Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファクタリング利用額の上限と最低利用額は?比較調査済み

ファクタリングを利用する際には「〇〇〇万円の資金調達が必要だ」と調達実行よりも先に、調達必要額が出てくるのが普通でしょう。では、民間のファクタリング会社では、いくらからいくらまでの資金調達に対応しているのでしょうか?

短期的資金調達の手法として、ファクタリングはとても優秀です。

この記事では、ファクタリングで利用できる上限額、下限額。それから、利用したい調達希望額を「300万円以下」「1,000万円以下」「1,000万円以上」に分け、それぞれの金額に対しての注意点や、使いやすいお勧めのファクタリング業者を比較しています。

ファクタリング会社比較一覧表

まずは、一覧表を作りましたのでご覧ください。

調査済みファクタリング会社一覧(資本金順)
会社名上限下限資本金(万円)公開手数料
株式会社JTC(ジェイ・ティー・シー)要相談100万円7,0002%〜
ファクタリング東京1億円30万円5,00015%〜
株式会社ビートレーディング3億円100万円2,00010%〜
株式会社 三共サービス1億円50万円1,0001.5%〜
トラストゲートウェイ(九州エリア限定)5,000万円50万円非公開3%〜
トップ・マネジメント3,000万円30万円非公開非公開

 

利用額の上限も下限も各社によって様々である事がわかりますね。

上限額が一番多いのは、ビートレーディングの3億円です。

逆に一番小額から取引できるのがファクタリング東京トップ・マネジメントの30万円〜。手軽に少額から取引できるのは良いですね。

ファクタリング利用額からお勧め会社を選定!

サイト管理人の立場から、各社を比較していると特徴がすごくよく見えます。やはり、各社それぞれにカラーがあるんですね。

当記事では、利用金額別におすすめ会社とその理由についてお話しします。

利用額:300万円以下

ファクタリング業界では、300万円以下の取引は「小口」と言われます。取引のスピード感があり、サクッと契約できるので、この価格帯のリピーターも多いです。

急ぎファクタリングが多いのもこの価格帯で、ファクタリング利用者の7〜8割はここに当てはまると言われています。

 

300万円以下の利用であれば、ビートレーディングがお勧めです。

ビートレは資本力のある会社で、且つ「300万円以下なら即日入金します!」と公言していますから、審査に出してみる価値大アリです。100万円〜300万円の間ならビートレです。

100万円以下の場合は・・

もっともっと、少額の100万円以下の場合には、ファクタリング東京がお勧めです。

100万円以下の取引を受け付けている会社は全部で4社ありますが、ファクタリング東京が一番安定感のある取引を実現していますから、変なトラブルがなくて済みます。

上述したように30万円の少額から利用できるのも良いです。

1,000万円以下の利用の場合

1,000万円という金額になってくると、まず融資を考える経営者の方が多いと思います。ですが、設備投資などの名目ならまだしも「運転資金」名目で1,000万円借り入れるのはそうそう容易ではありません。

その点、ファクタリングであれば1,000万円分の売掛金があれば比較的スムーズに資金調達する事ができますね。

〜1,000万円のファクタリングでお勧めな会社は、「ビートレーディング」か「三共サービス」です。2社ある理由は、長期的な資金調達を見込んでいるか?単発の資金調達と考えているか?によるからです。

長期的ならビートレが良いでしょう。

ビートレーディングは、資金繰りが必要な会社に対して最適なアドバイスができる会社です。無理にファクタリングを進める事なく、トータルバランスをみます。
実際、中小零細企業の長期プランを見てみると、ファクタリングよりも資金調達コンサルの紹介が必要な場合もありますし、売掛金を売却してしまうよりもは、ビジネスローンなどで解決するケースも多くあります。

こういった事をトータルでサポートしてくれるのがビートレーディングです。

当コンテンツは「ファクタリング研究所」が独自に取材・調査したものです。当コンテンツ内の情報を無断で転載・転記したものは発見次第、損害請求...

 

単発の資金調達なら三共サービスが安い

今回のファクタリングが単発で、これっきりなら三共サービスが一番安い手数料で済ませる事ができます。

公表している手数料は1.5%〜ですから、1000万円出しても15万円で済みます。

手形割引や、事業用ローン、銀行からの融資・・・どれと比較してもこんなに経費が低い方法はありません。三共サービス公式はここ

 

1,000万円以上の資金調達が必要!

1,000万円以上、2,000万円・・・3,000万円・・・という大きな金額の資金繰りが必要だという事は、何かの設備投資のための資金集めをしているか?それとも、取引先破産などにより弁済の義務が発生したか・・・。

どちらにせよ、数千万円〜のファクタリングは「その場しのぎ」になりがちです。売掛金をファクタリングで“前がり”すると、元々の入金日までにキャッシュフローを整えなければ、また資金が枯渇します。

数百万円までならば数ヶ月の間に比較的容易に調整できるでしょう。しかし、数千万円〜ともなると話が違ってきます。しっかりとしたプラン(計画性)がなければ、破綻してしまいます!

そもそも、計画性が持てるようであれば、数千万円もの資金が不足する事はなかったでしょう。

1,000万円以上のファクタリング取引するのならば、当研究所内で総合評価が最も高い「ビートレーディング」で会社資金のトータルバランスを根本から整えるか、「JTC」でVIPなファクタリングサービスを受けるかのどちらかしかありません。

当コンテンツは「ファクタリング研究所」が独自に取材・調査したものです。当コンテンツ内の情報を無断で転載・転記したものは発見次第、損害請求...
ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!