調剤報酬ファクタリングの仕組みや手数料|注意点とおすすめ業者まとめ

医療機関やクリニック診療所・薬局を運営していると、薬剤報酬や医療報酬が入金されるまでに2ヶ月ものタイムラグがあることにもどかしさを感じることがあるでしょう。

資金繰りのタイミングで、思うように売上が入金されなければ外部から調達するしかありません。

しかし、金融機関へ打診するには既に大口の借入をしてしまっているケース、金融機関のゆったりとした審査期間を待っていられないケースなど…状況とマッチしない場合は多いのです。

そこで、当ファクタリング研究所が推奨する資金調達法は、非常に優秀なファクタリングによる資金調達です。

このページでは、薬剤報酬ファクタリングの仕組みから、利用方法、利用前に知っておきたい注意点を詳しく解説しています。

診断士さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、
会社の経営状況に親身になって対応してくれる
専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから
株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率93%を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
※面談不要のネット完結型ならOLTA(オルタ)推奨
総合評価
口コミ評価 3.99
手数料手数料 2.0%〜
*診療/介護/調剤報酬は 0.5%〜
(掛目・事務手数料コミコミ
*新規申し込みの方に限り
手数料割引キャンペーン中!(2.0%〜)
スピード最短即日着金可能
*300万円以下の取引だとスムーズ 
取引可能額数万円〜3億円
*要相談
取扱債権業種【建築業】【運送業】
【介護】【診療】【調剤】
【卸業】【製造業】【人材業】
個人事業主
他、取扱業種多数(要相談)
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室
福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
設立平成24年4月
資本金7,000万円
公式ページhttps://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)



薬剤報酬ファクタリングとは

調剤報酬債権ファクタリングは、ファクタリング事業者に薬剤報酬債権を譲渡することで、入金を早期化する資金調達の仕組みです。一般的には入金までの期間を約45日間短縮することができますから、資金に余裕が欲しい場合やバランスシートのスリム化をしたい場合には効果を発揮します。
診断士さやか
要約すると…
薬剤報酬を使った、借り入れではない資金調達法のことを
「ファクタリング」と言います♪

薬剤報酬ファクタリングの仕組み

  1. 薬剤・調剤(レセプト)報酬発生
  2. ファクタリング審査申込み
  3. 薬剤報酬債権譲渡の通知・承諾
  4. 薬剤報酬譲渡契約 及び、買取金の支払い
  5. 薬剤報酬清算

基本的には、利用者はファクタリング会社とのやり取りをし、国保連等には債権譲渡の申請・承諾をもらうだけでOKです。ただし、審査スピードは書類を集めるスピードと比例しますから重要です。あとの細かい部分は、取引経験を積んだファクタリング会社担当者に任せてしまいましょう。

薬剤報酬ファクタリングの必要書類(基本書類)

  1. 履歴事項全部証明書(3ヶ月以内)
  2. 法人概要・沿革
  3. 確定申告書写3期分
  4. 決定通知書(国保・社保)
  5. 請求書

※これらは基本書類ですから、個別に追加資料が必要となる場合もあります。

ファクタリングの2種類の取引形態

  1. 2社間取引
  2. 3社間取引

2社間とは「利用者」と「ファクタリング会社」の間だけで完結する取引形態のことです。3社間と比較して手数料は割高。

3社間とは「利用者」「ファクタリング会社」に加えて「国保連等」も加えての交渉をする取引形態のことです。そもそも、利用者が民間企業でのファクタリングの場合、売掛金発行元である相手先企業にファクタリングの旨を通知されたくない!という要望を汲んだ形態が2社間となります。

※薬剤報酬の場合は、相手先が国保連になりますので、気にせず手数料の安い3社間取引を選択して良いでしょう。

薬剤報酬ファクタリングの審査基準

レセプト報酬は、本来ファクタリングの審査にとても通りやすい債権です。

しかし、当ファクタリング研究所が独自調査した際に、民間ファクタリング会社から伺った「こんなレセプト報酬は通らない」もあります。

  1. レセプトに不備がある債権
  2. 存在しない被保険者の請求がある債権(架空請求)

上記ふたつの場合は、さすがの格式あるレセプト報酬と言えど契約を結ぶことはできません。

ファクタリングでの資金調達が効果的な事業形態

ファクタリング会社担当者に聞いたところ、一般の医療機関はもちろんですが、ファクタリングを効果的に使えているのは「医療機関内の薬局」「個人経営規模の処方箋薬局」などの個人事業レベルで展開する薬局が多いとのこと。

もちろん、事業形態がどんなであろうと調剤済みのレセプト報酬であればファクタリングは可能です。

薬剤報酬ファクタリングの手数料相場

薬剤報酬の売掛債権としての信頼性は非常に高いのが特徴です。これは、ファクタリング会社側からすると「国保・健保・協会けんぽ」の公的機関が倒産するリスクは極めて低いためです。

信頼性が高いとどんなメリットがあるのか?それはズバリ、高率で売れる(高い金額で売れる)のです。

通常、中小企業が取引している売掛債権を売却する場合、ファクタリング手数料は債権の5.0%〜15.0%(2社間取引)が相場ですが、同条件で債権が薬剤報酬ともなれば、0.25%〜2.0%程度(3社間取引)での売却が可能になります。

