fbpx

【ファクタリング】2社間取引と3社間取引の違いとは

ファクタリングは中小企業にとって、とても有効的な資金調達方法です。

しかしながら、利用したことがない方にとっては少々難解なシステムのように感じるかもしれません。

そこで、このページでは、ファクタリングのシステムの中でも、特に2種類の取引方法「2社間取引」と「3社間取引」について詳しく解説しています。※2社間・3社間は利用する会社によって選択できない場合もあります。

記事の一番下では、2社間取引・3社間取引それぞれに強いファクタリング会社も紹介していますので、ぜひご覧になってください。

最近のファクタリング業界では、通常2社間取引をデフォルトとしています。また、ファクタリング利用者の多くは、2社間取引を選択しています。

ファクタリングのシステム

診断士さやか
まずはファクタリングのシステムをおさらいしていきましょう♪

ファクタリングは、売掛金を早期に資金化することができるシステムですから、以下の3つの企業間で取引がなされることになります。

ファクタリング契約に関わる企業

  1. ファクタリング利用者(法人・個人)
  2. ファクタリング会社
  3. 取引先企業

※下記の説明がわかりやすいように色分けしています。

①ファクタリング利用者が持つ ③取引先企業の売掛金を ②ファクタリング会社が買取り現金化します。この際に手数料が発生しますので、手数料を差し引いた金額が ①利用者へと振り込まれます。

その後、③取引先企業から ①ファクタリング利用者へと支払いがあり次第、②ファクタリング会社へと振り込みをして完了です。(2社間取引の場合)

ファクタリングの2社間取引と3社間取引

それでは、取引形態に関して解説します。

2社間取引と3社間取引を端的に説明すると、「取引先企業に通知する3社間取引」「取引先に通知しない2社間取引」となります。つまり、『売掛先(取引先)へのファクタリング通知の必要の有無』です。

Two systems of factoring

2社間取引と3社間取引の違い
取引形態取引先への通知売掛金回収方法手数料
2社間取引通知しない通常通り自社にて回収
3社間取引通知するファクターが間に入って回収

2社間取引の方が割高にはなりますが、民間ファクタリング会社では取引先へ通知の義務がない2社間取引が人気です。

3社間取引(ファクタリング)

①売掛金発生
最初の段階、取引の流れであなたの会社と取引先が売掛の取り決めをします。

②売掛金買取の通知・承諾
あなたがファクタリングしたい旨をファクタリング会社へ申し込みます。
売掛先へも事前に通知をしておきます。
その後、ファクタリング会社からも売掛先へ
“あなたがファクタリングを申し込んだこと”を通知します。

③売掛金買取契約 及び、買取金の支払い
②で売掛先への通知をし、無事承諾を得ることができれば、
ファクタリング契約を結ぶことができます。

④売掛金の支払い
 3社間取引では売掛先からの回収はファクタリング会社が行います。

3社間取引の大まかな流れはお解り頂けたでしょうか?

ファクタリングが日本に入ってきた当時、3社間取引が主流でしたが、この流れでは利用者のリスクが大きい!という声が多かったようです。

では、続いて後発の2社間取引です。

2社間取引(ファクタリング)

①売掛金発生
3社間取引と同じ。

②売掛金買取契約 及び、買取金の支払い
ファクタリング会社が売掛先と売掛金について調査します。
問題がなければ、最短即日には買取金の支払いが実行されます。

③売掛金の支払い
あなたから売掛先へと請求をし、売掛金の清算をして貰います。

④売掛金の支払い
あなたの元へ支払いがあった売掛金をファクタリング会社へと支払いをして取引完了です。

診断士さやか
利用者は「取引先への通知が有りか無し」かで
覚えておいて問題ありません。

2社間取引と3社間取引のメリット・デメリット

診断士さやか
各取引で考えられるメリットとデメリットは以下の通りです。
2社間取引の場合
メリット審査が早い(最短即日)
売掛先にファクタリングの実行が通知されない
買取金支払い後も取引先とは取引継続できる
デメリット
比較的手数料が割高
売掛金は自身で回収後に
ファクタリング会社に引き渡しする義務が発生する
3社間取引の場合
メリット比較的手数料が安い
売掛先はファクタリング会社へ直接支払いをする
デメリットファクタリング会社から売掛先へ
売掛金債権買取(譲渡)の通知を行う
 契約までに時間が必要
・信用情報の調査
・売掛先の承認

 

2社間か3社間で手数料が変わる

一般的には、2社間取引よりも3社間取引の方が手数料が安くなります。

そこには「ファクタリング業者のリスク」が含まれるからです。

利用者側から見ると、「取引先への通知が有りか無し」のシンプルな違いですが、ファクタリング会社からすると、取引先企業との直接取引ができるので、資金の未回収リスクを軽減させることができるのです。

ここで、上述した内容をもう一度確認してください。

Two systems of factoring

①ファクタリング利用者が持つ ③取引先企業の売掛金を ②ファクタリング会社が買取り現金化します。この際に手数料が発生しますので、手数料を差し引いた金額が ①利用者へと振り込まれます。

その後、③取引先企業から ①ファクタリング利用者へと支払いがあり次第、②ファクタリング会社へと振り込みをして完了です。(2社間取引の場合)

“その後、③取引先企業から ①ファクタリング利用者へと支払いがあり次第、②ファクタリング会社へと振り込みをして完了です。(2社間取引の場合)”
とありますが、2社間取引の場合は、②利用者②ファクタリング会社へ直接振り込みます。しかし、3社間取引の場合は、②ファクタリング会社から ③取引先企業へ通知すると同時に、振込先変更の契約も結んでいるので、③取引先から ②ファクタリング会社へ直接振り込みが行われます。
ファクタリング会社からすると、振り込みが確約される分、リスクが少なくなる→手数料を安くすることが可能。という構図です。

2社間・3社間が強いファクタリング会社の紹介

通常は2社間取引を選択する場合が多いのですが、取引形態のことを知っていると、ワンランク上のファクタリング玄人になれますから交渉事がうまくいきます。

ファクタリング研究所では、これまでに100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきましたので、その蓄積データから2社間取引・3社間取引のそれぞれ得意な会社を剪定することができました。

利用前に参考にされてください。

 

診断士さやか
OLTA社は完全オンライン査定で、
しかも手数料2.0%〜と安心手数料のファクタリング会社です♪
御社の資金繰りの強い味方になってくれるサービスですよ♪
>> OLTAオンライン査定はこちらから
OLTA(オルタ)|クラウドファクタリング
OLTAは、東京都港区南青山を拠点とする民間ファクタリング会社。「クラウドファクタリング」という独自のオンライン完結型サービスを実施。査定〜申込み・契約まで完全オンラインで、出張費などの雑費を省いた取引を実現。そのため、手数料2.0%〜からの明瞭会計。母体の大きな会社が提供する新しい形のファクタリングサービスのこれからに期待大。ただしWeb完結の裏返しで面談等は一切ナシ。オンライン用のPDF書類作成に不安がある方や、担当者との面談を希望する経営者の方には安心感のあるビートレーディング社を推奨。
※完全オンラインながら、柔軟審査と明瞭会計、スピード感を併せ持つバランス型。
総合評価
口コミ評価 3.99
手数料手数料 2.0%〜
スピード最短24時間以内
取引可能額数十万円~300万円程度の小口
300万円〜数千万円規模の場合はanew推奨
取扱債権業種【建設業】【製造業】
個人事業主】など
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区南青山一丁目15番41号
QCcube南青山115ビル 3階
取引形態2社間取引
運営会社OLTA株式会社
代表取締役 澤岻 優紀
営業時間- 完全オンライン -
*24時間年中無休
設立2017年4月14日
資本金5億1100万円
公式サイトhttps://www.olta.co.jp/

独自調査記事はこちら スピードオンライン査定(無料)

※「無料登録して申し込むボタン」から「アカウントの新規作成」(所要時間10〜20秒)


>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG