※ファクタリング※2社間取引と3社間取引の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの会社でファクタリングの取り組みをしようと、売掛債権を持ち込んだ後に、取引の形態を選べる場合があります。

それが「2社間取引」と「3社間取引」です。

最近では、2社間取引を通常の取引としているファクタリング会社も多いので、特に申し出がなければ、ストレートに2社間で取引契約を結ぶ会社も多いです。

どちらを選択してもファクタリングは実行できますが、それぞれのメリットを知っておくことで効果的に活用できます。

実際に取引される上で、非常に重要な部分になりますので、必ず確認をされてください。

2社間取引と3社間取引のメリット・デメリット

各取引で考えられるメリットとデメリットは以下の通りです。

社間取引の場合
メリット審査が早い(最短即日)
売掛先にファクタリングの実行が通知されない
買取金支払い後も取引先とは取引継続できる
デメリット
比較的手数料が割高
売掛金は自身で回収後に
ファクタリング会社に引き渡しする義務が発生する
社間取引の場合
メリット比較的手数料が安い
売掛先はファクタリング会社へ直接支払いをする
デメリットファクタリング会社から売掛先へ
売掛金債権買取(譲渡)の通知を行う
 契約までに時間が必要
・信用情報の調査
・売掛先の承認

では、実際に各取引の構図についてお話ししていきます。

3社間取引(ファクタリング)

3社間取引

取引の流れ

①売掛金発生
最初の段階、取引の流れであなたの会社と取引先が売掛の取り決めをします。

②売掛金買取の通知・承諾
あなたがファクタリングしたい旨をファクタリング会社へ申し込みます。
売掛先へも事前に通知をしておきます。

その後、ファクタリング会社からも売掛先へ
“あなたがファクタリングを申し込んだこと”を通知します。

③売掛金買取契約 及び、買取金の支払い
②で売掛先への通知をし、無事承諾を得ることができれば、
ファクタリング契約を結ぶことができます。

④売掛金の支払い
3社間取引では売掛先からの回収はファクタリング会社が行います。

 

3社間取引の大まかな流れはお解り頂けたでしょうか?

この取引の流れが軸になりまして、この流れでは利用者のリスクが大きい!という声が多かったようです。

では、続いて2社間取引です。

2社間取引(ファクタリング)

2社間取引

取引の流れ

①売掛金発生
3社間と同じです。

②売掛金買取契約 及び、買取金の支払い
ファクタリング会社が売掛先と売掛金について調査します。
問題がなければ、最短即日には買取金の支払いが実行されます。

③売掛金の支払い
あなたから売掛先へと請求をし、売掛金の清算をして貰います。

④売掛金の支払い
あなたの元へ支払いがあった売掛金をファクタリング会社へと支払いをして取引完了です。

2社間取引は手数料が割高になる?

そもそも、2社間取引は後発のサービスです。
私が実行した時には、このような選択肢はありませんでした。

3社間取引に懸念を抱く利用者にとっては、かなりの需要があるので、ファクタリング実行本数は非常に伸びたそうです。

が、ファクタリング会社にとっては、リスクの高いサービスであると言えます。

実際にファクタリング会社から聞いた話ですが、債権譲渡後の売掛金をファクタリング会社への引き渡し前に使ってしまうというケースもあったそうです。
※この場合、依頼主は業務上横領となりますから注意が必要です!

手数料が割高になるのは、この辺りのリスクも考慮した上で“保証料”という意味合いもあるのでしょう。

まとめ

ということで、今回は、2社間・3社間での取引によるメリット・デメリットについて解説しました。

実際にファクタリングを実行する利用者の9割は2社間取引を希望していると言います。ぜひ、ご自身の会社経営と資金調達の現状に沿って考慮されてください。

私の場合は、ファクタリングを実行するとともに、“会社のキャッシュフロー”の概念を転換し、経営方針も大きく舵を取り直しました。

ファクタリングによって売掛金を清算し、敢えてマーケティング自体を変え、クライアントの質も大きく変わりました。売掛金の透視ができるよう、会社のバランスシートも作り変えましたし、そのおかげで事業の見通しが長期的に効くようになりました。

あなたの会社でも、ファクタリングは資金繰りの大きな味方になってくれます。

金融機関からの融資付けよりも会社のキャッシュフローは確実に良くなり、その効果はバランスシートに如実に出ます。

管理人タナカが独自調査を重ねているファクタリング会社の比較ランキング記事があります。

残念ながら、詐欺や悪徳業者が少なからず存在するこの業界で、信頼の置けるファクタリング会社を選べるかどうか?は、まさに命運を握っています。

悩むよりも、まずはあなたの保有債権がいくらの資金繰りとして活用できるのか?知ることはタダです。査定をしてみましょう。

ファクタリングの取り組みで悩むのは、その後いくらでもできます。

⇨厳選!信頼できるファクタリング会社を一覧でランキング

 

診断士 さやか

診断士 さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、会社の経営状況に親身になって対応してくれる専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから
株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
総合評価口コミ評価 3.99
手数料手数料 3.0%〜
(掛目・事務手数料コミコミ) 
スピード最短即日着金可能
*300万円以下の取引だとスムーズ 
取引可能額数万円〜3億円
*要相談
取扱債権業種【建築業】【運送業】
【サービス業】

【小売業】【卸業】
【製造業】
【人材業】
【個人事業主】

他、取扱業種多数(要相談) 
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室
福岡支社
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
設立平成24年4月
資本金7,000万円
公式ページhttps://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)

このエントリーをはてなブックマークに追加