ファクタリングトラブル|契約前になって話が変わる!話が違う!?

ファクタリングを検討中に「業界最安値」などの広告を真に受けて契約まで進んでしまうと、契約段階になって『あれ?これは何の費用だ?』と全く説明になかった項目が加算されていることがあります。

手数料の内訳や契約内容を、事前にしっかりと把握しておくことでこのようなトラブルを避けることができますが、ネット上にもこれと言った有益な情報がないと思いませんか?

このページでは、『契約直前になって話が違う!』などのファクタリング契約に伴うトラブルを最小限に抑えるために、手数料内訳などを詳しく解説します。

ファクタリングの主な手数料

当研究所ではこれまで通算80社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきましたので、各社の思惑やこれまでには見えなかった部分が明確になってきました。

ファクタリングの手数料表記は所謂「事務手数料」のみを表記していることがあります。

ファクタリングの手数料内訳

  • 事務手数料 5,000円程度
  • 印紙代 400円程度
  • 債権登記費用(必要時)
  • 出張買取の場合は交通費など
  • 掛け目(10%〜15%程度)

① 登記費用内訳

  • 債権譲渡登記および抹消登記事務代行報酬
  • 債権譲渡契約書作成事務代行報酬

② 印紙代内訳

  • 債権譲渡契約書印紙代:200円
  • 登録免許税(債権譲渡登記):7500円
  • 登録免許税(抹消登記):1000円
  • 登記事項証明書交付:500円(オンライン)
  • 振込手数料:100円~864円
  • 他、事務手続き費用・日当・交通費 等

ファクタリング費用の内訳として、大きく「事務手数料」と「掛け目」に分けることができます。金額的に大きいのは「掛け目」の方ですが、事務手数料のみを表記している場合、「実質手数料5%〜」などのように一桁台で表記しているケースが多いのです。

掛け目込み表記と掛け目なし表記

掛け目(10%〜15%)が盛り込まれていると、どうしても割高に感じるでしょう。

しかし、一部の留保金としての一時預かり金としているファクタリング会社以外は、しっかり10%〜15%の掛け目なしが費用として必要となります。

掛け目ありの表記の場合
振出売掛債権額(満額)事務手数料掛け目(90%とする)差引合計額(調達額)
100万円15,500円10万円88万4,500円
300万円15,500円30万円268万4,500円
500万円15,500円50万円448万4,500円
1,000万円15,500円100万円898万4,500円

 

事務手数料のみ表記の場合
振出売掛債権額(満額)事務手数料差引合計額(調達額)比率
100万円15,500円98万4,500円1.55%
300万円15,500円298万4,500円0.51%
500万円15,500円498万4,500円0.31%
1,000万円15,500円998万4,500円0.155%

やはり、事務手数料のみ表記の方が見栄えはよくなります。しかし、ここで学んでいただければ、この金額は単なる理想であり、ファクタリング相場ではないことがお分りいただけるでしょう。

ファクタリング費用節約のポイント

ファクタリングは、手形取引などに比べれば安価な手数料で利用することができます。しかも、借入れではありませんから、自社のバランスシートが汚れることもありません。

しかし、急ぎの資金調達だからといって損をしたくはないですよね。

削れるものは削って、出費はスリム化するに越したことはありません。

ファクタリング費用節約のポイント

  1. 手数料、掛け目がコミコミのファクタリング会社を利用する
  2. 出張費用を抑える
  3. トータルコンサルができるファクタリング会社を利用する

① 手数料、掛け目がコミコミ表記

契約時になって説明になかった名目が出てくるトラブルを避けるためには、まずは「コミコミ価格」を提示してくれるファクタリング会社を使うことが一番の対策です。

見分け方としては、事前の提示手数料が「1ケタ%表記」ではないこと。これまでに80社以上を独自調査しましたが、数千万円単位の大口でもない限りは、1ケタ%台でファクタリング契約をするとファクタリング会社側は赤字になります。

② 出張費用を抑える

基本的にファクタリング契約に伴う出張費用は契約者負担となります。

いくら最初の手数料が安いからといって、あまりに遠方のファクタリング会社を利用すると無駄な出張費用を請求されることになりますから、注意が必要です。

なるべく近隣のファクタリング会社を利用しましょう。

トータルコンサルできるファクタリング会社を選ぶ

御社のキャッシュフローや資金繰りをトータルで分析する能力があるファクタリング会社を選択しましょう。

一回ポッキリの資金調達として利用することも多いファクタリングですが、リピーターを多く持つファクタリング会社も少なくありません。

しっかりと顧客のニーズに答えて、ファクタリングが向かないケースではキッパリと『御社の今回の資金調達はファクタリング向きではありません』と口にすることができるファクタリング会社の方が信頼ができます。

トラブル最小限の信頼度抜群のファクター

ファクタリング契約に伴うトラブルは未然に防ぐことができるものばかりです。

その原因の多くが、しっかりと利用するファクタリング会社を調査しなかったことによるものが多いです。

トラブル最小限で信頼度抜群のファクタリング会社はビートレーディング社です。

当研究所の80社以上の独自比較調査でもダントツの総合評価No.1を獲得している会社ですから、自信を持ってお勧めできます。

株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポート!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
総合評価口コミ評価 3.99
手数料10%〜15%
(掛目・事務手数料コミコミ) 
スピード最短即日着金可能
300万円以下の取引だとスムーズ
取扱債権業種【建築業】【運送業】【サービス業】
【小売業】【卸業】【製造業】
【人材業】【個人事業主】
他、取扱業種多数(要相談)
対応エリア全国
拠点・東京本社
・福岡支社
取引形態2社間取引/3社間取引
公式ページhttp://betrading.jp/

特別独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)