普及しない?ファクタリングその真価とは?

ファクタリングは1970年代に日本に上陸しました。

日本国内でファクタリングのインフラは既に何度も行われてきています。
十分に日本に普及させることができるタイミングが何度もあった中でも、浸透率はまだまだです。

日本でファクタリングが普及しない理由

日本に於いて、手形取引の方が需要が大きいこと、それから会計処理が発生処理でキャッシュフローへの重点が薄いことも要因にあります。

これからの日本の中小企業では、キャッシュフローこそが重要になってきます。それは、債権流動化と共に企業の資金の動向が多様化してきているからです。

これは、金融機関にも影響を与え、これまでのような不動産担保、決算書上の利益だけでは貸付が難しい状態に陥っています。

そのような現状を改善するために、日本の金融機関は貸付要項のマイナーチェンジを繰り返してきました。しかし、今度はそれに企業側がついて来れないでいるのです。

要項が「企業資産重視」から「現状、将来性を含めたキャッシュフロー重視」に変わっているにも関わらず、企業側はこれまでの原則通りに融資の打診を入れます。

このギャップがあり、この流れに乗れない企業が次々に破綻していっています。

普及しないファクタリング。その真価とは?

私の自己紹介でも記述しましたが、私がこのサイトを作り、ファクタリングについての解説をしているのは、私自身の会社がファクタリングによる現金回収によって回復し、なおかつ経営のキャッシュフローの根底を変化させることができたからです。

資金繰りに関しても、毎日毎日駆けずり回った辛い経験があります。

そういった現状を抱えながらも、単なる習慣でまた資金繰りをしてしまう経営者の方を多く見てきました。追加融資や、その他資金繰りは、根本を言えば「その場しのぎ」でしかありません!

言い方を変えれば、短期的解決です。経営を安定させていくためには長期的な戦略が必要です!

 

決して、ファクタリングだけが経営改善の唯一の方法というわけではありません。
しかし、会社の血管が詰まった状態を放置していては悪化するのみです。
即席での投薬に意味は単なる延命です。

是非、今一度キャッシュフローの見直しを。

ファクタリングで一番難しいのは業者選び

ファクタリングは一見 難解なシステムのように感じるかもしれませんが、一度理解してしまえばシンプルなものです。

実は難しいのはシステムを覚えることではなく、自社に最適なファクタリング会社を選ぶことです。

民間のファクタリング会社は全国に100社以上あり、日々業者がそのシェアを奪い合っています。業者数が多い地域は「東京」「福岡」「大阪」の順で、意外かもしれませんが九州はファクタリング大国と言えます。

当ファクタリング研究所では、これまで実に100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきました。その調査の中で特にポイントの高い優良ファクタリング会社だけをピックアップした「独自比較ランキングページ」を用意しています。

ファクタリング会社の選び方から丁寧に解説していますから、一読の価値ありです。

厳選!おすすめ優良ファクタリング会社の選び方と比較ランキング【2019年最新版】

厳選!おすすめ優良ファクタリング会社比較ランキングはこちら

>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG