【資金調達】不安のない年末を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのファクタリング研究所も、少しはみなさまのお役に立てているようで、少ないながらもメッセージを頂いております。

さて、2016年も気づけば残り3ヶ月。

不安のない年末を過ごすために、会社にしっかりとした資金源やキャッシュフローのプランを用意しておきたいところです。

私も、会社経営に行き詰まっていた時期がありました。

その時には、業務自体がうまくいっていても不安が付き纏ってしまい、なかなか仕事に集中ができませんでした。

「2016年で資金繰りへの不安を解消する!!」という目標を掲げてみるのはいかがでしょうか?

多くの書籍で語られていますが、短期目標の最適な期間は「3ヶ月」

2016年が終わるまでも、ちょうど3ヶ月。

資金への不安を今年で最後にするために⇦というテーマでお話ししていきたいと思います。

資金繰りは単発ではいけない

「年末の不安解消」

「なんとか今年を乗り切りたい」

という思いから、なんとか借り入れできる銀行はないか!?と駆け回ることも、もちろん重要です。

当然ながら、年末年始は金融機関も閉まりますし、お付き合いのある企業も営業しません。

年末までにたくさんの資金を会社に蓄えておけば、それだけ来年のスタートは楽になりますよね。

 

しかし、短期目標とはいえ、単発の資金繰りになってしまっては意味がないのです。

資金繰りが単発に終わると何が良くないのか?

(経営者のみなさまであれば、把握されてあると思いますので、今更言うのもおこがましいことですが)

銀行から資金繰りをするときには、回収予定を立てなければなりません。

今まで通りの業務をするために、“つなぎ資金”としての貸し出しでは、銀行は渋りますよね。

『そこを何とかしてほしいから、銀行にきてるんじゃないか!』

それも、当然のご意見です。

ですが、銀行が言ってきているのは「健全な経営をするためのレールがあるのか?」ということですよね。

 

人は、会社の借金(資金)と見ると、いくらか甘くみます。

ですが、銀行の見方は個人の借金と変わりません。

そういった視点から見ると見えてくるものもありますよね。

会社の借金を個人の借金と比較してみる

40歳
会社員
既婚
子供2人
年収700万円

こういった方であれば、あなたなら貸しますか?

 

もう少し情報が欲しいところですよね。

他行での借り入れは?

勤務している企業の大きさは?

この辺りは調べておく必要があります。

他行での借り入れは?>なし

勤務している企業の大きさは?>東証一部上場企業

こういった背景であれば、貸し渋ることなんて全くないですよね。

回収の見通しが立ちます。

 

銀行も商売ですから、融資をして利息で儲けます。

貸した相手に支払い能力がなくなって、不良債権となれば銀行は損をします。

これが続けば、いくら銀行といえ倒産します。

 

では、先ほどの背景がこうなったら如何でしょう?

他行での借り入れは?>自宅3000万円+ノンバンク借入300万円

勤務している企業の大きさは?>従業員10名未満のベンチャー

かなり、先ほどの状況とは変わりますね。

「従業員10名未満のベンチャー」の業績などを調査する必要がありそうですが、ここおでは触れないことにしておきます(笑)

この方に、あなたが銀行員なら貸しますか?

ちなみにこの方の借入目的は「生活費」です。

 

これは、会社でいうと…▼

・会社規模>従業員10名以下の工場

・他行での借入>3億3000万円(個人の10倍借りれる見越した場合)

・借入目的>会社の運転資金

こうなります。

この状況…客観的に見て、かなり厳しいと思いませんか?

私であれば、かなり貸し渋ります。

金利を高く設定するか…それなりの担保を用意してもらうか…というところでしょうね。

「借入目的」が運転資金でなく、新規事業立ち上げや、大手企業からの依頼による設備投資などであれば、まだ見通しがつくので、考えたいところでしょう。

とは言っても運転資金以外の何ものでもない場合

では、「運転資金ではない!」とウソの事業計画書を提出すれば、融資が通るのか?

これは…グレーなところですが「Yes」と言えるのではないでしょうか。

しかし、実際には銀行も調査をしますから、根も葉もないウソを書いてもダメです。

さらには、融資が下りないどころか「この企業はウソつき」レッテルを貼られてしまいます(^_^;)

「本当は1000万円かかる設備投資を1300万円で申請」

このくらいであれば、セーフかな?

 

虚無の申請だけはしないようにしましょう。

ですから、新規事業ではない場合や他行での借入が多い場合には、基本的には営業資金での追加融資は受けることができません…。

不安のない年末を過ごすために

今回の記事のタイトルにある通り、この記事のテーマは「不安のない年末を過ごすために」です。

合わせて、当サイトは「ファクタリング研究所」ですから、今までお話をしてきたのは、全てファクタリングの優位性をお伝えしたいからです。

ファクタリングであれば、資金調達の目的が何であれ、あなたの売掛債権を現物売りするわけですから、何の問題もありません。

事業の資金繰りを一旦リセットする場合に使いたいのが、ファクタリングです。

 

これは、私の持論ですが、リセットをした後にも、ずっと同じ経営を続けていたのでは、また同じ結果を招きますから、リセット後の計画も大切です。

(詳しくは、融資を断られ続けた会社が、もう一度融資付けできた方法でもお話ししています)

 

ファクタリングによって、多額の資金を調達することは可能です。

まずは、「どこで」「どれくらいの資金を」調達できるのか?を調査してみましょう。

 

▼私がお勧めするファクター一括検索の方法▼

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!

このエントリーをはてなブックマークに追加