建設業・建築業に有利な資金調達法はファクタリング

建設業・建築業で資金繰りを検討中ですか?

建築業・建設業に関わる経営者の方にとって、資金繰りの必要というのは突然にやってくるものでしょう。しかし、慌ててはいけません。建設業・建築業のように、ある程度大口でまとまった資金が必要な場合には資金化されるまでのスピードも重要です。

ビジネスチャンスを逃さないために、迅速で確実な資金調達方法を選択しましょう。

  • 人件費の捻出
  • 外注費の先払い
  • 建設資材のリース料
  • 工事入札のための準備金

などなど、事業拡大のための前向きな資金調達が必要なのも建設業の特徴と言えるでしょう。

ここでは、建築・建設業に特化した資金繰りの手法であるファクタリングで資金調達する利便性や優位性を解説しています。

ファクタリングとは(建設業・建築業)

おそらくファクタリングという言葉を聞いたことがないという方は少ないかと思いますが、ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説しておきます。

ファクタリングとは、売掛金を売却して早期に資金化するシステムです。

通常、自社が保有する売掛金は「清算日」が来なければ、単なる紙切れです。売上ではありますが、資金として利用することはできません。

ファクタリングを使えば、入金が2〜3ヶ月先の売掛金でも早期資金化することが可能です。

  • 売掛金を早期に現金化できる (最短即日)
    (通常、売掛金が事業資金として着金完了するには30日〜180日程度の売掛サイトが発生、このロスタイムを解消し、キャッシュフローを改善できる)
  • 借入ではない
    (融資口が増えることによる支払額の増加を回避できる/新規で融資付けが不可能な場合でも資金繰りが可能)
  • 売掛先の企業が倒産したとしても支払い義務はない(ノンリコース)
    (売掛金は属性上、自己負担100%のシステム。そのリスクを回避できる最良の手段であると言える/債権譲渡しているので発生しない)
  • 手形割引よりも手数料が安い
  • 税金滞納中でも利用可能
  • 支払いをリスケ中でも利用可能

 

ファクタリングの2種類の取引形態

ファクタリングの取引形態には2種類あり、それぞれ「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」と言います。主な特徴は取引先に通知の義務の有無です。

ファクタリング会社を経由しますから、手数料などはかかりますが、最短で即日で資金調達することができる点と、融資や手形割引などと比較すると少額の手数料で済むことから、建築・建設業の経営者の多くが利用している優秀な資金調達方法です。

2社間取引と3社間取引の違い
取引形態取引先への通知売掛金回収方法手数料
2社間取引通知しない通常通り自社にて回収
3社間取引通知するファクターが間に入って回収

2社間取引の方が割高にはなりますが、民間ファクタリング会社では取引先へ通知の義務がない2社間取引が人気です。

建設業/建築業で多い手形割引とファクタリングの比較

建設業・建築業界では、手形の利用頻度が高いため、資金繰り手段として自然と「手形割引」の利用頻度も高くなります。

注目していただきたいのは、何かとリスクが嵩む「手形割引」に対して「ファクタリング」の方が手数料や着金スピード、償還請求の点などで優れたシステムです。

手形割引とファクタリングの比較
手形割引ファクタリング
取引システム借入れ (債権担保)債権売却
手数料年率事務手数料+掛け目
返済義務ありなし
償還請求ありなし
着金までの期間5日〜7日程度最短即日
利用限度額会社信用・手形信頼度に依存30万円〜3億円

 

手形割引とファクタリングの手数料について

手形割引率(年利)
都市銀行1.5%〜3.0%
普通銀行 (地銀など)2.0%〜3.5%
信用金庫2.5%〜4.5%
信用組合3.5%〜5.5%

手形割引は貸金業であり、手形を担保にして借入れをするシステムです。

審査では、手形を振り出す企業(つまりあなたの会社)の信用情報も重要になってきますから、ある程度、健全な経営状態でないと利用することが難しくなります。

それでは、ファクタリングは?というと

ファクタリングの手数料相場
ファクター系統手数料
(事務手数料/掛け目)
取引形態
銀行系ファクタリング1.5%〜3.0%3社間取引
民間ファクタリング会社1.5%〜15%2社間/3社間取引

少しややこしい部分ではありますが、手形割引は年利(年率)の表記なのに対して、ファクタリングは売り切り型の手数料表記です。

 

建設・建築業がファクタリングに向いている理由

建設業・建築業の資金繰りにファクタリングをお勧めする理由は2つあります。

建設業・建築業にファクタリングがお勧めな理由

  1. 建設業・建築業の売掛債権は信用性が非常に高い(高価買取)
  2. 素早く資金調達することで次の受注が可能になる

建設・建築の売掛債権は高価買取

ファクタリングを利用する際には、必ずファクタリング会社を経由しなければなりませんが、ファクタリング会社は「売掛債権の存在」「売掛金の信用度」をチェックします。

他業種に比べて、建設・建築業の売掛金は、信頼度が抜群に高いのです。

ファクタリング会社は信頼度が高いと、手数料が安くても取引したがります。つまり、他業種に比べて、建設業・建築業はファクタリングが有利というわけです。

建築・建設業は請求書発行〜入金までが長い業種

建築業・建設業では、売上の支払いのほとんどが売掛として計上されます。

入金が2〜3ヶ月先なのに対して、外注費や材料費は先払いとなり大口の案件などが飛び込んできたときには資金繰りが最大の課題となります。

資金さえ回れば受注できて事業拡大も可能なのに、目の前の資金がうまく捻出できずにビジネスチャンスを逃してしまっている経営者の方も多いのではないでしょうか。

ファクタリングは、そんな悩みに最適な資金調達法なのです。

もちろん手数料はかかりますが、それを支払っても余りあるメリットがあります。

以下の条件でシミュレーションしたものをご参考ください。

  1. 受注金額=1,000万円
  2. ファクタリング手数料=10%(事務手/掛け目コミコミ)
(例) ファクタリングを利用した場合としなかった場合の違い
ファクタリング利用時ファクタリング利用時
受注金額 (見積金額)1,000万円1,000万円
外注費200万円0円
材料費 (雑費)100万円0円
ファクタリング手数料 (10%)100万円0円
利益600万円0円

