Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファクタリングで初逮捕者?悪徳業者は全て”貸金業”である理由

 「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取り契約を装い、ヤミ金を営んだとして、大阪府警生活経済課は25日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都中野区の2業者を摘発し、元経営者の三浦和仁容疑者(36)=同区弥生町=ら男8人を逮捕した。府警によると、ファクタリングを装ったヤミ金業者の摘発は全国初。府警は2業者がファクタリングを装いながら、実態は売掛債権を担保に高金利で金を貸し付けていたとみて、出資法違反(超高金利)容疑でも捜査する。

摘発されたのは「東洋商事」と「MINORI」。府警は、2業者が平成27年秋から28年11月にかけ、資金繰りが悪化した中小企業を中心に全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていたとみて調べる。

逮捕容疑は28年5~9月、堺市と三重県鈴鹿市の会社経営者2人に40~50万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだとしている。三浦容疑者らは「ファクタリングとしての売掛債権の売買であり、貸金業の登録の必要はない」などと容疑を否認しているという。

ファクタリングは中小企業などが保有する売掛債権を買い取り、額面の5~20%を手数料として差し引いて現金を支払うサービス。債権を期日前に現金化できるメリットがある。

>産経WESTより

ちらほら、「ファクタリング=ヤミ金ですか?」なんて、なんとも的外れな質問を受けることもありますが、今回のようなことがありますから、そういったイメージを持たれるのが(悲しいかな)ファクタリングなのかもしれません。

このページでは、「ファクタリング」が違法金融や出資法違反には当てはまらない理由を解説します。

そもそもファクタリングは貸金業ではない理由

まず、上記の産経さんの記事を読んでいただいても分かる通り、今回逮捕されたのはファクタリング業者ではありません。

根からの貸金業のヤミ金です。

そんな彼らが、新規の顧客を掴むための手法として目を付けたのが「ファクタリング」だったのでしょう。

街への張り紙や、折り込みチラシ、顧客からの紹介づてだけで毎月の厳しいノルマを達成していくことが厳しくなってくると、どうにかして新規の客を引っ張れないか?と試行錯誤しますね。

そんな彼ら(ヤミ金業者)がインターネットなどで「即金 資金調達」などと検索をかけていくと出てくるのがファクタリングです。資金繰りに切羽詰まった中小企業の経営者が狙われたというわけです。

ファクタリングのシステムは貸金業ではありませんから、貸付金が発生することはありません。つまり、金利や利息もありません。ファクタリングで発生するのは「事務手数料」や「掛け目」です。

入り口を「ファクタリング」にした詐欺貸し付け

なぜ、ファクタリングを口実に違法な貸付が始まったのでしょう。

きっと、闇金業社も最初から違法な高金利での融資の勧誘をしても、もう世の中に見向きもされなくなったのでしょう。

『ファクタリングという売掛の買取システムをご存知ですか?』と、最初のフックとしてファクタリングを利用していたのだと思われます。

これだと、中小企業の資金繰りに困った経営者の方は、即日調達や、高額の資金繰りが可能などのキャッチフレーズに食いつく可能性があるからです。

ですが、ファクタリングというのは、売掛債権の存在を証明するだけの書類が必要ですし、そもそも、取引経歴などが良好な債権でなければ買取すらしてもらえません。

確かに、資金繰りは切羽詰まった状況になればなるほど、藁をも掴む思いに駆られることはありますが、金融機関からの追加融資や手形割引などの資金繰りとして考えられる手段を尽くしても、資金繰りが叶わなかった場合、あなたの個人名義での借り入れは本末転倒なのです。

会社は会社。

会社だけでキャッシュを回していた場合には、会社が潰れれば、損害も会社までで止めることができますが、個人にまで食い込ませてしまうと、その後の債務はあなたにまで及びます。

あくまで会社とあなた個人は別個に考える必要があるのです。

ファクタリングの知名度の低さを逆手に取った詐欺

ファクタリングの知名度の低さから、売掛債権を資金繰りとして活用できることがあまり知れ渡ってはいませんね。

この知名度の低さは当研究所がコンテンツ公開する動機でもあります。

悪徳業者から良いように言われ、食い物にされないために、『最低限の知識を持ってお取り組みいただきたい』というのが本音です。ですが、救急な資金繰りに於いては、「勉強時間」も取れないのも現実でしょうから、まだまだ余裕のあるうちが資金繰りの本当の勝負だと私は考えます。

資金に余裕があるうちには、会社のバランスシートの作成や、資金繰り予定表を煮詰める時間的余裕もありますから、先々の資金繰りのバランス感覚を養う良い機会です。

そして、悪徳業者に当たらないためには、まずは、当サイトなどのように第三者の目が入ったファクター(売掛買取業者)選びが必要です。

当研究所はこれまでに100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきました。その調査の中でも特に信頼の置ける優良ファクタリング会社は三共サービス社です。悪徳業者とは関わらないために、最初から信頼性の高い企業を利用しましょう。

当研究所が独自に取材していますから、会社の信頼性はお墨付き。

さらには最安値1.5%〜というファクタリング業界内では破格の低料金ですから、コスパも良い。

株式会社 三共サービス
業界最安値更新中!!
なんと!手数料1.5%〜という他では絶対にないレベルの手数料の低さ!
独自調査&取材の結果、充分に信頼できる優良企業であると認定。『三共さんって手数料お安いですよね?なぜ?』と伺うと、担当高木さんは「そうですか?他社が取りすぎなんだと思いますよ(笑)」という余裕っぷり。
手数料の安さで選ぶなら間違いなく「三共サービス」です。
総合評価口コミ評価 4.11
総合1位獲得!
手数料1.5%〜
– 業界最安値 –
スピード最短2日〜
取扱債権業種【建築業】【広告代理店】【印刷業】
【小売業】【卸売業】
他多数 、要問合せ
対応エリア全国
遠方の場合は電話応対の後、FAXなどで書類提出
拠点東京本社
東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル3F
取引形態2社間取引/3社間取引
公式ページhttp://sankyo-fs.jp/

特別独占取材記事はこちら お問い合わせはこちら(無料見積り)