fbpx

【ペイブリッジ】広告業界に特化したファクタリング|PAY BRIDGE (株)トップマネジメント

当コンテンツは「ファクタリング研究所」が独自に取材・調査したものです。当コンテンツ内の情報を無断で転載・転記したものは発見次第、損害請求をさせていただきます。

ファクタリング研究所管理人 タナカ

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)のファクタリングは、株式会社トップ・マネジメント東京都千代田区に本社を構える民間貸金業者が行っているもので、広告業界に特化したファクタリングサービスです。

ファクタリングを検討中にPAY BRIDGE(ペイブリッジ)の名を知り、ファクタリングで資金調達って本当に大丈夫?と疑問を持たれていることでしょう。

ファクタリングを利用する際には、利用するファクタリング会社をしっかりと吟味しなければなりません。「会社の信頼性」「手数料金額」「資金調達までのスピード」などが主に挙げられますが、事前にしっかりと調査しておかなければ『最初の話と全然違う・・』と、思わぬトラブルになることもありますし、その場合、無駄な時間と労力だけを消費してしまうことになりますから注意が必要です。

このページでは、そんなPAY BRIDGE(ペイブリッジ)とその運営会社トップ・マネジメントのファクタリング会社としての実力を当ファクタリング研究所が独自に徹底調査したものです。※コンテンツの無断転載は発見次第、訴訟の対象としております。

トップ・マネジメント社が提供するファクタリングサービスは全部で3種類あります。

  1. トップ・マネジメントのファクタリング
  2. 見積書・受注書・発注書ファクタリング
  3. PAY BRIDGE(ペイブリッジ) ※当ページ
診断士さやか

①トップマネジメントのファクタリングは、通常のファクタリングサービス
②見積書・受注書・発注書ファクタリングは、“請求書の手前でも資金調達できるスピードを意識した”サービス
③ペイブリッジは、広告業・IT業のクリエイター向けに特化したファクタリングサービス
です♪

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)|独自調査結果​

株式会社トップ・マネジメント
PAY BRIDGE(ペイブリッジ)は、2009年創業の株式会社トップ・マネジメントが展開するファクタリングサービスです。
広告業界に特化した、スピードと手数料の低さを追求したファクタリングです。
総合評価口コミ評価 2.35
手数料0.5%~(12.5%)
スピード最短2時間~
取引可能額– 非公開 –
取扱債券業種広告関連・クリエイター
個人事業主も申請可能。ただし請求書以外の買取は法人のみ対象
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都千代田区鍛冶町1-4-3 竹内ビル2F
取引形態2社間取引/2.5社間取引/3社間取引
運営会社株式会社トップ・マネジメント
代表取締役 大野 兼司
営業時間平日10時~19時
設立2009年1月
資本金50,000,000円
公式サイトhttps://www.t-pb.com/

診断士さやか
わかりすく箇条書きで言うと、この会社の特徴は…
・広告業界とクリエイターに特化したファクタリング
・案件着手前でも債権売却が可能

・低手数料
が魅力のファクタリング会社です♪

PAY BRIDGE(ペイブリッジ) 利用時の必要書類

診断士さやか
必要書類は以下です♪
資金化する売掛金の状況によっては他の書類も必要になる場合があります。
  • 申込書
  • 請求書・発注書・受注書・見積書のいずれか
  • 通帳コピー

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)の所在地

運営会社である株式会社トップ・マネジメントの本社登記住所|東京都千代田区鍛冶町1-4-3 竹内ビル2F

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)の手数料

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)の手数料は0.5%~です。

公式ホームページでは下限しか公表されていませんが、トップ・マネジメントは、業界でも数少ない、手数料下限と上限を共に公開しているファクタリング会社です。社として公開している上限手数料は12.5%。これはPAY BRIDGE(ペイブリッジ)にも適用されるでしょう。広告業界限定としており、広く募集する他のファクタリングと比べ低い手数料が設定されています。

トップ・マネジメントは、ファクタリング運営会社として2007年から携わっており、実績も申し分ありません。1つのブランドではなく、複数のファクタリングブランドを立ち上げ、各業界にきめ細やかなサービスを展開しています。

さて、とても優良に見える同社ですが、ファクタリングとは、要は売掛債権を「売る」作業です。業者によっては手数料率を明示せずとも手数料を抑え、高い割合で「買い取って」くれるところもあります。利用を検討する際は、他社も含め並行して調査することをおすすめします。これはトップ・マネジメント自身も勧めています。

検討の際には、「実際いくらで売掛債権を買い取ってもらえるのか」という意識が必要です。十分に打ち合わせをして、不明点をなくしてからの契約を意識しましょう。
当研究所では、評判の高いファクタリング業者も複数紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)は広告業界とクリエイター特化のオンライン対応ファクタリング

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)は、広告業界に特化した2社間取引ファクタリングサービスです。(2.5社間・3社間も対応)

「広告業界」と書いてありますが、その定義は下記の通り非常に多岐にわたります。

広告代理店/PR会社/雑誌社/交通アド関連事業者/広告制作会社/マーケティング会社/印刷・出力関連事業者/動画・映像制作会社/メディアレップ事業者/CG制作会社/トレース関連事業者/看板・ディスプレイ事業者/模型・ジオラマ関連事業者/調査関連事業者/校正・編集関連会社/ノベルティ関連事業者/イベント関連事業者/ダイレクトメール代行関連事業者/折込会社/ポスティング会社/アルバイト派遣業者/デザイナー/カメラマン/コピーライター/コンセプター/プレゼンター/イラストレーター/その他広告クリエーター/インターネット広告代理店/WEBサイト制作会社/アプリケーション開発関連事業者/ECサイト関連事業者/通信関連事業者/ソフトウェア関連事業者/プログラマー/システムエンジニア/アプリケーションエンジニア/PC、スマートフォンやその周辺機器などに関するハードウェアの販売・企画・設計・開発を行う事業者/情報システムの構築・運用・保守・コンサルティングなどに関連する事業者/SI(System Integration)SES(System Engineering Service)を含む 以上に携わる法人企業及び個人事業主その他広告に携わる法人及び個人事業主

上記を確認しても分かる通り、ほぼクリエイター向け商品と言って過言ではないでしょう。

また、制限はあるものの、請求書だけでなくその前段階の見積書や発注書の買い取りも行っています。(※月商500万円以上・設立半年以上の法人

書類さえ揃えば案件の開始前に債権売却と現金確保が叶う商品です。広告業界の下請けやクリエイターとして生計を立てている方の中には個人や比較的規模の小さい法人も多く、資金繰りに常に苦しんでいるところも多く見受けられます。

そうした業界に特化した、また買い取り対象が広いファクタリングサービスなので、今後需要が増える可能性があります。

またオンライン完結ファクタリングなので、事務所や自宅からすぐに相談できるのも嬉しい点です。そして、来店不要のメリットを活かし、審査は最短3分・振込処理まで最短2時間を謳っています。初回利用の際はどうしてもこれよりも長くなってしまいますが、複数回利用する場合、また緊急に資金が必要な場合にはとても使い勝手の良いスピード感です。

審査に必要な提出資料も、多くは設定されていないので、気軽に相談してみましょう。(※ただし、売掛債権の状況によっては追加資料の提出もあり得ます。)

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)の2.5社間取引とは?

ファクタリング業界に於いて、「2社間取引」や「3社間取引」はメジャーですが、『2.5社間取引』は耳馴染みがありません。

運営会社のトップ・マネジメントでは、売掛金の精算の際に指定金融機関の口座を利用できるオプションも用意しています。これはトップ・マネジメントと提携している資金移動業者(調査ではTranzax株式会社と思われる)の提供する口座を新規開設し、ファクタリングの売掛金精算に利用するというものです。

従来、2社間取引は手数料の高さがネックでしが、ファクタリング企業が売掛金の相手先企業への照会ができないので、仕方がない点ではありました。

そこで、トップ・マネジメントの採用した2.5社間のシステムを改めて確認してみると、提携企業を精算に利用することで、ファクタリング利用時の売掛金回収リスクを“ある程度”手中に収めることで、そのリスクを抑えようとする思惑が見てとれます。

このように、「指定業者での口座新規開設」を2社間取引に組み込んだことで、「2.5社間取引」と称しているのです。

  • ファクタリング利用の事実を相手先企業に通知する義務のある「3社間取引」よりも、使い勝手が良い。
  • 「2社間取引」よりも手数料を低く抑えて取引できる!

債権のデジタル化が進めば、Tranzax株式会社のようなフットワークの軽い新しい金融機関も増えてくると思いますし、トップ・マネジメント流の「2.5社間取引」を採用するファクタリング企業も増えてくる可能性を十分に秘めた取引方法と言えます。

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)の個人情報管理

トップ・マネジメントはISO27001認可の厳しい情報保護体制を実施しています。顧客情報の管理に力を入れてくれている点は好感が持てます。また、債権の運用に関してはTranzax株式会社とも提携していて電子債権記録にも取り組んでいます。紙に代わる債権譲渡手段として、今後運用率が上がっていくものと推測されています。

上述の通り、本商品は相談から契約締結、口座入金まですべてオンラインで完結できます。ただアピールするだけでなく、しっかりとオンラインで漏れなく対応できる下地を作っている点で、好感度の高いファクタリング業者といえます。

ファクタリングは業者選びが難しい

ファクタリングは自社の大切な売り上げである売掛金を使った資金調達方法です。信頼できる会社へ依頼しなければ、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

当ファクタリング研究所では、これまでに100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきました。第三者による冷静な調査ですので、ファクタリング利用を検討されているのであれば参考にしてくださいませ。▶︎【2022年最新版】おすすめ優良ファクタリング会社の選び方と厳選比較ランキング10選

ペイブリッジ<株式会社トップ・マネジメント>
PAY BRIDGE(ペイブリッジ)は、2009年創業の株式会社トップ・マネジメントが展開するファクタリングサービスです。
広告業界に特化した、スピードと手数料の低さを追求したファクタリングです。
総合評価口コミ評価 2.35
手数料0.5%~(12.5%)
スピード最短2時間~
取引可能額– 非公開 –
取扱債券業種広告関連・クリエイター
個人事業主も申請可能。ただし請求書以外の買取は法人のみ対象
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都千代田区鍛冶町1-4-3 竹内ビル2F
取引形態2社間取引/2.5社間取引/3社間取引
運営会社株式会社トップ・マネジメント
代表取締役 大野 兼司
営業時間平日10時~19時
設立2009年1月
資本金50,000,000円
公式サイトhttps://www.t-pb.com/

ペイブリッジに無料見積もり請求(公式ページ)

>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG
\最新版ファクタリング会社比較ランキング/
御社にピッタリの業者を探す
\最新版ファクタリング会社比較ランキング/
御社にピッタリの業者を探す!