Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

金利なしで数百万円〜の資金調達ができる方法をご存知ですか?

中小企業を経営していると、資金繰りの必要性に迫られることは珍しいことではありません。

私自身も資金繰りには長期間苦しめられた経験があります。

しかし、うまく資金調達できるかどうか?は、経営者の手腕そのものと言えます。あなたが会社で尊敬される社長となるためには、資金繰りなんて「サクッ」と済ませてしまうことでしょう。

この記事では、金利なしで数百万円〜の資金調達をする手法を伝授します。

※一応、言っておきますが、もちろん合法です。

ファクタリングなら金利なしで資金調達ができる

結論から言うと、金利なしで数百万円の資金調達ができる手法というのは、「ファクタリング」という売掛債権を利用した資金調達です。

あなたはファクタリングのことをどれくらいご存知でしょうか?

実は、この米国発の売掛債権流動化(=ファクタリング)というシステムが日本に入ってきて、もう30年ほどが経過しようとしています。

 日本でなかなか広がらない理由は2つあります

  • 手形取引が主流だったため
  • でんさい(=電子記録債権)を国が押したため

手形取引が主流になった

昭和の時代、日本がモノづくりで活性化されていた頃、中小企業はとても元気で、その言葉通り「日本を支える存在」でした。

その中小企業経営者の中で、頻繁に取引されていたのが『手形』だったということ。

大企業と中小企業の取引も手形が当たり前な時代でしたから、キャッシュフローも手形サイトを見越したものが普通でした。

金融機関も、それに合わせてどんどん融資を付けていた時代ですね。

キャッシュが回っていた時代はどんどん手形を発行していたのですが、景気の低下とともに、だんだんと経理がシビアになってくる中小企業が出てきました。手形に関わる「経費(印紙代など)」が、とても効率が良くないことに皆が気づき始めたのです。

でんさいを国が押した

手形に代わるシステムとして、でんさいがあります。
⇨ 参考:でんさい(電子記録債権)とファクタリングの違いは?仕組みを解説

これは、「売掛金に対して、保証会社を入れて取りっぱぐれを防ぐ」というと、分かりやすいかと思います。

経理システムそのものを導入するので、会社の初期では対応できる人材が必要であったり、会計処理にミスが出たりと問題もあるようですが、売掛サイトが長い傾向がある業種などでは重宝されているシステムです。

発祥地の米国では頻繁に活用されているファクタリングですが、日本では独自の債権取引によって知名度が低いと言えるでしょう。

ファクタリングのシステムとは

それでは、ファクタリングのシステムについて解説していきます。

電子記録債権システムを導入して、毎月の売掛金を確実に現金化することを目的とした「でんさい」に対して、ファクタリングは「単発」の売掛債権の売却と言えます。

ファクタリング会社へ申し込み(審査・査定)をすることで、あなたの会社が保有する売掛金をいくらで買い取ってもらえるのか?の見積もりが出てきます。

民間のファクタリング会社であれば、手数料は5%〜15%というところです。

手数料に差が出るのは、売掛債権の信用度や各ファクタリング会社が得意とする債権の業種があるからです。

つまり、あなたの売掛金を一番高く売りたければ・・・

  • 信用度の高い売掛債権を持ち込む
  • その業種を得意とするファクタリング会社へ持ち込む

この2点を押さえておく事が大切です。

売掛債権を「現物」として売却するため、あなたの会社の信用度は度外視される傾向が強く、創業間もない会社で追加融資などが難しい場合でも、資金調達をすることが可能です。

それから、貸金業ではありませんから、金利も発生しません。

融資などの貸金の場合は、最初に資金調達をしてから「金利」 という形で「手数料」を支払っていくシステムですが、ファクタリングは自宅にある古本を売るように、「新品と中古の差額手数料」が発生すると考えると分かりやすいでしょう。

売掛金100万円 手数料5%の場合

例えば、あなたが100万円の売掛債権を保有していたとします。

通常の売掛サイトを待てば、100万円全額があなたの会社へ入金されます。

ですが、早く資金化したい場合(資金調達が必要な場合)にファクタリングを活用したいと、この100万円分の売掛債権をファクタリング会社に持ち込みます。

手数料は100万円の5%ですから、5万円です。

5万円はファクタリング会社の利益となりますが、残りの95万円は最短即日〜長くても2日ほどであなたの手元へキャッシュ化されるということです。

高値で売るためにはファクタリング会社選びが重要

上述したように、あなたの売掛債権をなるべく高値で売却するためには、業種がマッチしたファクタリング会社を選定する必要があります。

銀行系ファクタリング会社を利用してもいいですが、銀行系は「信用情報」と直結していますので注意が必要です。

民間のファクタリング会社を選ぶ場合には、当サイト管理人である私が独自調査した「本当にお勧めできるファクタリング会社ランキング」を利用してみてください。

情報収集の手間が省けます。

当サイト管理人である私タナカが、民間のファクタリング会社を独自調査し続けています。

あなたの会社の売掛金を一番高値買取するファクタリング会社はどこでしょうか?

⇨ 厳選!信頼できるファクタリング会社を一覧でランキング

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!