ファクタリングと手形割引の違いとは?混同される理由や仕組みを解説

あなたの会社では、ファクタリングや手形割引は活用していらっしゃるでしょうか?

混同されがちな両システムですが、仕組み自体は似ているものの、実際に活用するとなると似て非なるものです。

活用する際には、各システムのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

この記事では、ファクタリングと手形割引の「仕組みの違い」や「メリット・デメリット(リスク)」それから「効果的な使い方」を解説します。

ファクタリングと手形割引が混同される理由

なぜ、ファクタリングと手形割引が混同されるのか?

それは、システムそのものが似ていることが挙げられます。

<両者は同じ文面で説明ができる>

あなたの会社が保有する債権(手形)該当機関へ持ち込みし、債権(手形)受取期日や発行元の信用力によって、手数料を支払った上で「前借り」してもらうシステムです。

正直、これだけ聞いてもよくわからないでしょう。

まずは、それぞれのシステムに於いての呼び名の違いを知ることで、大まかにシステムの違いも理解することができます。

手形割引とファクタリングの比較
手形割引 ファクタリング
取引システム 借入れ (債権担保) 債権売却
手数料 年率 事務手数料+掛け目
返済義務 あり なし
償還請求 あり なし
着金までの期間 5日〜7日程度 最短即日
利用限度額 会社信用・手形信頼度に依存 30万円〜3億円

 

ファクタリングに於いての呼称

債権 売掛金、売掛債権
該当機関 ファクター(売掛債権買取業者)
手数料 ・掛け目
・手数料
調達資金 売掛債権売却金
手数料の相場 ・売掛債権の清算期日に依存
・債権発行元の信用力に依存(支払履歴など)

 

手形割引に於いての呼称

債権 受取手形
該当機関 金融機関(各都市銀行・地方銀行、ノンバンクなど)
手数料 割引料
調達資金 手形を担保とした融資金(借入金)
手数料の相場 ・手形期日に依存
・手形発行元の信用力に依存(会社信用)

 

ファクタリングと手形割引の相違点

資金調達や会計処理の観点から見ると、ファクタリングと手形割引には大きな違いが2つあります。

以下が相違点です。

  1. 返済義務(負債と資金調達)
  2. 償還請求の有無

返済義務(負債と資金調達)

手形の場合

手形割引で資金繰りをした場合、受け取るキャッシュは「手形を担保とした融資」となりますので、会社のバランスシート上では「負債」となります。

記載のある手形期日前に資金化することができますが、その資金の形式上は「融資」ですから、事前に割引料を差し引いた額を融資してもらい、手形期日に返済(弁済)をするという流れとなります。

返済は手形の清算によって行われますから、通常であればあなたの会社からキャッシュを支払う必要はありませんが、手形発行元に万が一のことが起こり、支払が不可能な状態となると、以下でご説明する「償還請求」がかかります。

ファクタリングの場合

対してファクタリングは、売掛債権を現品として売却する「売掛債権流動化」の元に執行う取引ですから、融資ではありません。

つまり、バランスシート上では「キャッシュフロー」として純粋に資金調達したこととなります。

償還請求の有無

手形割引の場合は、手形を担保とした融資(貸し付け)となります。

つまり、割り引きをした後に、手形発行元の会社が万が一倒産でもしようものなら、資金の回収先はあなたの会社へ矛先が変わることになります。

ファクタリングは、売掛債務を現品として売却するわけですから、基本的には償還請求がつきません。が、注意していただきたいのが、「基本的に」ですから償還請求があるファクタリングも存在するという点です。

リスクを理解しておく

手形のリスク

手形の最大のリスクは、上述した「償還請求」です。不渡りとなった手形の清算義務は持ち込みをしたあなたにあります。

他にも、手形は追跡ができるので、金融機関の信用情報にも残りやすいです。(金融機関により差異はある)

ファクタリングのリスク

ファクタリングのリスクは売却してしまえば「おしまい」ですから、特にありません。強いて言うならば、稀に悪徳業者に当たる可能性があるということでしょうか。ファクターは民間企業でも特別な資格なく取引できるため、ヤミ金まがいの業者が紛れ込んでいる場合があります。

対策としては、当サイトのように第三者的にファクターを調査しているような格付けランキングを利用すると良いでしょう。

まとめ

ということで、今回はファクタリングと手形割引の違いについて解説していきました。

あなたの会社で取り入れられる際には、この記事が役立ちますよう、これからも追記、修正していきます。

私の個人的見解を入れるのであれば、手形割引はそのリスクの割に割引額が大きいです。

金融機関はリスクなく「手数料」を稼げるシステムになっていますので、手形を持ち込むのであれば、売掛債権でファクタリングをした方が会社のキャッシュフロー的にも大きなメリットがあります。

負債(=手形割引)はキャッシュフローを悪化させますが、資金調達(=ファクタリング)は、キャッシュフローを改善させることができます。

基本に則っていけば、ファクタリングを選択すべきでしょう。

ファクタリングを検討するのであれば、管理人である私が独自調査により「信頼できるファクター」のお墨付きをつけたファクターの利用をお勧めします。

ファクター選びには幾つか注意点がありますが、それも以下の記事で解説しておりますので、ご参照ください。

⇨厳選!信頼できるファクターを一覧でランキング

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!