ファクタリング審査で断られた?一度審査に落ちてもまだ大丈夫!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファクタリングの審査に入れて資金調達をしようと考えていたところ、当てが外れてしまい審査落ちしてしまった・・・という経営者の方の声を多く聞きます。

ここでは、ファクタリングの審査(査定)を通りやすくするためのポイントと、一度審査に落ちても、再審査可能な“通し易いファクタリング会社”のご紹介をします。

都合があって、融資で資金調達をしづらい経営者の方、どうしてもファクタリングで早急に資金調達しなければならない方は必見の内容です。

ファクタリング審査で重要視されるポイント

まずは、ファクタリング会社が御社お手持ちの売掛債権を買い取るか否かを判断するために重要視しているポイントをまとめます。

ファクタリング審査のポイント

  • 売掛金が実際に存在しているか?
  • 売掛金清算までの期日が長すぎないか?(60日以内が妥当)
  • 該当の売掛金は不良債権ではないか?
  • 該当の売掛金の仕事は完了しているか?
  • 該当の売掛金の請求書は発行済か?
  • 該当の売掛金が既に別のファクタリング会社などに売りに出されていないか?
  • 売掛先の過去の支払い状況は健全か?
  • 売掛先は個人事業主ではないか?

この辺りさえクリアしていれば、ファクタリング契約を結ぶことができます。

ファクタリング会社が言う「最も多い買取できなかった要因」は『売掛債権が存在していなかった』(請求書未発行など)というものです。

ファクタリングは、“売掛金を早期に現金化できるシステム”ですから、もちろん最初から売掛債権が存在しないとなると、売り物がない状態です。契約できません。

契約までのポイントは「信頼性の高い売掛金を持っていること」

ファクタリングの審査では、利用者側の信用などは審査対象となりません。借入れでもないので、銀行融資を断られたばかりでも利用可能です。

ただし、売掛債権の審査は重点的に行われますので、注意が必要です。

ファクタリング持ち込み可能な売掛債権

  1. 債権に関する商品やサービスを提供済み
  2. 請求書発行済の債権
  3. 清算日が決定している債権
  4. 過去支払い履歴が良好な債権
  5. 清算日が半年以内の債権

以上、5点がファクタリング審査で主に見られるポイントです。

会社によって審査ポイントはさらに細かくなることもありますが、まずは上記5点を抑えている売掛債権であることを確認しましょう。

融資NGでもファクタリングできる理由

一般的に、経営者が資金調達の方法としてまず最初に頭に浮かぶのは、融資でしょう。


融資に断られてしまって、ファクタリングのことを知り、取り組みたい!

という経営者の方は多いですから、ここでは、融資とファクタリングの審査ポイントの違いについてまとめます。

融資ファクタリング
形式金銭の貸借売掛債権の売買
手数料(金利)年15%以下
(100万円以上の場合)
買取金額の1.5%〜10%程度
審査対象主に融資を受ける会社の信用力主に売掛先の信用力
調達可能金額評価によって変動売掛金の範囲内
リスク・売掛先が破綻した時の責任を負う
・償還請求権がある
・売掛先が破綻した時の責任を負わない
・償還請求権がない

融資の審査ポイント

融資の審査ポイントは、経営者の方であればなんとなく把握はされているでしょう。

融資の審査ポイント

  • 会社の経営状態は健全か?(決算書を参照)
  • 税金などの滞納がないか?
  • 直近で返済に遅延が見られないか?
  • 会社のバランスシートに対して今回の融資額は妥当か?
  • 会社の売上推移は下がっていないか?(許容範囲か?)
  • 信用情報は汚れていないか?(小口の借り入れなど)

大まかに、この辺りの状況を見ていきます。

ファクタリングの審査ポイント

では、次にファクタリングの場合(上記一覧と同じ)

ファクタリング審査のポイント

  • 売掛金が実際に存在しているか?
  • 売掛金清算までの期日が長すぎないか?(60日以内が妥当)
  • 該当の売掛金は不良債権ではないか?
  • 該当の売掛金の仕事は完了しているか?
  • 該当の売掛金の請求書は発行済か?
  • 該当の売掛金が既に別のファクタリング会社などに売りに出されていないか?
  • 売掛先の過去の支払い状況は健全か?
  • 売掛先は個人事業主ではないか?

見比べていただければわかる通り、融資とファクタリングの決定的な違いというのは、融資は融資先の会社の状況(つまりあなたの会社)を見るのに対して、ファクタリングは、売掛先の会社情報を重要視します。

なぜ審査落ちしたのか?を把握すべし

今回の記事を参考にしていただくことで、なぜファクタリング審査に落ちてしまったのか?が見えてくるでしょう。

再審査を入れる時には、審査基準を満たしている売掛債権を入れるようにしましょう。融資のように、審査落ちすることで信用情報に傷がつくことはありませんが、度々「信用不信」の債権を出してしまうと、“目を付けられて”しまい、今後のファクタリングの利用が難しくなってしまいます。

 

再審査に入れる場合、ファクタリングでの取引経験が豊富なファクタリング会社に依頼する様にしましょう。

当ファクタリング研究所では、これまでに100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきました。その調査の中で最も買取債権の幅が広く、柔軟な審査ができる会社がビートレーディング社です。

その取引件数もさることながら、ファクタリングだけにとらわれずに総合コンサルができる数少ない会社ですから、一度ご相談されてみることを強くお勧めします。

診断士 さやか

診断士 さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、会社の経営状況に親身になって対応してくれる専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから
株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率93%を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
総合評価口コミ評価 3.99
手数料手数料 3.0%〜
(掛目・事務手数料コミコミ
*新規申し込みの方に限り
手数料割引キャンペーン中!(2.0%〜)
スピード最短即日着金可能
*300万円以下の取引だとスムーズ 
取引可能額数万円〜3億円
*要相談
取扱債権業種 【建築業】【運送業】
【サービス業】【小売業】
【卸業】【製造業】【人材業】
【個人事業主】
他、取扱業種多数(要相談)
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室
福岡支社
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
設立平成24年4月
資本金7,000万円
公式ページhttps://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)

このエントリーをはてなブックマークに追加