まるで教科書!ファクタリング実行までにやるべき手順5つ


ファクタリングについて信ぴょう性のある情報がまとめられている教科書のようなものがあればいいのに・・・

当時、私が資金繰りに大部分の時間を取られていたときに実際に感じていたことです。

自分の会社経営に於いて、売掛金が会社のキャッシュフローを圧迫していることはわかっていましたし、“ファクタリング”という言葉も知り、ある程度は知識も得ていました。

ですが、「何から始めていいのか?」と頓挫するのが毎度のことでした。

毎日忙しい中で勉強の時間を割くというのは言葉にするよりも簡単なことではありませんし、勉強だけでなく、実行することまでなると更にハードルが上がります。

専門家に依頼をすれば、それなりの費用がかかりますし、「資金繰りをしなければ、会社倒産!」という緊急タスクが目の前にある中で、常人の感覚がある方にとっては“まずはファクタリングについて勉強から始める”というのは、正直難しいでしょう。

 

ということで、今回はファクタリングを検討してから実行するまでの流れをガイドラインとして記事に起こします。

これからファクタリングを実行される方の参考になれば幸いです。

ファクタリング検討の際、まず最初にやるべき5ステップ

まずは、ファクタリングを実行するために「何からやればいいのか?」の手順を明確にしましょう。

「ファクタリングを聞いたことがない」というスタート地点では、かなり不透明な道のりではないでしょうか?

 ファクタリングを実行するまでに5つの準備があります

  1. 不足資金を割り出す(必要資金調達額)
  2. ファクタリングに出す売掛債権を剪定する
  3. あなたの会社に合ったファクタリング会社を見つけ出す
  4. 査定額を検討
  5. 必要書類を集めて実行

と、手順そのものはシンプルです。

それでは、ひとつひとつ解説していきます。

1.不足資金を割り出す

94daccd7-s

まずは、必要資金です。

これは、ほとんどの経営者の方にとっては当たり前のことでしょうから、わざわざ書き出すべきか迷いましたが、敢えて…。

今、会社にいくら足りないのか?

ファクタリング会社に資金調達の相談を持ち込むと「調達額としては、いくらくらいをお考えでしょうか?」と必ずと言っていいほど質問されますので、ご自身の会社には今一体いくらあれば余裕を持った運転ができるのか?というのを明確にしておきましょう。

また、この不足資金がわかっていなければ、持ち込む債権の総額も変わってきますし、査定額で事足りるのかどうかの判断も付きにくくなります。

査定額が出た時に少なければ、すぐに交渉に入れるようにしておきましょう。

2.ファクタリングに出す売掛債権を剪定する

HiRes-604x427

売掛債権を査定に出す上でファクタリング会社から必ず見られる幾つかのポイントがあります。

まず最も重要なのは、取引先の会社の信用情報や売掛金の支払い経歴です。

取引先が法人であるなどの条件はありますが、あなたの会社の経営状況は重要視されるポイントではありません。

つまり、ファクタリングは融資や貸付ではありませんから、金融機関に登録されている信用情報や会社の業績はなどは一切関係ないということなのです。

極端な話、赤字決済をしていても、直近で金融機関に追加融資のNGを出されていても取り組み可能です。

何よりも重要視されるポイントは、売掛債権の質です。

ファクタリングの審査のポイント!

  • 売掛先が法人であること
  • 売掛先の売掛金の支払経歴を過去の通帳などで証明できること
  • 必要書類が揃えられること
  • ファクタリングは融資ではないので金利などは発生しない
  • あなたは個人事業主でもOK
  • あなたの会社は赤字決算でもOK
  • あなたの会社が直近で融資否決を受けていても問題なし!

売掛債権の質は自分で吟味できる

ファクタリング会社が取引の際に一番気にかけているのは、「売掛債権の質」です。

ファクタリングは「売掛債権の現物売り」と言えますから、当然、優良債券は高く売れるし、そうではない債券は値が落ち、不良債権ともなると買取不可になりますから、以下の5つのポイントを押さえればその判断がつきます。

質の良い売掛債権の条件とは?

  1. 売掛債権の存在が明確であること
  2. 売掛先の業績が安定していること
  3. 売掛先の直近(半年程度)の支払い状況が良好であること
  4. 売掛先の信用調査情報(CIC・全銀協などの情報)が明瞭で健全であること
  5. 売掛先へ「債権譲渡」の承諾が取れること

*1〜4に関しては2社間/3社間取引ともに審査内容になります。
*5は3社間取引のみです。
参考>2社間取引と3社間取引の違い

つまり、上述した通り、ファクタリング会社にとって売掛債券を現物として買うわけですから、あなたの会社の信用情報や決算状況などは無関係です。

 

では、ファクタリング取引をするとき、どんなことに気をつければ高値で売却することができるのでしょうか?

自社の債券を高く売るためには?

やはり「どうせ売るならなるべく高く売りたい!」というのが経営者としての本音ですよね。

上記の5つのポイントを押さえつつ、高く売るためには、取引の支払い履歴が良く、なおかつ業績も良い会社の債券であれば、比較的手数料を抑えて売却することができます。

さらに、あなたがそういった「属性の良い債券」を出す場合は、ファクターと駆け引きすることができます。

本当に価値のある債権であれば、こちらからお願いして買ってもらわなくていいわけですし、もちろん高値交渉もできますね。

逆に安い債権は、売掛金や、金融機関への返済で遅延履歴のある会社の債券です。

売掛金を現金化しなければならないファクターからすれば、どうしても懸念するところでしょう。

こういった条件の悪い債券に関しては、掛け目(手数料)を高く設定された上に、3社間ファクタリングでしか対応してもらえない可能性も十分にあります。

ウマい取引とは?

なるべく高値で取引をするためのコツがあります。

それは、“高い債権”と“安い債権”を巧く組み合わせて売りに出すことです。

ファクターが欲しがる債券を提示することで、あなたはファクターと交渉ができますし、逆にあなたが手札を渋って条件の悪いものばかりしか提示しなければファクターも渋ります。

勝ち負けではないんですが、「良い客ではないな…」と思われたら負けです。

良い手札をエサに、しっかりと交渉したいところです。

3.あなたの会社に合ったファクターを見つけ出す

aedee2d4680e95d0ef41ffdfb1cd1e62
利用者

利用者
ファクタリングで資金調達したいけれど、どの会社を選んでいいのかわかりません!
利用者

利用者
どうせ依頼するのなら優良企業がいいし、条件も一番いいところがいい!

私自身も然り、社を背負っている経営者の方なら誰しもが考えることだと思います。

ひとえにファクターと言っても依頼できる会社は多くはありません。

*銀行系は多いですが、信用情報に登録される可能性からシブい上に、そんなに力を入れている金融商品ではないので、かえって評価が低くつくことも…。

*ノンバンク系のファクタリング商品もありますが、こちらも審査期間が長い点と、信用情報に精通している点から懸念が残ります。

*残すは民間のファクタリング専門会社が数社ありますので、私はこの選択肢が妥当と考えています。

と言っても、少なく見ても10社程度はありますので、その中から自分に合った会社を探して、資料請求をして…。考えるだけで、作業が頓挫してしまう経営者の方も少なくありません。

ファクタリング専門会社って、どんな会社があるの?

民間のファクタリング会社を選ぶときのコツなど、詳しくは別項の「厳選!信頼できるファクタリング会社を一覧でランキング」で解説していますが、その比較ランキングの中でも上位3つの会社をご紹介します。

株式会社ビートレーディング
取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率を誇るサービス精神溢れるファクターです。
設立平成24年4月
拠点・東京本社
・福岡支社
対応エリア全国
取扱債権建築業/運送業/サービス業/小売業/卸業/製造業/人材業
個人事業主 可
他、取扱業種多数(要相談)
評価
手数料相場15%前後

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)

資金調達プロ
「資金調達プロ」はファクタリング会社ではなく、ファクター選びの総合サービスです。
複数のファクターに申し込みするのが面倒な方はこちらの「資金調達プロ」を利用することで、総合的にあなたの保有する債権の業種や、必要調達資金などから最適なファクタリング会社を選出してくれます。
※ただし、選出してくれるのは一社のみですから、比較できているかの真相は不明です。
資金調達プロ+2社くらいの申し込みをしておくのが無難です。
社名株式会社ユービジョン
所在地東京都新宿区1-30-16-1904
対応エリア全国
総合評価
手数料相場1.5%〜15%までの業者を剪定

⇨詳細記事はこちら ⇨いますぐ査定する

 

株式会社JTC
「年商7000万円以上の企業限定」という条件付きではありますが、該当する場合は審査に申し込みしてみる価値アリ。高値買取に定評のあるファクタリング会社です。
設立平成25年6月
拠点本社
愛知県名古屋市中区錦2-17-28 CK15伏見ビル5F
対応エリア全国
取扱業種製造業/運送業
その他、多数取扱可能
評価※年商7,000万円以上の企業限定
手数料相場応相談

⇨詳細記事はこちら ⇨公式ページはこちら

正直、よく分からないと思います。

最近では、ファクタリング専門の会社を比較するサービスもありますので後ほどご紹介したいと思います。

私が独自に選定したファクターを1記事内に収めています。金融系と言うと、悪徳業者もツキモノですから、気になる方はこちらの記事を参考にしてください。⇨参考:厳選!信頼できるファクターを一覧でランキング

 

金融系にはツキモノ。悪徳業者を判断するには?

出会わないとも限らない悪徳業者。

下記のものは私が個人的に情報収集したものですので、当てはまる場合は注意してください。

  • 必要書類の請求がされることなく、あっという間に契約が完了してしまう
  • スピードを売り文句に手数料が異常に高い(相場は最大でも25%)
  • 良いことしか言わない(即日や翌日決済!秘密厳守で極秘裏に!等)
  • リスクの説明がない
  • 公的な契約書が発行されない
  • 本社が存在しない(所在地がマンション、など)

ちょっと調べればわかるようなことばかりですが、意外にも調べずに引渡しをしてしまう場合もあるようです…。

そもそも、必要書類がなければ公的な契約は結べませんので、書類なしで契約書を交わそうとする業者はすべて悪徳と判断できます!

*当サイトでご紹介している会社に関しては、私が調査をしておりますので悪徳業者はおりません

*必要書類に関しては[5]の項でお話しします

 

4.査定額を検討

3a51ee0bb389119582d616eb41ac2d24

ファクタリングの査定では、一貫した手数料金額というものが存在しません。

それは、先ほどもご紹介した通りで…

  • 売掛先の経営状況に依存
  • 直近の支払い状況に依存
  • 売主から提示された債券が数社の場合、交渉により決定

このような不確定要素が多いためです。

つまり、「すべてオーダーメイドで査定」ということになりますから、銀行系含め、各ファクターからの手数料に関する明示された情報は基本的にはありません。

*例外的に、各企業ごとの取引実績欄に割引額として出ている場合もありますが、あまり参考にはならないです。

 

ですが、“相場”はありますから、まずはファクタリングを実行するにあたっての相場観を養っていきましょう。

 

多くの企業では2つの費用がかかります。

その2つが“掛け目”“手数料”です。

手数料の相場

手数料とは、掛け目とは別にかかるものであり、「買取手数料」です。

1%〜と、少ないのが相場です。

また、掛け目の中に含まれており、『手数料』としての項目が盛り込まれていない、という企業も少なくありません。

古本を売るのに、別途「買取手数料」を取る古本屋はなかなかないですよね?

それと同じようなものと考えていただいて結構です。

 

掛け目の相場

掛け目は債券満額の80%〜95%が相場であり、株式証券売却(80%〜90%)や不動産(評価額の80%)と比較すると安価であると言えます。

さらに、手形も取り扱っている方も多いかと思いますが、手形と比較するとかなり割安です。

変動率が大きいので、なかなか実数が見えてこない部分ではありますが、要因としては売掛金取引先の属性や支払い経歴によるものが大きいです。

銀行の融資付けと似たような感覚ですが、決定的に違うのは貴社の遍歴などは特に問題ではないということ。

また、現金化のスピードと手数料は比例している場合が多く…

  • 現金化のスピードが速いと、手数料が高く
  • 現金化のスピードが遅いと、手数料が安い

という場合が多いです。

が、こちらも一概には言えず、早くて安い場合もあります。

例えば、持ち込んだ債券がファクターの得意分野の業種である場合がそうです。

建設系や運送系、金融系や、製造系など、持ち込まれる債券の業種は様々ですが、取引実績が多いファクターに持ち込むことが定石とされています。

 

それから、掛け目が変わるもう一つの要因として、取引の種類に依存します。

企業によっては2社間取引と3社間取引を選択するからです。

  • 2社間取引=高い
  • 3社間取引=安い

というのが基本です。

各取引方法に関してはこちらの記事で解説しています。

 

こちらの相場を目安に、提示された査定額が少なければ、改めて交渉するようにしましょう。

 

5.必要書類を集めて実行

ファクタリング実行のための必要書類は以下の通りです。

実際にファクターが決まってからは、ファクターからのサポートを受けながらの書類集めをすることになりますので、それほど苦とはなりません。

  • 商業登記簿謄本
  • 決算書もしくは確定申告書
  • 売掛先との契約資料
  • 売掛先からの支払い経歴がわかる資料

必要書類が揃えば、あとは契約をして債券を引渡すのみです。

2社間取引を選択された方に関しては、取引先への回収作業や、ファクタリング会社への振り込みが必要です。

*当然ですが、ここで不渡りを起こすと契約違反となります。

 

まとめ

長くなってしまいましたが、今回はファクタリングを検討してからの流れについて記事にしました。

いかがだったでしょう?

手順自体はとてもシンプルなものなので、この記事を一度読んでいただければ「あ、こんなものか」とご納得いただけると思います。

現物売りですので、意外にもあっさりと契約も済ませることができますし、資金繰りできる金額も数十万円〜数千万円と幅広く用途に応じた使い方ができるのがファクタリングです。

ぜひ、ご自身の経営状況に合わせて使いこなしてください^^

 

▼当サイトからあなたにおすすめのファクター比較サイト▼

スクリーンショット 2016-02-29 23.03.19

*資金調達プロでファクターの査定を比較する*

 

▼こちらの記事もオススメです▼
http://factoring-pro.info/post-23/

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!