支払いサイトとは|サイトのズレによる資金不足を解消するための方法

支払いサイトとは、買掛金や返済金の支払日と支払日の”毎月の間隔”のことを言います。

支払サイトとは、取引代金の締め日から支払日までの猶予期間のことを指す。 通常、日数を単位として表す。 商取引において、商品を売買する際の代金支払いにはいくつかの方法がある。

ー Wikipediaより

通常、『毎月◯日』と設定されているにも関わらず、支払いサイトが短すぎると感じる場合には、そもそもの支払いサイトの設定か、会社のキャッシュフローサイトに原因があることが多いのです。

資金繰りの鉄則は「支払いは遅く、回収は早くです。

ここでは、支払いサイトが短いために資金調達に行き詰まってしまった場合の対処法などを解説しています。

支払いサイト変更が資金繰りに与える影響とは

通常、自社の経営状態にマッチした支払いサイトの設定をしていれば、支払いに行き詰まることはありません。

「資金回収→支払い」というサイクルが安定しているからです。

例えば、こんな会社の例を見てみましょう。

ある企業での大口の支払いサイト例
売掛金毎月20日に回収
買掛金毎月5日に支払い

上記企業の例ですと、売掛金の回収は毎月20日/買掛金の支払いは毎月5日ですから、その間隔は実に約15日もあることになります。この場合ですと、支払いはかなり楽でしょう。

しかし、あなたの会社の買掛金は、取引先の売掛金ですから、取引先としては「早い回収」を望みます。

取引先
申し訳ないのですが、毎月の支払いサイトを5日から25日に変更していただけませんか?

取引先からこんな相談を持ちかけられることもあるでしょう。こういったケースで、しっかりと自社の支払いサイトやキャッシュの流れを吟味してから検討しないと、以下のような状態に陥ります。

支払いサイトを変更した場合の資金の流れ
売掛金毎月20日に回収
買掛金毎月25日に支払い

あっという間に、回収から支払いまでの猶予期間が5日になりました。

当然、こちらはひとつの大口の買掛金/売掛金を例に取っていますから、この間にも取引は続きます。他の売掛金の回収日もあれば、買掛金の支払いもあるということです。

しかし、問題は運転資金の支払いの方が遥かに大口である点です。人件費の捻出、水光熱費などの固定費の支払い、銀行などへの返済金…と、支払いサイトは巡ってきます。

たったひとつの買掛金の支払いサイトが短くなっただけでも、他の支払いサイトとの掛け合わせによって、多大な影響を与えてしまうことがあるのです。

自社に適切な支払いサイトの設定

相談者
支払いサイトはいつにするのが一番良いですか?

と、こんなご相談をいただくこともありますが、この質問は一概には返答できません。

前述したように、通常、経営の中で支払いサイトは複数あり、回収サイトも同じだからです。つまり、『適切な支払いサイト』は、御社のキャッシュフローを管理している経営者自身で判断することが一番なのです。

適切な支払いサイトは”個人”で考えるとわかりやすい

会社単位で考えると、頭を悩ませることでも、一個人で考えるとわかりやすいです。

個人の支払いで大きいのは、まずは「家賃」でしょう。そして、「車のローン」や「保険料」。ケータイ代・インターネット利用料などの「通信費」に、それから「水光熱費」、「食費」や「教育費」などなど…。

クレジットカード決済が多い個人であれば、そのカード会社の引き落とし日が、最も支払い金額が多い日となります。

そして、収入はもちろん「給与」でしょう。

『給与が入ってきて、支払いをする』

簡単に言うと、これが『サイト』です。

給料日が毎月25日で、引落日が5日

これなら支払いは滞りなく済みそうです。

しかし、給料日が毎月25日で、引落日が20日

これだと、どうでしょう。

毎月の収入よりも、支払日が先に来てしまっています。

もちろん、最初からこの支払いサイトであれば、毎月20日まで資金を確保しておくことも可能でしょうが、先月までは5日だった引落日が今月から20日に変更になった場合…これは資金繰りに困窮しそうです。

会社でもこれと同じことが起こります。

現行の支払いサイトを変更する資金調達法

支払いサイトが原因による資金難は、原因の根が深く、なかなか良策がないことが事実です。

多くの経営者の方は、”毎月の資金が不足しているのだから、金融機関から追加融資をしてもらおう!”と安易な資金調達に走りがちですが、融資での解決はお勧めできません。

なぜなら、融資による資金補充は「延命」でしかないからです。

支払いサイトのズレによって生じた資金不足を、追加融資で補ったとしても、根本の解決にはなりません。まとまった資金を確保し、分割返済していくことで、一時的には会社資金は潤滑になりますが、そもそも、支払いサイトによって苦しめられている御社のキャッシュフローは圧迫されたままです。

原因が他に存在している以上、延命はできても”いつかまた同じ状況”が訪れます。

支払いサイトのズレによる資金不足は、その原因となっている支払いサイトを遅くするか、回収サイトを早めるしかないのです。

資金繰りの鉄則は「支払いは遅く、回収は早くです。

しかし、支払い/回収のサイト変更は、取引先を苦しめる結果になりますから、お勧めは「ファクタリング」を利用した解決策です。

参考:ファクタリングとは?を詳しく解説

支払いと売掛金を健全化させキャッシュフローを改善させる全手法

ファクタリングとは

ファクタリング = 売掛債権流動化

ファクタリングとは売掛金を売却して早期に資金化するシステムです。

通常、自社が保有する売掛金は「清算日」が来なければ、単なる紙切れです。売上ではありますが、資金として利用することはできません。

ファクタリングを使えば、入金が2〜3ヶ月先の売掛金でも早期資金化することが可能です。

  1. 請求書発行済みの売掛金を持っていること
  2. ファクタリング会社を仲介すること

この2点だけです。

物品と同じようにして売却することが可能ですから、掛目(手数料)はかかるものの、1日〜3日程度で数百万円〜のまとまった資金を“ほぼ確実に”手に入れることができる資金繰りの手法です。

手数料や会社信頼性などは、ファクタリング会社によって様々ですが、ここでご紹介するのは当ファクタリング研究所がこれまでに100社以上の独自調査を行って来た中で、支払いサイトのズレを修正することにも特化している総合コンサルができる業者をご紹介します。

診断士さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、
会社の経営状況に親身になって対応してくれる
専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから
株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率93%を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
※面談不要のネット完結型ならOLTA(オルタ)推奨
総合評価
口コミ評価 3.99
手数料手数料 2.0%〜
*診療/介護/調剤報酬は 0.5%〜
(掛目・事務手数料コミコミ
*新規申し込みの方に限り
手数料割引キャンペーン中!(2.0%〜)
スピード最短即日着金可能
*300万円以下の取引だとスムーズ 
取引可能額数万円〜3億円
*要相談
取扱債権業種【建築業】【運送業】
【介護】【診療】【調剤】
【卸業】【製造業】【人材業】
個人事業主
他、取扱業種多数(要相談)
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室
福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
設立平成24年4月
資本金7,000万円
公式ページhttps://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)



>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG