Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファクタリングの代金回収の仕組みはどうなってる?

あなたの会社が売掛債権を保有している場合で、その資金を早期に資金化したい場合には、資金繰りの手段としてファクタリングはとても有効な手法です。

さて、ファクタリングであなたがファクター(売掛債権買取業者)に売掛債権を売却した後で、どのような形で取引先へ代金回収がされるのか?は気になるところです。

心配になるのは、ファクターから取引先へ直接的に代金回収の旨を連絡される可能性ではないでしょうか。

連絡が行くことで、あなたが売掛金をファクタリングしたことが公になりますから、取引先から資金に困っているのか?という印象を持たれかねませんし、今後の取引に影響が出ないとも言い切れないからです。

債権の回収方法は取引方法によって変わる

まず、ファクタリング契約の売掛金回収方法には以下の2つの方法があります。

  1. 2社間取引
  2. 3社間取引

各取引方法によって、あなたの会社と売掛金債務者とファクターの振る舞いが変わりますので、解説します。

3社間取引

①〜④までの流れで取引が進んでいきます。

  1. 売掛金が発生(あなたの会社/売掛先)
  2. 売掛金買取の旨の通知・承諾(あなたから売掛先へ/ファクターから売掛先へ)
  3. 売掛金買取契約 及び、買取金の支払い(あなたとファクター間)
  4. 売掛先からファクターへ売掛金の支払い

「3社間取引」というのは、あなたの会社と売掛先(売掛金債務者)とファクターの3社が全て直接的に取引に関わる取引方法です。

ですから、売掛先への支払請求や実際の回収はファクターが行います。

つまり、売掛債権を売却した時点で全権限がファクターに移行し、回収はお任せ。

2社間取引

2社間取引では、あなたが売掛債権をファクターへ売却し、売却金を早期に資金化します。

ここまでは3社間取引と同じです。

ファクターから買取金の支払いをしてもらった後は、ファクターから売掛先への連絡は一切ありません。通常の売掛業務と同じように、あなたと売掛先のやり取りによって回収業務が行われます。

つまり、「あなたと売掛先の2社間のみの取引」ということです。

売掛先は通常と変わりない取引ができますから、負担軽減ができる点と心証を崩さないことがメリットです。

2社間取引は手数料が高い?

数年前まではこれらの取引を選択制にしていたファクターがほとんどでしたが、クライアントのほとんどが2社間取引を選択することから、今では「ファクタリング=2社間取引」が定着しつつあります。

ですから、スタンダードが2社間取引で、3社間取引にすると、少しだけ値引きが利くというイメージの方が近いようです。

なぜ、3社間取引の方が若干安くなるのか?というと、ファクターのリスクの軽減ができるからです。2社間取引を行った場合に、万が一不渡りが出てしまうと償還請求のないファクタリングでは、ファクターは売掛金が回収されるまでひたすら待つことしかできなくなります。ですが、3社間取引であれば、ファクターから直接請求をすることができますから、リスクが少なくなるという構図です。

まとめ

と言うことで、今回はファクタリング契約の代金回収について詳しく解説しました。

ファクタリングは手形割引などに比べてリスクの少ない資金調達方法ですが、ファクターによって、掛け目(手数料)が違ってきたりと業者選びが大切になります。

まずは、資金調達プロで一括業者比較をしてみることがお勧めです。

資金調達プロであまり好ましい結果が得られなかった場合には、当サイトが独自に調査した「信頼できるファクター比較」で、複数見積もりを取ってみてください。

最初は面倒な作業ですが、比較をすることであなたの売掛債権をなるべく高い価格で売却し資金繰りを楽にすることができます。

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!