都市銀行のビジネスローン利用の心得|注意点・借入前の重要ポイント

中小企業経営では、急務の資金繰りが訪れることで、やむなく条件の悪いビジネスローンを利用しなければいけないケースもあります。

一時的な“つなぎ資金”であれば、まだ飲めますが、返済計画がおぼろげな場合には利用を避けましょう。

このページでは、ビジネスローンが必要な場面や利用時の注意点、その他重要ポイントを解説しています。

診断士さやか
こんなご相談をいただきました♪
相談者
先月保証協会付きの設備融資を受けたばかりですが、
今月の工事代金の入金が2ヶ月先になりそうで運転資金が不足しそうです。人件費は、先に支払わなくてはならないのですが、
メインバンクからの融資も期待できません。
どうしたら良いでしょうか?

 

都銀型ビジネスローンの返済期間や利用時の注意点

保証協会付きの融資以外に、都市銀行のビジネスローンがあります。※借入条件は、原則業歴2年以上で債務超過なし・税金の滞納なし

金融機関によっては、税理士の紹介状と「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックリストが必要な場合があります。

チェックリストのひな形とその取り扱い金融機関などは、日本税理士会連合会のホームページで公開されています。※これらは顧問税理士に用意してもらえばよいでしょう。

一般的にビジネスローンの返済期間は、3年〜5年で、売上高から貸出金額を算定しますので、多額の貸出金額になりがちです。

注意しなければならないのは、その貸出提示金額の全額を借入しないということです。

都市銀行の”いいなり”ではなく、自社で本当に返すことができる借入額を予め検討しなければなりません。

利用前の注意喚起!ビジネスローンの落とし穴

ビジネスローンが危険な点は、返済緩和(リスケジュール)が一切できない点です。

通常、保証協会付きの借入に関しては、新しい貸出しは出来なくなる代わりに、返済の緩和を受け入れてもらえる場合があります。
しかし、ビジネスローンの場合は、一切それらの措置を受けることが不可能ですから、この部分を特に注意しなければなりません。※なお、保証人は社長1人で済むので手続きは簡単です

今回の相談者のようなケースでしたら、ビジネスローンを借入し、取引先からの入金直後に返済(完済)するというイメージで良いでしょう。

ビジネスローンを恒常的に借入しておくのは健全なキャッシュフロー経営の観点から見て、危険な行為です。

もし、決算書に都市銀行のビジネスローンが掲載されて、メインバンクの借入残高よりも多い場合は、メインバンクは良い顔はしません。

資金調達の要であるメインバンクの顔色を伺いながら調達するというスタンスが大切です。

決算書に多額の借入残があると、自己資本比率が低下してしまうという弊害があります。

この自己資本比率は、金融機関が格付けする際にもっとも配点が高い指標の一つとされております。

100点満点のうち、かなりの点数は自己資本比率の配点になります。

それが急激に悪化した場合の金融機関の対応は非常に厳しくなりますから、総合的に考えてビジネスローンを借りるかどうかの判断をしなければなりません。

ビジネスローンを借りる前に買掛先に支払を分割にしてもらう・入金先から一部貸付してもらうなど、他の方策も並行して検討しましょう。

ビジネスローンは貸出条件よりも返済計画が重要!

融資を受けることができたとしても、今度は返済をどうやってするかという問題が重要になってきます。

金利について触れておきますと、(財務内容にもよりますが)5%〜8%台の金利の場合が多く、この高い金利についても金利交渉をすることはできません。

数年前までビジネスローンの審査はかなり基準が緩いものでした。

その反省もあってか、現在では審査がかなり厳しいものになっています。事実上、ビジネスローンの取り扱いを停止している銀行もあるくらいです。

ご利用にあたっては、これらの状況を踏まえて慎重に行うことをお勧めいたします。

銀行不要な売掛金を使った資金調達

立ち上げの段階では使えませんが、既に事業を開始していて、売掛金での取引が継続的にある場合はファクタリングという資金調達が有力です。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、お手持ちの売掛金を清算期日前に早期現金化する資金調達の方法です。この方法であれば、比較的短期間(最短即日)で、数百万円〜の売掛金を現金化することができます。

しかも、融資ではないので、税金の延滞があっても、返済の遅延があっても、創業3年以内でも、取引することが可能です。

もちろん、取引先に通知をせず、いつも通りに清算することも可能です。

はじめてのファクタリングに推奨したいファクタリング会社がビートレーディング社です。会社信頼度が高いだけでなく、納得の手数料で利用することができます。※現在、当サイトからの申し込みで手数料値引きキャンペーン中

診断士さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、
会社の経営状況に親身になって対応してくれる
専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから
株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率93%を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
※面談不要のネット完結型ならOLTA(オルタ)推奨
総合評価
口コミ評価 3.99
手数料手数料 2.0%〜
*診療/介護/調剤報酬は 0.5%〜
(掛目・事務手数料コミコミ
*新規申し込みの方に限り
手数料割引キャンペーン中!(2.0%〜)
スピード最短即日着金可能
*300万円以下の取引だとスムーズ 
取引可能額数万円〜3億円
*要相談
取扱債権業種【建築業】【運送業】
【介護】【診療】【調剤】
【卸業】【製造業】【人材業】
個人事業主
他、取扱業種多数(要相談)
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室
福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
設立平成24年4月
資本金7,000万円
公式ページhttps://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)



>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG