Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日曜・祝日でも中小企業が資金調達可能な方法とは?

中小企業経営者が資金繰りに困窮していると、金融機関や知人の会社なども手助けしてくれることがあります。

しかし、それが週末の日曜・祝日ともなると話は別です。

どの金融機関も完全ストップし、早期資金回収できそうな取引先も連絡が取れません。手元でできる事は情報収集くらいです。

週明けまで待てればいいですが、急務の資金繰りでは一日どころか1時間でも貴重な「時間との戦い」です。

このページでは、そんな急務な資金繰りに迫られた日曜祝日でも可能な資金調達の手法をご紹介しています。

日曜祝日でもできる資金調達法

日曜祝日でも審査が通せて週明けの午前中には着金可能な資金調達方法は「ファクタリング」です。

ファクタリングとは、売掛金を売却して早期に資金化するシステムです。

通常、自社が保有する売掛金は「清算日」が来なければ、単なる紙切れです。売上ではありますが、資金として利用することはできません。

ファクタリングを使えば、入金が2〜3ヶ月先の売掛金でも早期資金化することが可能です。

ファクタリングとは (詳細)

ファクタリングとは、中小企業が保有している売掛債権を譲渡(売買)するシステムのことです。※売掛債権を売却するので、借入れではありません。

 ファクタリングのメリット

  • 売掛金を早期に現金化できる (最短即日)
    (通常、売掛金が事業資金として着金完了するには30日〜180日程度の売掛サイトが発生、このロスタイムを解消し、キャッシュフローを改善できる)
  • 借入ではない
    (融資口が増えることによる支払額の増加を回避できる/新規で融資付けが不可能な場合でも資金繰りが可能)
  • 売掛先の企業が倒産したとしても支払い義務はない(ノンリコース)
    (売掛金は属性上、自己負担100%のシステム。そのリスクを回避できる最良の手段であると言える/債権譲渡しているので発生しない)
  • 手形割引よりも手数料が安い
  • 税金滞納中でも利用可能
  • 支払いをリスケ中でも利用可能

つまり、一言で表すと『売掛債権さえ持っていれば誰でも資金調達可能な即金性の高い手法』です。

日曜祝日の資金調達にファクタリングが向いている理由

なぜ、日曜祝日の資金調達にファクタリングが向いているかと言うと理由があります。

まずは、他の方法が日曜祝日だとほぼ期待できません。

日・祝は機能しない資金調達法

  • 金融機関を使っての資金調達
  • 取引先へのリスケジュール申し入れ ※信用問題に発展する可能性も
  • 積立保険金の解約 など
  • 在庫処分 など

少額であれば街金で対応できますが、この方法はお勧めできません。法定利息ギリギリの利率設定で、今後、会社の利益を圧迫することが目に見えているからです。

ファクタリングは日曜祝日でも稼働している業者がある

ファクタリングの場合ですと、日曜祝日も営業しているファクタリング会社がありますし、借入れになりませんので、自社のキャッシュフローの圧迫やバランスシートの崩壊を危惧する必要がありません。

帳簿上は「売上」になりますから、健全な資金調達となり、今後、金融機関に大口の事業用ローンを申請する際にも足を引っ張られることがありません。

もちろん、ファクタリングにもリスクはあります。それは、「手数料」が発生する点です。

ファクタリングの手数料相場
ファクターの系統手数料
(事務手数料/掛け目)
取引形態
銀行系ファクタリング1.5%〜3.0%3社間取引
民間ファクタリング会社1.5%〜15%2社間/3社間取引

日曜祝日に営業しているのは民間ファクタリング会社ですから、こちらの表ですと「1.5%〜15%」の相場で手数料が発生します。※売掛金全額を100%とした場合

手数料の分だけ利益が目減りしてしまうことになりますから、その点ではしっかりと検討すべきです。

しかし、急務の資金繰りの場合、その窮地を抜け出せば次回清算から会社の業績も好調に伸びることが多いです。まずは、現状打破を目指すべきでしょう。

 まずはいますぐ無料見積り査定を請求する
社名条件公式ページURL

>> 詳細ページ
年商7000万円以上の企業限定http://jtc-nagoya.co.jp/

>> 詳細ページ
全般事業主(個人事業主)向け
※優良認定
http://betrading.jp/

ファクタリングの2つの取引形態

ファクタリングの取引形態は、「2社間取引」「3社間取引」の2種類あり、それぞれ手数料相場が違います。※一般的に3社間取引のほうが手数料が安い

 2社間取引と3社間取引の違い
取引形態取引先への通知売掛金回収方法手数料
2社間取引通知しない通常通り自社にて回収
3社間取引通知するファクターが間に入って回収

2社間取引の方が割高にはなりますが、民間ファクタリング会社では取引先へ通知の義務がない2社間取引が人気です。

日曜祝日にお勧めなファクタリング会社2社

日曜祝日に見積りを取るのなら、全部で2社お勧めがあります。※これは、当研究所が100社以上の民間ファクタリング業者を独自調査して来た結果です。

申し込み企業の年商で別れる

  1. 年商7000万円以上の企業株式会社JTC
  2. 年商7000万円以下の企業ビートレーディング社

株式会社JTC

JTC社は土日祝日も営業をしていますから、即日で査定額を出せます。

株式会社 JTC
「年商7000万円以上の企業限定」という条件付きだが、御社が該当する場合は審査に申し込んでみる価値アリ。高値買取に定評のあるファクタリング会社です。
総合評価口コミ評価 3.48
手数料2%〜
スピード最短即日
取扱債権業種 【製造業】【運送業】【建築業】
その他、多数取扱可能
対応エリア全国
拠点名古屋本社
愛知県名古屋市中区錦2-17-28 CK15伏見ビル5F
取引形態2社間取引/3社間取引
公式ページhttp://jtc-nagoya.co.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)

株式会社ビートレーディング

ビートレーディング社は日・祝は休みですが、ウェブ申し込みの段階で急ぎであることを伝えておけば、週明けの朝一には回答をくれます。何よりも、当研究所の独自調査(100社以上)の中で総合評価No.1の優良ファクタリング会社です。

株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
総合評価 口コミ評価 3.99
手数料3.0%〜15%
(掛目・事務手数料コミコミ) 
スピード最短即日着金可能
300万円以下の取引だとスムーズ 
取扱債権業種【建築業】【運送業】【サービス業】
【小売業】【卸業】【製造業】
【人材業】【個人事業主】
他、取扱業種多数(要相談) 
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F
福岡支社
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態2社間取引/3社間取引
公式ページhttp://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)