fbpx

日曜祝日でも中小企業が資金調達可能な方法ファクタリングを解説!

中小企業経営者が資金繰りに困窮していると、金融機関や知人の会社なども手助けしてくれることがあります。しかし、それが週末の日曜・祝日ともなると話は別です。

どの金融機関も完全ストップし、早期資金回収できそうな取引先も連絡が取れません。手元でできる事は情報収集くらいです。

週明けまで待てればいいですが、急務の資金繰りでは一日どころか1時間でも貴重「時間との戦い」です。

このページでは、そんな急務な資金繰りに迫られた日曜祝日でも可能な資金調達の手法をご紹介しています。

日曜・祝日でもできる資金調達法

日曜祝日でも審査が通せて週明けの午前中には着金可能な資金調達方法は「ファクタリング」です。

ファクタリングとは、売掛金を売却して早期に資金化するシステムです。

通常、自社が保有する売掛金は「清算日」が来なければ、単なる紙切れです。売上ではありますが、資金として利用することはできません。

ファクタリングを使えば、入金が2〜3ヶ月先の売掛金でも早期資金化することが可能です。

ファクタリングとは (詳細)

ファクタリングとは、中小企業が保有している売掛債権を譲渡(売買)するシステムのことです。※売掛債権を売却するので、借入れではありません。

  • 売掛金を早期に現金化できる (最短即日)
    (通常、売掛金が事業資金として着金完了するには30日〜180日程度の売掛サイトが発生、このロスタイムを解消し、キャッシュフローを改善できる)
  • 借入ではない
    (融資口が増えることによる支払額の増加を回避できる/新規で融資付けが不可能な場合でも資金繰りが可能)
  • 売掛先の企業が倒産したとしても支払い義務はない(ノンリコース)
    (売掛金は属性上、自己負担100%のシステム。そのリスクを回避できる最良の手段であると言える/債権譲渡しているので発生しない)
  • 手形割引よりも手数料が安い
  • 税金滞納中でも利用可能
  • 支払いをリスケ中でも利用可能

つまり、一言で表すと『売掛債権さえ持っていれば誰でも資金調達可能な即金性の高い手法』です。

日曜祝日の資金調達にファクタリングが向いている理由

なぜ、日曜祝日の資金調達にファクタリングが向いているかと言うと理由があります。

まずは、ファクタリング以外の方法で資金調達しようとすると、日曜祝日はほぼ期待できません。

  • 金融機関を使っての資金調達
  • 取引先へのリスケジュール申し入れ ※信用問題に発展する可能性も
  • 積立保険金の解約 など
  • 在庫処分 など

少額であれば街金で対応できますが、この方法はお勧めできません。法定利息ギリギリの利率設定で、今後、会社の利益を圧迫することが目に見えているからです。

ファクタリングは日曜祝日でも稼働している業者がある

ファクタリングの場合ですと、日曜祝日も営業しているファクタリング会社がありますし、借入れになりませんので、自社のキャッシュフローの圧迫やバランスシートの崩壊を危惧する必要がありません。

帳簿上は「売上」になりますから、健全な資金調達となり、今後、金融機関に大口の事業用ローンを申請する際にも足を引っ張られることがありません。

もちろん、ファクタリングにもリスクはあります。それは「手数料」が発生することです。(当たり前のことですが…)

ファクタリングの手数料相場
ファクターの系統手数料
(事務手数料/掛け目)
取引形態
銀行系ファクタリング1.5%〜3.0%3社間取引
民間ファクタリング会社1.5%〜15%2社間/3社間取引

日曜祝日に営業しているのは民間ファクタリング会社ですから、こちらの表ですと「1.5%〜15.0%」の相場で手数料が発生します。※売掛金全額を100%とした場合

手数料の分だけ利益が目減りしてしまうことになりますから、その点ではしっかりと検討すべきです。

しかし、急務の資金繰りの場合、その窮地を抜け出せば次回清算から会社の業績も好調に伸びることが多いです。まずは、現状打破を目指すべきでしょう。

まずはいますぐ無料見積り査定を請求する
社名条件公式ページURL

▶︎ 詳細ページ

全事業主(法人)向け
※優良認定
https://infomart.co.jp/

ファクタリングの2つの取引形態

ファクタリングの取引形態は、「2社間取引」「3社間取引」の2種類あり、それぞれ手数料相場が違います。※一般的に3社間取引の方が手数料が安い

2社間取引と3社間取引の違い
取引形態取引先への通知売掛金回収方法手数料
2社間取引通知しない通常通り自社にて回収
3社間取引通知するファクターが間に入って回収

2社間取引の方が割高にはなりますが、民間ファクタリング会社では取引先へ通知の義務がない2社間取引が人気です。

日曜祝日にお勧めな優良ファクタリング会社

日曜祝日に見積りを取るのなら、完全オンラインでのファクタリングサービスを提供しているインフォマートがおすすめです。

おすすめ!インフォマートのファクタリング

完全オンラインで見積もり〜査定、契約までが可能ですから、日曜祝日の切迫したタイミングでの資金調達では大いに活躍してくれます。※インフォマートは法人限定ですので、個人事業主の場合はこちらのページを参考にされてください。参考▶︎個人事業主・フリーランスのファクタリング活用法|大口でも安定して資金確保

診断士さやか
インフォマート社は、上場企業2社提供
健全なファクタリングサービスです♪
▶︎ 無料見積もりはこちらから(公式ページ)
インフォマート|電子請求書早払い
東証一部上場企業としてファクタリング業界を牽引していくであろう存在であり、これからに期待。*東京証券取引所市場第一部(証券コード2492)▶︎インフォマート公式ページはこちらから
総合評価
口コミ評価 3.95
手数料手数料 1.0%〜6.0%
スピード最短2営業日
取引可能額10万円〜1億円まで
*1取引先(債務者)あたり3,000万円以下が目安
取扱債券業種【人材サービス業】【建設業】
【運輸・物流業】【機械製造業】
など
*法人のみ利用可能
**個人事業主の方はこちら
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区海岸1-2-3
汐留芝離宮ビルディング13階
西日本営業所
大阪府大阪市淀川区西中島6-1-1
新大阪プライムタワー20階
福岡営業所
福岡県福岡市博多区博多駅前2-17-8
安田第4ビル6階
取引形態2社間取引
運営会社株式会社インフォマート
代表取締役社長 長尾 收
代表取締役副社長 藤田 尚武
営業時間平日 9:00〜18:00
*Web査定24時間
設立1998(平成10)年2月13日
資本金32億1,251万円
公式サイトhttps://infomart.co.jp/btobfinance-hayabarai/

独占取材記事はこちら お問い合わせはこちら(無料見積もり)

>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG
\最新版ファクタリング会社比較ランキング/
御社にピッタリの業者を探す
\最新版ファクタリング会社比較ランキング/
御社にピッタリの業者を探す!