愛知(名古屋)で銀行融資NGでも資金調達するなら|ファクタリング徹底比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

『銀行融資をあてにせず、自力で資金調達をする方法があれば・・・』とは思いませんか?

資金は会社の血液です。中小企業や零細企業の場合は、大企業のような体力がないため緊急の資金繰りが必要になるケースも多いのです。

愛知(名古屋)には数多くの中小零細企業があり、資金調達の需要も高いです。その反面、経営者からは主要都市銀行である りそな銀行に対して、「貸し渋りでは?」という声が上がっていたりもします。

愛知(名古屋)エリアの経営者はりそな銀行を一番の取引銀行としている場合も多いですが、どうしても資金調達の必要がある場面でバッサリと“融資否決”を言い渡されたのでは、たまったもんじゃありません。

こちらのページでは、愛知県内(特に名古屋エリア)の中小企業・事業主向けに、銀行融資NGだった場合でも資金調達可能な有力な方法を解説しています。

このページで紹介しているファクタリング会社一覧

この記事でまとめている愛知(名古屋)のファクタリング会社

  • 愛知銀行
  • JTC
  • ベストファクター
愛知県内ファクタリングの対象地域一覧

対応エリア

愛知県全域

  1. 名古屋市
  2. 豊橋市
  3. 岡崎市
  4. 一宮市
  5. 瀬戸市
  6. 半田市
  7. 春日井市
  8. 豊川市
  9. 津島市
  10. 碧南市
  11. 刈谷市
  12. 豊田市
  13. 安城市
  14. 西尾市
  15. 蒲郡市
  16. 犬山市
  17. 常滑市
  18. 江南市
  19. 尾西市
  20. 小牧市
  21. 稲沢市
  22. 新城市
  23. 東海市
  24. 大府市
  25. 知多市
  26. 知立市
  27. 尾張旭市
  28. 高浜市
  29. 岩倉市
  30. 豊明市
  31. 日進市
  32. 東郷町
  33. 西枇杷島町
  34. 豊山町
  35. 師勝町
  36. 西春町
  37. 春日町
  38. 清洲町
  39. 新川町
  40. 七宝町
  41. 美和町
  42. 甚目寺町
  43. 大治町
  44. 蟹江町
  45. 三好町

銀行融資ではなく“確実に”資金調達する方法

銀行融資を断られても確実に資金調達することができる方法は「ファクタリング」です。

このページに来られた方は、自社の資金繰りに困っている方が多いでしょう。資金繰りは銀行だけに頼っていてはうまくいきません。追加融資を受けずとも社内の資金的体力で回せることが理想だからです。

もし、会社の体力づけに興味があって、もう資金繰りに困りたくないのであれば、このページの内容はきっと役に立ちます。

ここでは、愛知(名古屋)エリアの中小企業経営者の方のために資金繰りの手法である「ファクタリング」について、『ファクタリングとはどんな資金調達法か?』や『愛知(名古屋)でファクタリングを利用するならココがおすすめ!』などを解説します。※ファクタリングは金融機関からの融資が否決の場合でも売掛金さえあれば“確実に”資金調達できる手法です。

ファクタリングとは?|愛知県(名古屋エリア)

ファクタリングとは、売掛債権を売却して資金調達できるシステムです。

企業が保有する売掛金を買取業者へ売却することにより、その売掛金の清算期日よりも早期に資金化することができます。

ファクタリングのメリット

  1. 売掛金を早期に現金化できる
    (通常、売掛金が事業資金として着金完了するには30日〜180日程度のロスタイムが発生、このロスタイムを解消し、キャッシュフローを改善できる)
  2. 新規借入ではない
    (融資口が増えることによる支払額の増加を回避できる/新規で融資付けが不可能な場合でも資金繰りが可能)
  3. 売掛先の企業が倒産したとしても支払い義務はない
    (売掛金は属性上、自己負担100%のシステム。そのリスクを回避できる最良の手段であると言える/債権譲渡しているので発生しない)
  4. 手形よりも手数料が安い

ご存知の通り、商売をしていると売掛金が発生し「売り上げ」が、実際に「現金」となるまでにタイムラグ(売掛サイト)が出ますね。月末締めの翌月末払いであったり、サイトが長い業種であれば、3ヶ月ほども現金化されないこともあります。

通常であれば、Aの売掛サイトを待っている間に、Bの売掛金が決済され現金化・・・といった具合で資金が回っていくはずです。しかし、こういった売掛サイトを待っている間にも、企業にとっては資金が必要になってくるタイミングが幾度も訪れます。

 中小企業の資金繰りのタイミング

  • 運転資金不足(人件費・家賃など)
  • 設備投資
  • 税金の支払い
  • 買掛の支払い
  • 金融機関借入の返済 など

また、多くの企業内で、これらの支払いは事前に把握できているでしょうから、どれもが「急務」というわけではありません。しかし、「売掛金の貸し倒れ」など、予測が極めて難しいものもあります。

時間的余裕がある場合には、金融機関へ融資の申し入れをして審査期間を待つ余裕もありますが、急務の資金繰りの場合には「一刻も早くキャッシュを手に入れたい!」と思うのが心情でしょう。

ファクタリングの取引形態(2社間/3社間)

ファクタリングには、大きく2つの取引方法があります。

ファクタリングの2つの取引形態

  1. 2者間取引(取引先企業への通知なし
  2. 3社間取引(取引先企業への通知義務あり

【解説】3社間取引

3社間取引では、売掛金の清算業務にファクタリング会社が介入します。

ファクタリング契約前に、まずファクタリングする旨を相手企業に通知すること。そして、相手企業が清算する相手はファクタリング会社になります。

多くの場合、2社間取引よりも手数料が低くなります。

 

【解説】2社間取引

2社間取引では、売掛元企業への通知の義務がありません。

通常通り、相手企業はあなたの会社へ精算後、あなたの会社からファクタリング会社へ入金する形です。「手数料と引き換えに一時立て替え」というニュアンスの方がわかりやすいかもしれません。

現在のファクタリング取引ではこの2社間取引が主流です。

手数料は、2社間取引の方が若干割高になりますが、最近のファクタリング契約の主流は2社間取引です。あなたの会社に合った取引形態を選びましょう。

\ オススメ業者をPickUp! /
お得な手数料割引で利用するなら
ベストファクター!

完全無料見積り請求!

 

優秀な資金調達法として経営を支えるファクタリング

実際、当研究所管理人の私タナカも、初めての法人設立後は資金繰りに大変苦労しました。社長でありながら、本業に関わることができず、毎日資金繰りのために駆け回っていたのです。

そんな私の経験から、急務の資金繰りで使える方法は以下の5つです。(銀行融資否決、税金滞納などの事情も考慮した上)

急ぎの資金調達で活用できる資金繰り手段

  1. カードローンなどのキャッシング枠を現金化
  2. 保有している受取手形を手形割引に降り出す
  3. 有価証券、定期預金などの金融資産を現金化
  4. 保険などの解約
  5. ファクタリングで売掛債権を売却

前半から物騒な手法が続いていますが、キャッシュがなく支払いができない場合、最悪、会社は倒産してしまいます。そうならないために、なんとしてでも資金を調達し、支払いを完了しなくてはなりません。

私がなぜ中小企業の資金繰りにファクタリングを勧めているのかというと、上記①〜④は目の前の支払い“だけ”を済ませる資金調達にしてはリスクが高すぎるからです。

ファクタリングが他の手法と決定的に違う点は、債権を売却した資金は「売上」として計算される点です。※借り入れの場合は「負債」

売上として計算されるメリットは、後々のまとまった銀行借入の際にはマイナス要素が少なくて済みます。バランスシート上で見ると、キャッシュフローは潤滑という見方になるからです。

融資は、資金繰りの手段としては常套手段であり、経営者であれば利用していない人の方が少ないと思います。ですが、緊急の資金繰りにおいては金融機関は金利を高く見積もってくる傾向が強く不利です。そして、その高い金利は後々あなたの会社のキャッシュフローを圧迫します。

ファクタリングで資金調達すると得られる様々なメリット

ファクタリングで資金調達すると様々なメリットがあります。冒頭でも少し出ましたが、さらに詳しく解説します。

ファクタリングのメリットや活用法

  • 資金調達までのスピード感がある(最短申込即日〜3日程度)
  • 来店不要で調達完了できるケースも(FAXやPDFでのやり取りが可能)
  • 赤字決算でも取り組み可能!
  • 直近で追加融資が否決になっていてもOK!
  • 設立3年未満など、会社の信用力が低くてもOK!
  • 償還請求がかからない!(ノンリコース)
  • 手形などと比較すると印紙代等を省略できる(手数料が安価)
  • 借入(負債)ではない
  • 手数料が他の手法より比較的安い
  • バランスシート内で「負債」ではなく「売上」として扱える

などなど、いち資金調達の手段としても、キャッシュフロー経営の面から見ても多くのメリットがあります。

それから、ファクタリングは融資ではありません。以下に融資とファクタリングの特徴をそれぞれまとめます。

融資ファクタリング
形式金銭の貸借売掛債権の売買
手数料
(金利)
年15%以下
(100万円以上の場合)
買取金額の1.5%〜10%程度
審査対象主に融資を受ける会社の信用力主に売掛先の信用力
調達可能金額評価によって変動売掛金の範囲内
リスク・売掛先が破綻した時の責任を負う
・償還請求権がある
・売掛先が破綻した時の責任を負わない
・償還請求権がない

 

上記表の通り、ファクタリングによる資金調達はデメリット(リスク)が非常に薄いのも特徴です。

ファクタリングのデメリットと言えば、一番最初に挙げられるのが「手数料」です。

通常、売掛金決済期日まで持っていれば現金化されるものですから、期限まで持っていれば100%のキャッシュが手元に入ります。ですが、早期資金化するために売掛金を売却する上で、ファクタリング会社を利用します。

その際のファクタリング会社に支払う手数料が発生します。(手形割引や融資の金利と比較すると安価ではありますが)

一般的には、10%前後が相場ですが、当研究所の独自調査では、1.5%〜2%、上は20%以上と業者によって幅広い手数料相場があるのも特徴です。

ファクタリング研究所が100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査した結果、名古屋エリア近くに拠点を持つ会社で手数料最安だったのは「ベストファクター社」です。*当サイト内リンクからの申し込みで手数料1.0%割引

もちろん見積もりは無料で取得できますから、まずは問い合わせを入れてみましょう。

ベストファクター公式(割引適応リンク)https://bestfactor.jp/

診断士 さやか

診断士 さやか
ベストファクター社は、当研究所経由の申し込みですとお得な割引料金でご利用いただけます♪
>> 無料見積もりはこちらから
Best Factor (ベストファクター)
東京都新宿区高田馬場を拠点とする民間ファクタリング会社。
運営会社である株式会社アレシアは資本体力のある中小企業なので頼り甲斐あり。利用者目線での契約ができる企業であるため”無理な契約はしない”がモットー。
審査通過率「92.25%」も大きな安心材料。
※当研究所の公式リンクからの申し込みだと見積もり査定額から更に1%値引き!
総合評価 口コミ評価 3.47
手数料手数料 2.0%〜
*当サイトから申し込みの場合は
査定額からさらに手数料1.0%割引
スピード最短1日
取引可能額20万円〜1億円
取扱債権業種【建設業】【運送業】
【介護・診療報酬】など
*確定済みの売掛債権であれば
柔軟に対応
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F
*2019年2月移転
大阪支社
大阪府大阪市中央区島之内1丁目13−28
ユラヌス21ビル 1F
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社アレシア
Alesia, Inc.
代表取締役 班目 裕樹
設立2017年1月
資本金9,000,000円
公式ページhttps://bestfactor.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)

 

愛知(名古屋)拠点のファクタリング比較

愛知県内の社長がファクタリングで資金調達するのであれば、どんな業者を使うべきでしょうか?

愛知銀行を取引銀行としている中小企業も多いですから、まずは愛知銀行のファクタリングサービスをご紹介します。※残念ながら愛知銀行では資金調達向けのファクタリングサービスを実施していません

愛知銀行のファクタリング事情

愛知銀行
愛知銀行では、資金調達向けのファクタリングの取り扱いはなし。
本店所在地本店
愛知県名古屋市中区栄3-14-12
設立1910年(明治43年)
代表者取締役頭取 矢澤 勝幸
資本金180億円
(2017年3月現在)
従業員数1,651名
取扱サービス– 関連サービスなし –

愛知銀行では、中小企業の資金調達向けのファクタリングサービスを実施していません。

急務の資金調達を検討中であれば、実質、民間ファクタリング会社の利用をおすすめします。

 【補足】銀行とファクタリング取引をする際の注意点

銀行系ファクタリング会社を利用する時は注意点があります。それは、『与信の段階で信用情報を開示される可能性がある』という点です。

どういうことかというと、銀行は各会社の信用情報を保有しています。その情報と決算報告書などを元に「融資を可決するか?」を決定しているのですが、決算や会社情報とは無縁のファクタリングを申し入れたとしても『この会社は資金繰りに苦労しているな…』とチェックを入れられる可能性が高いということなのです。

どうせ、自社の信用情報を使うのであれば、「ここぞ!」の時に有利な融資を受けるために使いたくはないですか?

ファクタリングで資金調達をする際に、民間のファクタリング会社を利用すれば、あなたの会社の信用情報は利用しなくて大丈夫です。確かに有名銀行が取引銀行の会社にとっては安心材料の一つかと思いますが、本当に大切なことは、『あなたの保有する売掛債権をなるべく高い査定額で買い取ってくれる会社に売りたい』ということではないでしょうか?

 

愛知(名古屋)拠点の経営者におすすめなファクタリング会社

ファクタリングは、自社の大切な売上である「売掛金」を振出すシステムですから、トラブルを避けるためにも、信頼できる業者に依頼することが大切です。

当ファクタリング研究所では、これまで実に100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきました。その中で「手数料」「スピード」「信頼性」に優れた安心して任せられる優良ファクタリング会社と言えば、ベストファクターです。

診断士 さやか

診断士 さやか
ベストファクター社は、当研究所経由の申し込みですとお得な割引料金でご利用いただけます♪
>> 無料見積もりはこちらから
Best Factor (ベストファクター)
東京都新宿区高田馬場を拠点とする民間ファクタリング会社。
運営会社である株式会社アレシアは資本体力のある中小企業なので頼り甲斐あり。利用者目線での契約ができる企業であるため”無理な契約はしない”がモットー。
審査通過率「92.25%」も大きな安心材料。
※当研究所の公式リンクからの申し込みだと見積もり査定額から更に1%値引き!
総合評価 口コミ評価 3.47
手数料手数料 2.0%〜
*当サイトから申し込みの場合は
査定額からさらに手数料1.0%割引
スピード最短1日
取引可能額20万円〜1億円
取扱債権業種【建設業】【運送業】
【介護・診療報酬】など
*確定済みの売掛債権であれば
柔軟に対応
対応エリア全国
拠点東京本社
東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F
*2019年2月移転
大阪支社
大阪府大阪市中央区島之内1丁目13−28
ユラヌス21ビル 1F
取引形態2社間取引/3社間取引
運営会社株式会社アレシア
Alesia, Inc.
代表取締役 班目 裕樹
設立2017年1月
資本金9,000,000円
公式ページhttps://bestfactor.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)

このエントリーをはてなブックマークに追加