Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

※ファクタリング※2社間取引と3社間取引の違いとは?

あなたの会社でファクタリングの取り組みをしようと、売掛債権を持ち込んだ後に、取引の形態を選べる場合があります。

それが「2社間取引」と「3社間取引」です。

最近では、2社間取引を通常の取引としているファクターも多いので、特に申し出がなければ、ストレートに2社間で取引契約を結ぶ会社も多いです。

どちらを選択してもファクタリングは実行できますが、それぞれのメリットを知っておくことで効果的に活用できます。

実際に取引される上で、非常に重要な部分になりますので、必ず確認をされてください。

2社間取引と3社間取引のメリット・デメリット

各取引で考えられるメリットとデメリットは以下の通りです。

2社間取引メリット審査が早い(最短即日)
売掛先にファクタリングの実行が通知されない
買取金支払い後も取引先とは取引継続できる
デメリット比較的手数料が割高
売掛金は自身で回収後、ファクターに引き渡しする義務が発生する
3社間取引メリット 
比較的手数料が安い
売掛先はファクターへ直接支払いをする
デメリットファクターから売掛先へ売掛金債権買取(譲渡)の通知を行う
契約までに時間が必要
・信用情報の調査
・売掛先の承認

では、実際に各取引の構図についてお話ししていきます。

3社間取引

3社間取引

取引の流れ

①売掛金発生
最初の段階、取引の流れであなたの会社と取引先が売掛の取り決めをします。

②売掛金買取の通知・承諾
あなたがファクタリングしたい旨をファクターへ申し込みます。
売掛先へも事前に通知をしておきます。

その後、ファクターからも売掛先へ
“あなたがファクタリングを申し込んだこと”を通知します。

③売掛金買取契約 及び、買取金の支払い
②で売掛先への通知をし、無事承諾を得ることができれば、
ファクタリング契約を結ぶことができます。

④売掛金の支払い
3社間取引では売掛先からの回収はファクターが行います。

 

3社間取引の大まかな流れはお解り頂けたでしょうか?

この取引の流れが軸になりまして、この流れでは利用者のリスクが大きい!という声が多かったようです。

では、続いて2社間取引です。

2社間取引

2社間取引

取引の流れ

①売掛金発生
3社間と同じです。

②売掛金買取契約 及び、買取金の支払い
ファクターが売掛先と売掛金について調査します。
問題がなければ、最短即日には買取金の支払いが実行されます。

③売掛金の支払い
あなたから売掛先へと請求をし、売掛金の清算をして貰います。

④売掛金の支払い
あなたの元へ支払いがあった売掛金をファクターへと支払いをして取引完了です。

2社間取引は手数料が割高になる?

そもそも、2社間取引は後発のサービスです。
私が実行した時には、このような選択肢はありませんでした。

3社間取引に懸念を抱く利用者にとっては、かなりの需要があるので、ファクタリング実行本数は非常に伸びたそうです。

が、ファクターにとっては、リスクの高いサービスであると言えます。

実際にファクターから聞いた話ですが、債権譲渡後の売掛金をファクターへの引き渡し前に使ってしまうというケースもあったそうです。
この場合、依頼主は業務上横領となります。

手数料が割高になるのは、この辺りのリスクも考慮した上で“保証料”という意味合いもあるのでしょう。

まとめ

ということで、今回は、2社間・3社間での取引によるメリット・デメリットについて解説しました。

実際にファクタリングを実行する利用者の9割は2社間取引を希望していると言います。ぜひ、ご自身の会社経営と資金調達の現状に沿って考慮されてください。

私の場合は、ファクタリングを実行するとともに、“会社のキャッシュフロー”の概念を転換し、経営方針も大きく舵を取り直しました。

ファクタリングによって売掛金を清算し、敢えてマーケティング自体を変え、クライアントの質も大きく変わりました。売掛金の透視ができるよう、会社のバランスシートも作り変えましたし、そのおかげで事業の見通しが長期的に効くようになりました。

あなたの会社でも、ファクタリングは資金繰りの大きな味方になってくれます。

金融機関からの融資付けよりも会社のキャッシュフローは確実に良くなり、その効果はバランスシートに如実に出ます。

管理人タナカが独自調査を重ねているファクターの比較ランキング記事があります。

残念ながら、詐欺や悪徳業者が少なからず存在するこの業界で、信頼の置けるファクターを選べるかどうか?は、まさに命運を握っています。

悩むよりも、まずはあなたの保有債権がいくらの資金繰りとして活用できるのか?知ることはタダです。査定をしてみましょう。

ファクタリングの取り組みで悩むのは、その後いくらでもできます。

⇨厳選!信頼できるファクターを一覧でランキング

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!