ファクタリング手数料を支払ってでも受注をすれば利益は生まれます。しかし、逆に受注そのものができなければ0円。ビジネスチャンスを失ってしまうことになります。

このように、資本的体力がある会社はどんどん大きな工事を受注できますが、逆に体力がない会社は事業規模がどんどん縮小してしまいます。

トータルで考えたときに、メリットが大きな資金運用方法を取るべきでしょう。

どんなファクタリング会社を利用すべきか

建築/建設会社のファクター選びのポイント

  1. 豊富な取引経験
  2. 資金化までのスピード
  3. 明瞭な手数料の提示
  4. 信頼性

建設・建築業にお勧めできるファクタリング会社をご紹介します。

まず、ファクタリング会社は建築業界の売掛金はすごく欲しがりますから、どこのファクタリング会社に相談しても即決で「良い返事」が貰えるでしょう。ですが、逆にファクタリング会社を選べる立場にある建築業の社長としては、信頼性の高い会社を知っておく必要があります。

お墨付き!優良ファクタリング会社
 ※この表はスクロールできます→
企業信頼性手数料スピード取扱種別営業時間設立

>> 詳細ページ

★4.09
2社間のみ
2.0%
9.0%
最短24時間以内2社間完全オンライン
24時間運営
3年目
(2017年)
betrading logo
>> 詳細ページ

★3.99
3社間
2.0%〜5.0%
2社間
7.0%〜10.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:30
〜19:00
*Web24時間
8年目
(2012年)

>> 詳細ページ

★3.75
3社間
2.0%
〜8.0%
2社間
8.0%〜14.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日10:00
〜19:00
*Web24時間
3年目
(2017年)
sankyo service logo
>> 詳細ページ

★3.61
3社間
1.5%〜5.0%
2社間
5.0%〜8.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:00
〜19:00
19年目
(2001年)

>> 詳細ページ

★3.31
3社間
3.0%〜10.0%
2社間
8.0%〜15.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日9:30
〜18:00
4年目
(2016年)

>> 詳細ページ

★3.22
3社間
5.0〜10.0%
2社間
8.0%〜15.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日9:30
〜18:00
2年目
(2018?)

>> 詳細ページ

★3.21
3社間
3.0%〜10.0%
2社間
10%〜20.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
診療報酬
介護報酬
平日9:00
〜19:00
2年目
(2018)

>> 詳細ページ

★3.14
3社間
1.8%〜9.8%
2社間
7.0%〜15.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日10:00
〜20:00
3年目
(2017年)

>> 詳細ページ

★3.08
3社間
15.0%〜20.0%
2社間
12.0%〜25.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
平日9:00
〜19:00
4年目
(2016年)

>> 詳細ページ

★3.01
3社間
5.0%〜15.0%
2社間
8.0%〜20.0%
最短即日
〜3営業日
2社間
3社間
24時間?3年目
(2017年?)
モバイル表示の場合表示崩れの可能性があります>>>画像で表示する

手数料のみで見ると「三共サービス」社が一番安いですが、口コミ評価や調査取材の結果、総合的に見て最大の信頼が置けるファクターはビートレーディング社です。スピード感があり、リピート率も非常に高く、利用者の満足度も伺い知れます。そして、資金調達の知識が豊富で、コンサルタントとして長い付き合いのできる会社という意味でもダントツです。

診断士さやか
ビートレーディング社は明確で納得できる手数料と、
会社の経営状況に親身になって対応してくれる
専属コンサルタントが魅力のファクタリング会社です♪
>> 無料見積もり請求はこちらから
株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率93%を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
※面談不要のネット完結型ならOLTA(オルタ)推奨
総合評価
口コミ評価 3.99
手数料手数料 2.0%〜
*診療/介護/調剤報酬は 0.5%〜
(掛目・事務手数料コミコミ
*新規申し込みの方に限り
手数料割引キャンペーン中!(2.0%〜)
スピード最短即日着金可能
*300万円以下の取引だとスムーズ 
取引可能額数万円〜3億円
*要相談
取扱債権業種【建築業】【運送業】
【介護】【診療】【調剤】
【卸業】【製造業】【人材業】
個人事業主
他、取扱業種多数(要相談)
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
大阪支店
大阪府大阪市北区堂山町1番5号
三共梅田ビル903号室
福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社ビートレーディング
代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
設立平成24年4月
資本金7,000万円
公式ページhttps://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)



>御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

御社にぴったりのファクタリング会社を選定!

診断士さやかがプロの視点から、御社にぴったりマッチしたファクタリング会社を選定します。ファクタリングで一番難しいとされるのは業者選びです。
ファクタリング研究所がこれまで100社以上に渉って独自調査してきたデータベースを元に診断します♪

CTR IMG