ファクタリングのメリット・デメリット

この記事では、ファクタリングのメリットとデメリットについてお伝えしています。

私自身も最初にファクタリングという言葉、システムを知り、取り組むまでの間に調査をしました。

ファクタリングで事業の資金調達を効果的に行うことができますが、実際にどんな風に良いことがあるの?という質問をいただくことも少なくはありません。それから、銀行融資にも返済のリスクがあるように、しっかりとリスクの部分も理解して活用していくことで、自社の資金繰りを根本から改善していくことも可能です。

ファクタリングとは何か?

そもそも、ファクタリングって何?という方は当サイトの別記事でもまとめてあります。⇨なるべく簡単にわかりやすく!「ファクタリング」を徹底解説!

ここでは、簡単に説明します。

ファクタリングとは…

会社が保有している売掛け債券を証券化し、売買すること。

売却された債券の回収方法は、買取側が回収する「2社間取引」と、売却前の会社が回収し、回収金を引き渡す「3社間取引」とを選ぶことが一般的。

融資ではないので、金融機関に登録されている信用情報は関係ない。

つまりは、債券という“現物”の売買になるので、貸金業とは全くの別物です。つまり、融資が受けづらい状況の会社や、銀行への返済をリスケ中であっても資金調達することが可能です。

 

それでは、ファクタリングの実行を考えた時の「メリット・デメリット」について解説していきます。

ファクタリングのメリット

  • 売掛金を早期に現金化できる
    (通常、売掛金が事業資金として着金完了するには30日〜180日程度のロスタイムが発生、このロスタイムを解消し、キャッシュフローを改善できる)
  • 借入ではない
    (融資口が増えることによる支払額の増加を回避できる/新規で融資付けが不可能な場合でも資金繰りが可能)
  • 売掛先の企業が倒産したとしても支払い義務はない(ノンリコース)
    (売掛金は属性上、自己負担100%のシステム。そのリスクを回避できる最良の手段であると言える/債権譲渡しているので発生しない)
  • 手形よりも手数料が安い

ファクタリングは借入ではなく、売掛債権を現物売却することですから、追加融資を受けるために銀行審査を通すよりも現金化が早く、尚且つ担保や保証人などが不要なことが大きなメリットです。

それ以外にも、日本では盛んに取引が行なわれている手形割引と比較すると手数料が安価ですので、この点もメリットです。

ファクタリングは比較対象がとても難しいジャンルになると思います。
手形、株式、銀行融資など、比べようと思えばいくらでも比べられますので、シンプルに「債権取引である」と認識した方が良いですね。

そうすることによって、手形=手数料、株式=売却リスク、銀行融資=金利や担保
といった他の手段とのリスク比較が明確化します。

ファクタリングのデメリット

  • 売掛を使って良好に取引をしていた顧客を失う可能性が考えられる
  • 不良債権は売却できない
    (基本、法人間取引のみの取り扱い。支払い経歴が明瞭な売掛金が必要)
  • 手数料・掛け目分の目減りが発生
  • 債権譲渡のために顧客(取引先)への承諾が必要な場合がある
    (2社間取引・3社間取引)
  • 債権譲渡登記が必要な場合がある
    (登記費用8〜12万円程度、業者により必要ない場合もありますので、事前に確認をしておくことをお勧めします)

詳細内訳参考ページ> 動産譲渡登記・債権譲渡登記手続きにかかる費用・料金
http://www.horino.net/expense/dousansaiken.php#.VpB0xpMS9aQ

可能性としては薄いですが、取引先にファクタリングの通知がいくことで、あらぬ不信感を抱かせてしまうことはあります。が、この点は取引形態を「2社間取引」にすることで通知のないファクタリングを実行することが可能ですから解決します。

あなたの会社でファクタリングの取り組みをしようと、売掛債権を持ち込んだ後に、取引の形態を選べる場合があります。 それが「2社間取引」と「3...

不良債権に関しては、契約前に事前に取引経歴を確認できる通帳の提出が必要ですから、回収が見込めるものを優先的に買取されます。当然ながら、支払いが滞っている会社の債権はファクタリング会社も買い取りたくはありませんから、事前調査は慎重に行われます。

手数料によって、掛け目が出てしまうことが最大のデメリットですが、手形割引と比較すると割安ですし、借金となる手形割引に対してファクタリングは「売上」ですから負債になりません。それから、償還請求がないことも大きな利点です。

ファクタリングの費用を如何に抑えることができるのか?

ファクタリングをする上で、「自社の債権をなるべく高値で売却したい」や「より多くの資金調達を実現させたい」という思いは利用者の方すべての共通認識でしょう。

ファクタリングの手数料を低くするためのノウハウは以下の記事にもまとめてありますが、まずは、数社に無料見積もりを依頼して比較してみることから始めましょう。

ファクター(売掛金買取会社)を数社検討してみた。という方からいただく質問の中で多いのが「ファクタリングの手数料について」です。 実際、ファ...

 

信頼できるファクタリング会社の特徴

  • クライアントの疑問をしっかりと解決し、不安を残さない
  • 必要書類を明確にし、なぜ必要なのか?も明確
  • リスクに関しても誠実に説明をする

良い会社との出会いは、これから先もあなたの資金繰りを楽にしてくれますから、私個人としては、何よりも誠実さが大切かと思います。「手数料が安ければなんでもいい!」と一過性のものではなく、長期的に自社の資金繰りを改善させることができるか?という点も加味して、慎重に検討するようにしたいところです。

とは言うものの、銀行系や、専門系のファクターが何十社とある中、どう選んでいいのか?という悩みも出てくると思います。

実際、私自身がそうでした。

基本的には、銀行系以外の民間のファクタリング会社を選びましょう。その理由についてもは以下の記事にて。

 

▼続いては、先ほど出てきた「2社間/3社間取引」について。

手数料相場も変わってきますし、取引先との間へのファクターの介入の有無が変わります。

2社間取引/3社間取引とは?

34418856_thumbnail-604x391

ファクター(ファクタリングの取引会社)を決定した後、その取引の中で一番大きな選択になります。
実際に取引される上で、非常に重要な部分になりますので、必ず確認をされてください。

2社間取引と3社間取引のメリット・デメリット

2社間取引メリット審査が早い(最短即日)
売掛先にファクタリングの実行が通知されない
買取金支払い後も取引先とは取引継続できる
デメリット比較的手数料が割高
売掛金は自身で回収後、ファクターに引き渡しする義務が発生する
3社間取引メリット 
比較的手数料が安い
売掛先はファクターへ直接支払いをする
デメリットファクターから売掛先へ売掛金債権買取(譲渡)の通知を行う
契約までに時間が必要
・信用情報の調査
・売掛先の承認

では、実際に各取引の構図についてお話ししていきます。

3社間取引

3社間取引

流れ

①売掛金発生
最初の段階、取引の流れであなたの会社と取引先が売掛の取り決めをします。

②売掛金買取の通知・承諾
あなたがファクタリングしたい旨をファクターへ申し込みます。
売掛先へも事前に通知をしておきます。

その後、ファクターからも売掛先へ
“あなたがファクタリングを申し込んだこと”を通知します。

③売掛金買取契約 及び、買取金の支払い
②で売掛先への通知をし、無事承諾を得ることができれば、
ファクタリング契約を結ぶことができます。

④売掛金の支払い
3社間取引では売掛先からの回収はファクターが行います。

3社間取引の大まかな流れはお解り頂けたでしょうか?

この取引の流れが軸になりまして、この流れでは利用者のリスクが大きい!
いう声が多かったようです。

では、続いて2社間取引です。

2社間取引

2社間取引

流れ

①売掛金発生
3社間と同じです。

②売掛金買取契約 及び、買取金の支払い
ファクターが売掛先と売掛金について調査します。
問題がなければ、最短即日には買取金の支払いが実行されます。

③売掛金の支払い
あなたから売掛先へと請求をし、売掛金の清算をして貰います。

④売掛金の支払い
あなたの元へ支払いがあった売掛金をファクターへと支払いをし、
取引完了です。

2社間取引は手数料が割高になる?

そもそも、2社間取引は後発のサービスです。
私が実行した時には、このような選択肢はありませんでした。

3社間取引に懸念を抱く利用者にとっては
かなりの需要があるので、ファクタリング実行本数は非常に伸びたそうです。

が、ファクターにとっては、リスクの高いサービスであると言えます。

それは、契約上、自社での回収ができないので、不渡りが出る可能性を含んでいるからです。

実際にファクターから聞いた話ですが、債権譲渡後の売掛金をファクターへの引き渡し前に使ってしまうというケースもあったそうです。

この場合、依頼主は業務上横領となります。

手数料が割高になるのは、この辺りのリスクも考慮した上で“保証料”という意味合いもあるのでしょう。

 


 

実際にファクタリングを実行する利用者の9割は2社間取引を希望していると言います。

  • 手数料をなるべく減らして2社間取引にするか?
  • 売掛先との今後の付き合いも考慮して3社間取引にするか?

ご自身の経営と資金調達の進行具合に沿って考慮されてください。

私の場合は、ファクタリングを実行するとともに、“会社のキャッシュフロー”の概念を転換し、経営方針も大きく舵を取り直しました。

まとめ

ということで、今回はファクタリングのメリット・デメリットを交えながら概要の解説を執筆しました。

いかがでしたでしょうか?

ファクタリングは、しっかりと仕組みを理解した上で活用すると、とても良い資金繰りができます。(もちろん、資金に余裕のある会社にとっては、ファクタリングする必要もないですが)

私が個人的に一番危険だと思うのは、急務として資金繰りをしている最中にファクタリングの存在を知り、「なんでも良いから一番早くて、安いやつ!」と安直な実行で、大切な顧客を失ってしまうことです。

 

資金繰りには精神的なストレスもかかりますから、お気持ちは十分にわかるのですが、時間が許す限りは比較検討をするようにしましょう。

補足

それから一点、民間のファクターには無料査定を依頼することができますので、「ファクタリングを実行するか迷う…」という場合には、まずは査定額を知ってからにしましょう。

あなたが今、足りない資金と買取額を知ることで、本当にファクタリングで良いのか?がわかります。

査定額を知らずに悩むことは、旅資金にあと10万円必要だけどどうしよう…と、売りたい本の束を目の前にして悩んでいることと一緒です。

まずは、その「本」がいくらになるのか?を知りましょう。

当サイト管理人である私が、民間ファクターを独自調査したランキングがありますので、ぜひ参考にファクター選びをしてみてください。

 

厳選!信頼できるファクターを一覧でランキング

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!