ファクタリング会社の最大のリスクは、買い取った売掛債権が不良債権化することですから、そのリスクの低さから喜んで最安手数料で買い取ってくれるというわけです。

薬剤報酬をファクタリングする際の注意点

多くのファクタリング会社では、薬剤報酬ファクタリングに対して一定期間(6ヶ月〜2年間)の継続契約期間を設けています。※いわゆる”縛り”です。

上述した通り、薬剤報酬債権は非常に信頼性も高いので各都市銀行・地方銀行もファクタリングサービスを実施していたりもしますが、この縛りがネックとなります。

自院の資金難を長期的に改善させ、キャッシュフロー体質を作ることを目的としていますが、単発の資金調達をしたい場合には、この長期的にかかってくる手数料が利益を圧迫してしまいます。

それから、利用前に必ず抑えておいていただきたいポイントがあります。

薬剤報酬ファクタリングの長期契約は抜け出せなくなる可能性を秘めている

診断士さやか
原則、薬剤報酬の請求→入金までには
2ヶ月間のサイト(タイムラグ)がありますね。まずは以下の表をご覧ください♪
・ファクタリング未利用時
・ファクタリング利用時(6ヶ月契約)
・ファクタリング利用時(単発契約)
の3パターンの1年間の資金の流れをまとめました♪
ファクタリング未利用時ファクタリング利用時(6ヶ月契約)ファクタリング利用時(単発契約)
3月薬剤報酬請求
+1月請求分受取り
薬剤報酬請求
+1月請求分受取り
+中旬にファクタリング申込
※審査期間1〜2週間程度
薬剤報酬請求
+1月請求分受取り
+ファクタリング契約申込
※単発の審査期間3日程度
 +2月3月分早期調達
4月薬剤報酬請求
+2月請求分受取り
薬剤報酬請求
+2月請求分受取り
+3月4月分を早期調達
薬剤報酬請求
(入金なし)
5月薬剤報酬請求
+3月請求分受取り
薬剤報酬請求
+5月分を早期調達
薬剤報酬請求
(入金なし)
6月薬剤報酬請求
+4月請求分受取り
薬剤報酬請求
+6月分を早期調達
薬剤報酬請求
+4月請求分受取り
7月薬剤報酬請求
+5月請求分受取り
薬剤報酬請求
+7月分を早期調達
薬剤報酬請求
+5月請求分受取り
8月薬剤報酬請求
+6月請求分受取り
薬剤報酬請求
+8月分を早期調達
※ファクタリング契約終了
薬剤報酬請求
+6月請求分受取り
9月薬剤報酬請求
+7月請求分受取り
薬剤報酬請求
(入金なし)
薬剤報酬請求
+7月請求分受取り
10月薬剤報酬請求
+8月請求分受取り
薬剤報酬請求
(入金なし)
薬剤報酬請求
+8月請求分受取り
11月薬剤報酬請求
+9月請求分受取り
薬剤報酬請求
+9月請求分受取り
薬剤報酬請求
+9月請求分受取り
12月薬剤報酬請求
+10月請求分受取り
薬剤報酬請求
+10月請求分受取り
薬剤報酬請求
+10月請求分受取り
1月薬剤報酬請求
+11月請求分受取り
薬剤報酬請求
+11月請求分受取り
薬剤報酬請求
+11月請求分受取り
2月薬剤報酬請求
+12月請求分受取り
薬剤報酬請求
+12月請求分受取り
薬剤報酬請求
+12月請求分受取り

問題なのは、6ヶ月契約の9月&10月の入金なしです。

この年4月にファクタリングによる早期調達が開始され、3ヶ月分の入金がありますが、そこから半年間はファクタリングによる早期調達が続きます。この間に設備投資をしたり、新規医院開業などのビジネス加速スキームを打ち出せれば良いですが、そうもいきません。

数ヶ月間、入金ペースを狂わせてしまうと、大きなキッカケがない限り半永久的にファクタリング早期調達がなければ事業が回らない体質になってしまうのです。※今回は6ヶ月間でのシミュレーションですが、長期になればなるほど復帰は難しくなってきます。

かたや、単発契約の4月5月の入金なしの場合は、3月に1月請求分受取り+2月3月分早期調達と合計3ヶ月分が入金されています。この資金力を持って適切に運用すれば自院の資金の流れを調整することが可能です。

ファクタリングは業者選びが難しい

ファクタリングは資金調達法として非常に優秀です。しかし、手数料の利幅が広かったり、業者そのものが信頼に値しない会社であったり…と業者選びが非常に難しいのも特徴と言えます。*正しい業者選びをしましょう。

当ファクタリング研究所では、これまでに100社以上の民間ファクタリングを独自調査してきました。その中でも、薬剤報酬ファクタリング最大手と言える取引実績を持っているのがビートレーディング社です。※薬剤報酬・一般企業含め、月間400件以上の契約を取っている会社ですから安心感があります。

診断士さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、
会社の経営状況に親身になって対応してくれる
専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから
株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率93%を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
※面談不要のネット完結型ならOLTA(オルタ)推奨
総合評価
口コミ評価 3.99
手数料手数料 2.0%〜
*診療/介護/調剤報酬は 0.5%〜
(掛目・事務手数料コミコミ
*新規申し込みの方に限り
手数料割引キャンペーン中!(2.0%〜)
スピード最短即日着金可能
*300万円以下の取引だとスムーズ 
取引可能額数万円〜3億円
*要相談
取扱債権業種【建築業】【運送業】
【介護】【診療】【調剤】
【卸業】【製造業】【人材業】
個人事業主
他、取扱業種多数(要相談)
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室
福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
設立平成24年4月
資本金7,000万円
公式ページhttps://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)



>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG