を持ち込むのであれば、小口のファクタリングを得意としているアクセルファクター社は、専門だけあって強いので一度無料見積もりを請求してみましょう♪
お問い合わせはこちら(公式)

ファクタリング利用額からお勧め会社を選定!

サイト管理人の立場から、各社を比較していると特徴がすごくよく見えます。やはり、各社それぞれにカラーがあるんですね。

当記事では、利用金額別におすすめ会社とその理由についてお話しします。

利用額:300万円以下

ファクタリング業界では、300万円以下の取引は「小口」と言われます。取引のスピード感があり、サクッと契約できるので、この価格帯のリピーターも多いです。

急ぎファクタリングが多いのもこの価格帯で、ファクタリング利用者の7〜8割はここに当てはまると言われています。

300万円以下の利用であれば、アクセルファクター社がお勧めです。資本力のある会社で、且つ「300万円以下なら即日入金します!」と公言していますから、審査に出してみる価値大アリです。100万円〜300万円の間ならまず相談すべきファクタリング会社です。

診断士さやか
アクセルファクター社は、当研究所経由の申し込みですと
お得な割引特典(手数料1.0%割引!)をご利用いただけます♪
▶︎ 無料見積もりはこちらから

1,000万円以下の利用の場合

1,000万円という金額になってくると、まず融資を考える経営者の方が多いと思います。ですが、設備投資などの名目ならまだしも「運転資金」名目で1,000万円借り入れるのはそうそう容易ではありません。

その点、ファクタリングであれば1,000万円分の売掛金があれば比較的スムーズに資金調達する事ができますね。

〜1,000万円のファクタリングでお勧めな会社はビートレーディング社です。ある程度まとまった金額の場合は手数料率も大切になってきますので、割引特典を活用しましょう。

診断士さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、
会社の経営状況に親身になって対応してくれる
専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから

1,000万円以上の資金調達が必要!

1,000万円以上、2,000万円・・・3,000万円・・・という大きな金額の資金繰りが必要だという事は、何かの設備投資のための資金集めをしているか?それとも、取引先破産などにより弁済の義務が発生したか・・・。

どちらにせよ、数千万円〜のファクタリングは「その場しのぎ」になりがちです。売掛金をファクタリングで“前がり”すると、元々の入金日までにキャッシュフローを整えなければ、また資金が枯渇します。

数百万円までならば数ヶ月の間に比較的容易に調整できるでしょう。しかし、数千万円〜ともなると話が違ってきます。しっかりとしたプラン(計画性)がなければ、破綻してしまいます!

そもそも、計画性が持てるようであれば、数千万円もの資金が不足する事はなかったでしょう。

1,000万円以上のファクタリング取引するのならば、当ファクタリング研究所内で総合評価が最も高いanew(アニュー)社のクラウドファクタリングで事業資金のトータルバランスを根本から整えましょう。

anew(アニュー)
完全オンライン化で注目度No.1!
anew(アニュー)は、OLTA社が得意とするWeb完結型資金調達「クラウドファクタリング」と、新生銀行の潤沢な資金力を掛け合わせた共同ファクタリング事業。
Web完結のスピード感と、適切な審査力、大口取引でも最短即日入金の資金力は圧巻!
▶︎ 法人のみ利用可能※個人事業主でのご利用検討中の場合はこちら
▶︎最新版ファクタリング業者比較ランキングはこちら
総合評価
口コミ評価 3.95
手数料手数料 2.0%〜9.0%
*事前完全提示
スピード最短即日
*24時間受付
取引可能額300万円程度〜数千万円
*大口を得意とする
取扱債券業種【建設業】【運輸業】
【通信業】【人材派遣】 など
*請求書発行済の売掛金があれば受付可能
*個人事業主利用不可
対応エリア全国
拠点新生銀行東京本社
東京都千代田区外神田三丁目12番8号
取引形態2社間取引
*取引先への通知なし
運営会社<anew合同会社>
OLTA株式会社
代表取締役CEO 澤岻 優紀
株式会社新生銀行
代表取締役社長 工藤 英之
営業時間オンライン受付
24時間年中無休
設立OLTA
平成29年4月14日
新生銀行
昭和27年12月
資本金OLTA
25億4,361万円
新生銀行
5,122億円
公式サイトanew公式
https://www.a-new.co.jp/

※「無料登録して申し込むボタン」から「アカウントの新規作成」(所要時間10〜20秒)

独占取材記事はこちら お問い合わせはこちら(無料見積もり)

>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG