粉飾決算でも中小企業が資金繰りをするには?健全な経営へ3ステップ

日本全国の中小企業の経営向上に役立つ情報発信をしているタナカです。

こちらのサイトを通じて様々なご質問やご相談をいただきます。それらのご相談の中でも(多くはないですが)粉飾についてのものもあります。最初は軽い気持ちで粉飾に手を出してしまった経営者がいる中で、その後の資金調達が不利になっていることも事実です。

一度、粉飾決算をして銀行から資金調達をしてしまうと、その帳尻合わせで年々粉飾額が膨れ上がってしまいます。

いつかは銀行へ打ち明けたいと頭では思っていても、恐ろしくてなかなか言い出せないこともあるでしょう。

中小企業の多くは大なり小なり「粉飾」をしている傾向にありますが、メインバンクへ嘘をついて取引をしていると、万が一、国税などからの調査が入った場合には即時取引停止となる大きなリスクを抱えています。

ここでは、粉飾決算に手を染めてしまった場合、健全な経営へ戻す場合の手順をお話ししていきます。

粉飾している経営者の悩み

相談者

最初は少しだけと思ってやってしまったが、業績改善が進まず粉飾決算を続けてしまった・・・
結果、粉飾額が大きくなってしまった。この先どうすれば・・・。

相談者
長期にわたって粉飾決算を行ってきた。
その内容で融資を受けることができていたが、最近ではそれも難しくなってきた。
相談者
粉飾決算の事をいつかは銀行に話さないといけないと思っているが、
やっぱり打ち明けることができない。
どんなタイミングで打ち明ければ・・・
相談者
粉飾決算をやってきたせいで、決算書の本当の数字が分からなくなってしまっている・・・
どうすれば健全な状態に戻せるのか・・・

 

一度、粉飾をしてしまうと裏帳簿と数字を合わせる業務も出てきて、経理担当者も巻き込んでしまいます。秘密の共有をしながら経営を進めることになりますが、経理担当者のストレスも多大でしょう。

いつかは銀行にも打ち明けないといけない・・・とは思いつつも、打ち明けた途端「全額返済」のリスクがあります。そして、全額返済ができなければ、会社が途端に潰れてしまう可能性も秘めているので、打ち明けることができないでいる経営者の方が多いのです。

資金は会社の血液!粉飾決算によって解決できる問題

資金(特にキャッシュ)は会社の大切な血液です。

そもそも、粉飾してまで融資を受けなければならない状況というのは、経営が傾いている証拠と言えます。粉飾によって得られるものの多くは「つなぎ資金」であり、利益は限りなく少なく、資金繰り問題の先送りになってしまっているケースがほとんどです。

一度、粉飾で融資を受けても、その融資資金は赤字の補填へと流れるでしょう。

表面上は窮地を凌いだように見えても、キャッシュフローが詰まってしまった経営の根本的な原因は放置されたままですから、いずれその血栓によって再度”不順”が生まれ、キャッシュが枯渇します。

つまり、一度、粉飾で融資を受けてしまうと、二度三度と同じことを繰り返さなくては経営が立ち行かなくなるのです。

粉飾決算の解決法

どうすれば粉飾決算で融資を受け続けてしまった会社が再建できるのでしょうか?

この項では粉飾決算してしまった場合の対処のポイントをお伝えします。

  1. 自社の本当の数字を把握する(裏帳簿)
  2. 銀行に本当のことを告白する
  3. 融資以外の大型の資金調達法を得る

粉飾対策①:自社の本当の数字を把握する

まずは、自社の裸の数字(粉飾していない数字)を把握することが大切です。

多くの場合は、「裏帳簿」などを別途準備し、それで管理している場合が多いでしょうが、万が一 裏帳簿を付けていないとなると、本来の会社の経営状態を確認できる資料が全く無くなります。

この状況ですと、本当の自社の状態を知ることは大変困難になりますから、担当の税理士の力を借りる他なくなるでしょう。

そんなことをしたら税理士まで巻き込んでしまうじゃないか・・・

結論!巻き込みましょう!

そもそも、粉飾のことを税理士が1ミリも知らないなんてことはないでしょう。税理士も黙認しての粉飾であれば、どちらにせよ税理士の責任問題に発展します。

まずは、自社の数字をはっきりさせることが先決ですから、一刻も早く把握してしまいましょう。

粉飾対策②:銀行に本当のことを告白する

銀行に本当の打ち明ける勇気はおありですか?

これまで取引をしてきた銀行を粉飾により騙してきたことを告白するには相当な勇気が必要です。「告白なんてしたら、一発で取引停止なのでは?」と思うかも知れませんが、実はそうでもありません。

これまでの私のコンサル経験から言うと、正直に告白をしてきた場合には、銀行側も何らかの措置を入れてきます。取れないとわかっているのに、告白をした途端に「即時取引停止」「全額一括返済の言い渡し」は考えづらいのです。

それぞれ、銀行側にもリスクがあることを知りましょう。

「即時取引停止」の銀行側のリスク

粉飾していた会社に対して、即時取引停止を通告し、その会社が倒産した場合、貸し出ししていた融資は途端に不良債権へと変わります。銀行サイドからすれば、何とか融資した額を回収したいので、即時取停は考えにくい。

「全額一括返済の言い渡し」の銀行側のリスク

全額一括返済の申し渡しをするには、それを可能にするだけの資産を持っている確証がなければなりません。返済を言い渡しても、返す“アテ”がないのであれば、返済は不可能です。事前に調査が入りますが、融資全額に見合った資産を持っていない会社の場合、全額一括返済は有り得ません。

リスクを取り、強行するにも計算が必要です。銀行側は不渡りとなることが最も避けたいので、少しでも回収できる方法を提案してきます。

また、告白をするには、まずあなたの会社の本来の数字を把握していなければなりません。経営者でも裸の数字がわからない、となると銀行への心証はすこぶる悪いので注意しましょう。

粉飾対策③:融資以外の大型の資金調達法を得る

経営者であるあなたは、現在何種類の資金調達方法をお持ちでしょうか?

中小企業経営者にとって、資金調達の手法をひとつでも多く持つことは、そのまま手数の多さに直結します。

火急な資金繰りが付きまとう中小零細企業にとって、資金繰りの手数をより多く持つことは大切です。その手数が多いほど「優秀な経営者」と言うこともできるでしょう。

多くの経営者は、会社の資金繰りを融資に頼りがちです。

メインバンクの融資が否決になった場合、第二第三の銀行を周り融資の打診をします。ですが、融資しか資金を捻出する術がない場合、経営は銀行に依存していると言わざるを得ませんね。

これからの中小企業は、自社の力で資金繰りを完結させる方法を得る必要があると、当研究所管理人の私は考えています。

 

融資に頼ることなく、自社だけの力で資金調達ができるとどうでしょう?

わざわざ銀行に頭を下げることなく、資金調達ができ、さらにバランスシート内で「負債」となる融資ではなく、「利益」として計上できるような資金調達だとしたら・・・。

そんな手法が「ファクタリング」なのです。

初見の方のために説明しますと、ファクタリングとは「売掛債権を売却することによって、早期に資金調達できる手法」です。つまり、本来の清算日よりも早く売掛代金を手元に入手することが可能なのです。

ファクタリングのメリットはその確実性に有ります。「最短即日」で「数百万円〜数千万円」の資金調達が可能なのです。

こういったシステムを自社に取り入れているかによって、資金繰りの命運は大きく変わります。一度検討してみることをお勧めします。

ファクタリングとは、をわかりやすく解説

おそらくファクタリングという言葉を聞いたことがないという方は少ないかと思いますので、ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説しておきます。

上図のように、ファクタリングとはファクタリング会社に売掛債権を売却することで、早期に現金化することができる手法です。

取引方法には2種類あり、それぞれ「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」と言います。主な特徴は取引先に通知の義務の有無です。

ファクタリング会社を経由しますから、手数料などはかかりますが、最短で即日で資金調達することができる点と、融資や手形割引などと比較すると少額の手数料で済むことから、中小企業経営者の多くが利用している優秀な資金調達方法です。

ファクタリング会社比較

以下に、当研究所が徹底調査したファクタリング会社の比較表を添付しておきます。

可能性のある資金調達法、ファクタリングを是非取り入れてみてください。

お墨付き!優良ファクタリング会社
 ※この表はスクロールできます→
企業信頼性手数料スピード取扱種別営業時間設立

>> 詳細ページ

★4.09
2社間のみ
2.0%
9.0%
最短24時間以内2社間完全オンライン
24時間運営
3年目
(2017年)
betrading logo
>> 詳細ページ

★3.99
3社間
2.0%〜5.0%
2社間
7.0%〜10.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:30
〜19:00
*Web24時間
8年目
(2012年)

>> 詳細ページ

★3.75
3社間
2.0%
〜8.0%
2社間
8.0%〜14.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日10:00
〜19:00
*Web24時間
3年目
(2017年)
sankyo service logo
>> 詳細ページ

★3.61
3社間
1.5%〜5.0%
2社間
5.0%〜8.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:00
〜19:00
19年目
(2001年)

>> 詳細ページ

★3.31
3社間
3.0%〜10.0%
2社間
8.0%〜15.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日9:30
〜18:00
4年目
(2016年)

>> 詳細ページ

★3.22
3社間
5.0〜10.0%
2社間
8.0%〜15.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日9:30
〜18:00
2年目
(2018?)

>> 詳細ページ

★3.21
3社間
3.0%〜10.0%
2社間
10%〜20.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:00
〜19:00
2年目
(2018)

>> 詳細ページ

★3.14
3社間
1.8%〜9.8%
2社間
7.0%〜15.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日10:00
〜20:00
3年目
(2017年)

>> 詳細ページ

★3.08
3社間
15.0%〜20.0%
2社間
12.0%〜25.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日9:00
〜19:00
4年目
(2016年)

>> 詳細ページ

★3.01
3社間
5.0%〜15.0%
2社間
8.0%〜20.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
24時間?3年目
(2017年?)
モバイル表示の場合表示崩れの可能性があります>>>画像で表示する

手数料最安宣言(1.5%〜)を出している「三共サービス」は、独占取材の結果、とても人間味のある良心的なファクタリング会社であることがわかりました。

その他、「ビートレーディング」なども口コミ評価やリピーターが多い会社で、スピード感があり、利用者の満足度も伺い知れます。そして、資金調達の知識が豊富で、コンサルタントとして長い付き合いのできる会社です。

粉飾でも利用できるおすすめファクタリング会社

診断士さやか
ファクタリング研究所の厳選100社 独自調査の結果、
最低手数料1.5%〜を打ち出しているのは「三共サービス」社です♪
まずは無料見積もりであなたの手数料額を確認してみましょう♪
>> 無料見積もり請求はこちら
株式会社 三共サービス
業界最安値更新中!
なんと!手数料1.5%〜という他では絶対にないレベルの手数料の低さ!
独自調査&取材の結果、充分に信頼できる優良企業であると認定。『三共さんって手数料お安いですよね?なぜ?』と伺うと、担当高木さんは「そうですか?他社が取りすぎなんだと思いますよ(笑)」という余裕っぷり。
手数料の安さで選ぶなら間違いなく「三共サービス」です。
総合評価
口コミ評価 3.61
手数料手数料 1.5%〜/3社間取引
手数料 5.0%〜/2社間取引
スピード最短2日〜
取引可能額100万円〜1,000万円
*要相談
取扱債権業種【建築業】【広告代理店】
【印刷業】【小売業】【卸売業】
他多数 、要問合せ
※個人事業主不可
対応エリア全国
*遠方の場合は電話応対の後、
FAXなどで書類提出
拠点東京本社
東京都千代田区神田須田町1-24-6
ACN神田須田町ビル3階
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社三共サービス
代表取締役 飯村 雅
営業時間平日 9:00〜19:00
休業日土・日・祝日
設立2001年7月
資本金1,000万円
公式ページhttps://sankyo-fs.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)



>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG