ファクタリングでの資金調達に掛かる日数

ファクタリングは、『最短即日〜3日で入金可能!』など、スピード感に定評のある資金調達法ですが、なぜそれほど短い期間での入金が可能なのか。そして、他資金調達法と比較した時に、信頼性や手数料がどれほど担保できるのかを解説します。

各資金調達法を一覧表示

まずは、中小企業にとってメジャーな資金調達法を一覧表示。

各資金調達法に関わる手続きと必要日数 一覧表
資金調達法金利
(手数料)
相場
費用項目対象事業規模必要手続き必要日数
(申込〜実行まで)
銀行融資指定金利のみ全て担保の提供
(保証人・担保物件等)
1ヶ月程度
募集株式の発行登記に要する費用・株主が増え利益分配率の希薄化がリスク大企業向き株式総会での承認/株主の募集
法人変更登記
1~2か月程度
社債の発行金利のみ大企業向き株式総会での承認/債権者の募集
(登記が必要な場合あり)
1~2か月程度
ファクタリング手数料
(※金利が発生する場合もあり)
中小企業向き2社間の場合、無し
(債権譲渡通知・登記が必要な場合あり)
即日~
1週間程度
助成金・補助金金利及び専門家に書類を作成を依頼する場合、その費用全て政府機関/市区町村への申請手続2~3か月程度
ビジネスローン指定金利個人事業主・中小企業向き担保の確保
(保証人・担保物件等)
即日~1週間程度
消費者金融指定金利個人事業主・中小企業向き担保の確保
(保証人・担保物件等)
即日~1週間程度
タナカ

タナカ
「申込みから入金までの必要日数」だけで比較すると、ファクタリング以外にもビジネスローンや消費者金融も挙がりますが、法定ギリギリの金利は長期的に見ると経営そのものを圧迫しますので、お薦めできません。

中小企業経営者であれば、資金調達にまずは金融機関からの融資を検討したいところでしょう。しかし、条件の良い融資を受けようと思えば、それだけ厳正な審査に通過する必要があり、さらには、その審査期間も1ヶ月程度は確保しておかないといけないので、計画性が必要で、常用できる資金調達法とは言えません。

各資金調達法に掛かる日数とメリット・デメリット

金融機関融資による資金調達

多くの事業主がまずは検討したい銀行・金融機関融資による資金調達は、入金までに必要日数に1ヶ月程度を想定しておきたいところ。

金利は、長期的に見ると有利で、他の融資方法と比較しても低い傾向にありますが、それに伴った 厳正な審査 と、相応の 審査期間 が必要になります。

また、不動産担保や連帯保証人などの担保の要求も付き物ですから、迅速な資金調達には不向きと言わざるを得ません。

募集株式発行による資金調達

募集株式の発行とは会社へ直接出資を募り、出資者へその対価として株式を発行する方法。

出資された資金は負債ではなく、会社の純資産となるため、返済が不要という大きなメリットがありますが、募集株式を発行すると登記簿上の「発行済株式総数」が変わるため、必ず変更登記が必要となります。

資金調達までの期間は、募集から払い込みまでに要する期間を1か月、登記に2週間掛かると仮定すると、約1~2か月の期間が必要ですから、計画的且つ、大規模な資金調達で使われる手法です。

また、株式が増えると利益分配率や1株辺りの決定権の割合が下がるため、株主総会での承認が必要です。

社債発行による資金調達

社債発行による資金調達の大まかな内容は、募集株式発行による資金調達と似ています。

一点だけ大きく違うところがあります。それは株式の発行は借金ではありませんが、社債の発行は発行企業にとって、借金である点です。

こちらも、募集株式と同様に、長期的かつ多額の資金調達に向いており、比較的大企業向けの資金調達法と言えるでしょう。

助成金・補助金による資金調達

個人事業主・中小企業問わず、新規で事業を始める場合には「補助金」や「助成金」が受けられる場合があります。

国が指定している条件を満たせば、低金利で、長期間の借入が見込めるため非常に人気の資金調達法ですが、書類作成が非常に高難度かつ膨大なため、専門家に依頼するのが、殆どのケースでしょう。

申請は、会社や事業を行う場所を管轄する都道府県・市区町村や政府関係機関に対して行います。その審査に1ヶ月程度かかり、書類作成に要する期間を含めると、早くても2~3か月は掛かるでしょう。

審査基準は、銀行融資と同じく、成長性・安全性を重視されます。

ファクタリングによる資金調達

ファクタリングによる資金調達は、認知度こそ低いものの「安全性」「スピード」「手数料の低さ」に突出した資金調達法です。

ファクタリング会社選びさえ間違えなければ、会社運営を大きく手助けしてくれる手法として活躍してくれます。

当 ファクタリング研究所では、これまでに100社以上のファクタリング会社を独自に調査してきました。その中でも、信頼できる優良ファクタリング会社をまとめているページが以下の「優良ファクタリング会社比較」ページです。

ファクタリング会社の選び方人気ファクタリング会社ランキングなどを掲載していますから、参考にされてください。

>>> 厳選!おすすめ優良ファクタリング会社の選び方と比較ランキング

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!