fbpx

大黒屋のファクタリング(ABL)|手数料・金利や口コミ評価を独自調査

大黒屋のABL(アセット・ベースト・レンディング)は、株式会社大黒屋が長崎県大村市に本社を構える民間貸金業者が行っているものです。

このページに来られたあなたはきっと、ファクタリングを検討中に大黒屋の名を知り、ABLで資金調達って本当に大丈夫?と疑問を持たれていることでしょう。

ABLは、売掛債権を担保に融資を受ける取引です。売掛債権を扱う点ではファクタリングと同様です。ファクタリングと同様に、利用する際には利用する業者社をしっかりと吟味しなければなりません。「会社の信頼性」「手数料金額」「資金調達までのスピード」などが主に挙げられますが、事前にしっかりと調査しておかなければ『最初の話と全然違う・・』と、思わぬトラブルになることもありますし、その場合、無駄な時間と労力だけを消費してしまうことになりますから注意が必要です。

このページでは、そんな大黒屋のABL取り扱い会社としての実力を当ファクタリング研究所が独自に徹底調査したものです。※コンテンツの無断転載は発見次第、訴訟の対象としております。

大黒屋|独自調査結果​

株式会社大黒屋
大黒屋は、1953年創業の歴史ある金融業者です。主な業務は手形割引ですが、2018年から手形なしの売掛債権の買い取りも開始。
手数料の計算がやや特殊で、資金提供も売掛債権担保融資という形をとっています。融資計画をうまく構築すれば一般的なファクタリングよりも有利に資金を調達できます。
※他社との相見積もりはこちらから ▶︎【2021年最新版】おすすめ優良ファクタリング会社の選び方と厳選比較ランキング10選
総合評価 口コミ評価 
手数料(年率)5.0%~15.0%
(実質手数料は2社間取引0.5%~)
スピード最短即日
取引可能額~5000万円
(診療報酬は、~1億円)
取扱債券業種分野問わず
(基本的に法人のみ取り扱い。個人事業主は医療事業者のみ申請可能)
対応エリア全国
拠点東京支店
東京都港区海岸1-2-3汐留芝離宮ビルディング21F
長崎本店
長崎県大村市水主町2丁目623番地1
取引形態2社間取引
3社間取引(診療報酬担保)
運営会社株式会社大黒屋
代表取締役 石坂 和彦
営業時間平日 9時~17時(土日祝休み)
設立1953年創業
会社設立は1956年
資本金1210万円
公式サイトhttps://www.dai-kokuya.co.jp/

診断士さやか
わかりすく箇条書きで言うと、この会社の特徴は…
・売掛債権を担保とした融資というスタイル
・低手数料の2社間取引
・オンライン対応で即日振込可能
が魅力の融資専門会社です♪

大黒屋利用時の必要書類

診断士さやか
必要書類は以下です♪
資金化する売掛金の状況によっては他の書類も必要になる場合があります。
  • 会社の登記簿謄本
  • 代表者の免許書コピー(もしくは他の身分証明書)
  • 振込先口座のわかるもの
  • 売掛債権に関わる資料

大黒屋の所在地

運営会社である株式会社大黒屋の本社登記住所|長崎県大村市水主町2丁目623番地1

株式会社大黒屋の東京支店住所|東京都港区海岸1-2-3汐留芝離宮ビルディング21F

大黒屋の手数料

大黒屋の手数料は「年率5.0%~15.0%」と明記されています

一般的なファクタリング会社が提供する手数料率と比較すると高く感じるかもしれません。注目すべきポイントは「年率」です。

大黒屋はABLというスタイルを取り、売掛債権を担保とした融資という形で資金提供を行っています。ファクタリング業者の行う売掛債権買取とは異なります。そのため返済期間の設定が必要となり、当該売掛債権の支払期限までの利息を計算することとなります。

例えば500万円の売掛債権を、支払期日31日、年率8.0%で資金確保するとします。

大黒屋ABLの計算方法は、 500万円×8.0%×31日÷365日=33,972円

これは、一般的なファクタリング手数料率で換算すると0.68%となり驚異的な低手数料率です。2ヶ月先の支払期限(61日)で計算し直しても1.3%に収まるので低率設定のファクタリング業者と比較しても遜色ありません。しかも2社間取引です。

注意点としては債権譲渡登記が必要であること、ノンリコースは明文化されていないことです。信頼性の高い取引先の請求書での融資申請が無難でしょう。

ABLやファクタリングを利用する際は、「実際いくらで売掛債権を買い取ってもらえるのか」という意識が必要です。
契約の際は見積もりをきちんと確保し、他社と比較しながらファクタリングの検討をおすすめします。

大黒屋のABLは融資の形をとった低利率が魅力の資金確保手段

株式会社大黒屋は、もともと手形割引に特化した金融業者です。売掛債権の取り扱いは2018年からですが、ファクタリング業者の行う買取とは違い、売掛債権を担保とする「融資」という形をとる点がユニークです。

融資となると、期間設定が必要なため手数料は利息扱いになり返済までの期間設定が重要になります。実質の手数料率に関しては上述しましたが、請求書の支払期限が短ければ短いほど、低利息(実質、驚異的な低手数料)が実現します。

融資スタイルは、売掛先を巻き込まない、いわゆる2社間取引がメインです。
診療報酬売掛債権も3社間取引で取り扱っています。

ABLという少々聞き慣れない言葉なので、ファクタリング業者検索の際にはなかなかヒットしませんが、売掛債権を早期資金化できる点に関してはABLもファクタリングも違いはありません。

またクラウドサイン導入でオンライン契約にも対応しており、全国を対象に最短即日での振込手続が可能です。

表彰も数多く行われていて、信頼できる業者と言えます。手数料を抑えて資金を入手したい場合には、検討をおすすめします。

ファクタリングは業者選びが難しい

ファクタリングは自社の大切な売り上げである売掛金を使った資金調達方法です。信頼できる会社へ依頼しなければ、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

当ファクタリング研究所では、これまでに100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきました。第三者による冷静な調査ですので、ファクタリング利用を検討されているのであれば参考にしてくださいませ。

診断士さやか
anew社は完全オンライン査定で、
しかも手数料2.0%〜と安心手数料のファクタリング会社です♪
御社の資金繰りの強い味方になってくれるサービスですよ♪
▶︎ anewオンライン査定はこちらから
anew(アニュー)
4.11

完全オンライン化で注目度No.1!
anew(アニュー)は、OLTA社が得意とするWeb完結型資金調達「クラウドファクタリング」と、新生銀行の潤沢な資金力を掛け合わせた共同ファクタリング事業。
Web完結のスピード感と、適切な審査力、大口取引でも最短即日入金の資金力は圧巻!
▶︎ 個人事業主での利用は姉妹サービスのOLTAへ
▶︎最新版ファクタリング業者比較ランキングはこちら

詳細情報を開く
総合評価

口コミ評価 4.11

手数料手数料 2.0%〜9.0%
*事前完全提示
スピード最短即日
*24時間受付
取引可能額300万円程度〜数千万円
*大口を得意とする
取扱債券業種【建設業】【運輸業】
【通信業】【人材派遣】 など
*請求書発行済の売掛金があれば受付可能
*個人事業主利用不可
対応エリア全国
拠点新生銀行東京本社
東京都千代田区外神田三丁目12番8号
取引形態2社間取引
*取引先への通知なし
運営会社<anew合同会社>
OLTA株式会社
代表取締役CEO 澤岻 優紀
株式会社新生銀行
代表取締役社長 工藤 英之
営業時間オンライン受付
24時間年中無休
設立OLTA
平成29年4月14日
新生銀行
昭和27年12月
資本金OLTA
25億4,361万円
新生銀行
5,122億円
公式サイトanew公式
https://www.a-new.co.jp/

※「無料登録して申し込むボタン」から「アカウントの新規作成」(所要時間10〜20秒)

>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG