ファクタリングの償還請求とは?不渡りが起きても返済義務なし

ファクタリングには、償還請求が付いていません。

それは、ファクタリングの仕組みを知れば理解できることなのですが、貸金業ではないからです。

よく混同されがちな「手形割引」には償還請求が付いていますが、これは“手形を担保とした貸金”であるからですね。

ここでは、よく質問にも挙がる償還請求について詳しく掘り下げています。

償還請求とは?

そもそも、償還請求とは何なのでしょうか?

償還請求とは、手形が支払い義務者によって支払われないことが明らかになったときにとられる債権保護のための法的な処置のことをいいます。 流通の軌跡を逆からたどり、後者から直接の前者に代償の返還を請求していきます。

つまり、割引に振り出した手形が何らかの理由(手形の支払い義務者の倒産など)で支払いができなくなった場合に、その手形を振り出した者に弁済の義務があるというものです。

では、なぜファクタリングに償還請求がないのかというと、『売掛債権を物品として買い取る』という仕組みであるからです。ファクタリングは(冒頭でもお話ししたように)貸金業ではありません。

ファクタリングには弁済の義務がないのか?

では、ファクタリングで出した売掛債権が万が一、不渡りになった場合に弁済の義務が発生しないのか?ということですが、その通りです。

ファクタリングは、ファクター(ファクタリング会社)が買取前に該当の売掛債権の調査(審査)をしますから、その回収の責任も全てファクターへと移ります。

『売掛債権そのものを譲渡する』と言った方がわかりやすいでしょうか?

つまり、あなたは売掛債権をファクターへと譲渡するわけですから、売ってしまえばそれで“おしまい”というわけです。

手形の割引料とファクタリングの掛け目について

手形割引を利用したことがある経営者の方はピンとくると思いますが、手形割引で手形を振り出すと「割引料」がかかります。

一般的に、割引料は利率によって決まります。(手形の決済期限が長ければ長いほど割引料が高くなる仕組みです)

手形割引率(年率)
都市銀行1.5〜3.0%
普通銀行(地方銀行)2.0〜3.5%
信用金庫2.5〜4.5%
信用組合3.5〜5.5%

上記の表の形で、年率として割引料が発生します。

ファクタリングでも手数料が発生しますが、掛け目という名目です。(ファクタリング会社によっては手数料と明記することも)

掛け目の相場は、15%〜20%と言われていますが、最近では1.5%〜という格安で請け負う会社も出てきています。

一般的に、手数料が安い会社は取引数が多いのが特徴です。稀に手数料の安さを売りにしている会社規模が小さな会社もありますが、違法な取引を行っている可能性もありますので、ここは注意が必要なポイントです。

当サイトで事前調査が済んでいるファクタリング会社で、最も手数料相場が安い会社は「三共サービス」です。

株式会社 三共サービス
業界最安値更新中!!
なんと!手数料1.5%〜という他では絶対にないレベルの手数料の低さ!
独自調査&取材の結果、充分に信頼できる優良企業であると認定。『三共さんって手数料お安いですよね?なぜ?』と伺うと、担当高木さんは「そうですか?他社が取りすぎなんだと思いますよ(笑)」という余裕っぷり。 手数料の安さで選ぶなら間違いなく「三共サービス」です。
総合評価口コミ評価 4.51
総合1位獲得!
手数料1.5%〜
– 業界最安値 –
スピード最短2日〜
取扱債権業種【建築業】【広告代理店】【印刷業】
【小売業】【卸売業】
他多数 、要問合せ
対応エリア全国
遠方の場合は電話応対の後、FAXなどで書類提出
拠点東京本社
東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル3F
取引形態2社間取引/3社間取引
公式ページhttp://sankyo-fs.jp/

独自独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料見積り)

まとめ

ということで、今回はファクタリングに償還請求が発生しない理由について掘り下げて解説しました。

あなたの会社の資金繰りの一環としてファクタリングはいかがでしょうか?

ファクタリングは、会社のキャッシュフローの観点から見ると非常に優秀な資金調達法です。

この記事では、ファクタリングのメリットとデメリットについてお伝えしています。 私自身も最初にファクタリングという言葉、システムを知り、取り...

管理人タナカが独自調査により『信頼して頼めるファクター』をピックアップしています。

あなたの売掛金で高額な資金繰りが可能かどうか?はファクターにかかっていると言っても過言ではありません。

もし、売掛債権売却(=ファクタリング)によって、あなたの会社のキャッシュフローを改善させたいというご希望があられるのであれば、「実績・得意業種・資金力」の3点を重視してファクター選びをしましょう。

⇨厳選!信頼できるファクターを一覧でランキング

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!