広告代理店のファクタリング活用法|小口でも大口でも安定して資金確保

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告代理店業で資金繰りを検討中ですか?

このページに来られた方は、金融機関からの借入れやビジネスローンなどの様々な資金調達法を検討した上で来られているでしょう。

しかし、広告代理店業のように、ある程度大口でまとまった資金が必要な業種にとっては資金化されるまでのスピードも重要です。

ビジネスチャンスを逃さないために、迅速で確実な資金調達方法を選択しましょう。

このページでは、広告代理店業で運営をしている方へ向けて、ファクタリングでの資金調達の利便性を解説しています。

ファクタリングとは (広告代理店)

ファクタリングとは、売掛金を売却して早期に資金化するシステムです。

通常、自社が保有する売掛金は「清算日」が来なければ、単なる紙切れです。売上ではありますが、資金として利用することはできません。

ファクタリングを使えば、入金が2〜3ヶ月先の売掛金でも早期資金化することが可能です。

ファクタリングのメリット

  • 売掛金を早期に現金化できる (最短即日)
    (通常、売掛金が事業資金として着金完了するには30日〜180日程度の売掛サイトが発生、このロスタイムを解消し、キャッシュフローを改善できる)
  • 借入ではない
    (融資口が増えることによる支払額の増加を回避できる/新規で融資付けが不可能な場合でも資金繰りが可能)
  • 売掛先の企業が倒産したとしても支払い義務はない(ノンリコース)
    (売掛金は属性上、自己負担100%のシステム。そのリスクを回避できる最良の手段であると言える/債権譲渡しているので発生しない)
  • 手形割引よりも手数料が安い
  • 税金滞納中でも利用可能
  • 支払いをリスケ中でも利用可能

広告代理店で多い手形割引とファクタリングの比較

広告代理店業界では、手形の利用頻度も高いため、資金繰り手段として自然と「手形割引」の利用頻度も高くなります。

注目していただきたいのは、何かとリスクが嵩む「手形割引」に対して「ファクタリング」の方が手数料や着金スピード、償還請求の点などで優れたシステムである点です。

手形割引とファクタリングの比較
手形割引ファクタリング
取引システム借入れ (債権担保)債権売却
手数料年率事務手数料+掛け目
返済義務ありなし
償還請求ありなし
着金までの期間5日〜7日程度最短即日
利用限度額会社信用・手形信頼度に依存30万円〜3億円

続いては、手形割引とファクタリングそれぞれの手数料について見ていきましょう。

手形割引の手数料について
手形割引率(年利)
都市銀行1.5%〜3.0%
普通銀行 (地銀など)2.0%〜3.5%
信用金庫2.5%〜4.5%
信用組合3.5%〜5.5%

手形割引は貸金業であり、手形を担保にして借入れをするシステムです。

審査では、手形を振り出す企業(つまりあなたの会社)の信用情報も重要になってきますから、ある程度、健全な経営状態でないと利用することが難しくなります。

ファクタリングの手数料について
ファクタリングの手数料相場
ファクター系統手数料
(事務手数料/掛け目)
取引形態
銀行系ファクタリング1.5%〜3.0%3社間取引
民間ファクタリング会社1.5%〜15%2社間/3社間取引

ファクタリングは売り切り型の手数料表記です。※貸金ではないので、年利や利率などはありません。

契約までのポイントは「信頼性の高い売掛金を持っていること」

ファクタリングの審査では、利用者側の信用などは審査対象となりません。借入れでもないので、銀行融資を断られたばかりでも利用可能です。

ただし、売掛債権の審査は重点的に行われますので、注意が必要です。

ファクタリング持ち込み可能な売掛債権

  1. 債権に関する商品やサービスを提供済み
  2. 請求書発行済の債権
  3. 清算日が決定している債権
  4. 過去支払い履歴が良好な債権
  5. 清算日が半年以内の債権

以上、5点がファクタリング審査で主に見られるポイントです。

会社によって審査ポイントはさらに細かくなることもありますが、まずは上記5点を抑えている売掛債権であることを確認しましょう。

ファクタリングの2種類の取引形態について

取引形態も「2社間取引」と「3社間取引」の2種類あり、手数料相場が違います。

2社間取引と3社間取引の違い
取引形態取引先への通知売掛金回収方法手数料
2社間取引通知しない通常通り自社にて回収
3社間取引通知するファクターが間に入って回収

2社間取引の方が割高にはなりますが、民間ファクタリング会社では取引先へ通知の義務がない2社間取引が人気です。

ファクタリングが広告代理店におすすめな理由

広告代理店業では、その売上のほとんどが月末締めの売掛金として計上されます。

長い場合では入金が2〜3ヶ月先なのに対して、設備投資や人件費(外注費)は先払いとなり大口の案件の話が飛び込んできたときには資金繰りが最大の課題となります。

資金さえ回れば事業拡大も可能なのに、目の前の資金がうまく捻出できずにビジネスチャンスを逃してしまっている経営者の方も多いのではないでしょうか。

ファクタリングは、そんな悩みに最適な資金調達法なのです。

もちろん利用に手数料はかかりますが、それを支払っても余りあるメリットがあります。

以下の条件でシミュレーションしたものをご参考ください。

ファクタリング利用/非利用の比較条件

  1. 受注金額=3,000万円
  2. ファクタリング手数料=10%(事務手/掛け目コミコミ)
(例) ファクタリングを利用した場合としなかった場合の違い
ファクタリング利用時ファクタリング利用時
受注金額 (見積額)3,000万円3,000万円
人件費500万円0円
外注費500万円0円
撮影雑費300万円0円
その他雑費100万円0円
ファクタリング手数料 (10%)300万円0円
利益1300万円0円

ファクタリング手数料を支払ってでも受注をすれば利益は生まれます。しかし、逆に受注そのものができなければ0円。ビジネスチャンスを失ってしまうことになります。

資本的体力がある会社はどんどん大きなを受注できますが、逆に体力がない会社の事業規模はどんどん縮小してしまいます。

トータルで考えたときに、メリットが大きな資金運用方法を取るべきでしょう。

広告代理店におすすめなファクタリング会社

広告代理店業にとって何を重視してファクタリング会社を選べばいいのか?

広告代理店業のファクター選びのポイント

  1. 豊富な取引経験
  2. 資金化までのスピード
  3. 明瞭な手数料の提示
  4. 信頼性

以上、4点です。

取引経験が少なければ手数料が割高になる傾向があります。そして、審査時間も取られますから、スピードにも影響してきます。

スピードは重要です。着金スピードが遅く、受注したい案件が流れてしまっては本末転倒です。

手数料に関して、民間のファクタリング会社では事前に明記していない会社も多いですが、しっかりと明記されている会社を選びましょう。稀に「契約寸前になって説明になかった手数料名目が入っていた」などの報告を聞きます。スムーズに資金調達するためには事前の情報公開が大切です。

そして、それら全てを含めた「信頼性」が大切です。信頼できない会社とは取引を避けるべきです。信頼度の高いファクタリング会社を選べば、今後、同じような資金調達が必要な場面が来たときに繰り返し利用することができます。

上記全てをクリアしている広告代理店業におすすめなファクタリング会社は「三共サービス」です。これまでに100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査している当研究所で総合評価No.1の会社です。

株式会社 三共サービス
業界最安値更新中!!
なんと!手数料1.5%〜という他では絶対にないレベルの手数料の低さ!
独自調査&取材の結果、充分に信頼できる優良企業であると認定。『三共さんって手数料お安いですよね?なぜ?』と伺うと、担当高木さんは「そうですか?他社が取りすぎなんだと思いますよ(笑)」という余裕っぷり。
手数料の安さで選ぶなら間違いなく「三共サービス」です。
総合評価口コミ評価 4.11
総合1位獲得!
手数料1.5%〜
– 業界最安値 –
スピード最短2日〜
取扱債権業種【建築業】【広告代理店】【印刷業】
【小売業】【卸売業】
他多数 、要問合せ
対応エリア全国
遠方の場合は電話応対の後、FAXなどで書類提出
拠点東京本社
東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル3F
取引形態2社間取引/3社間取引
公式ページhttp://sankyo-fs.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料見積)

このエントリーをはてなブックマークに追加