【お知らせ】サイトをリニューアルしました

管理人のタナカです。

今年に入ってからどういうわけか、当サイトへの問い合わせが急激に増えました。

昨年、年初にスタートしたばかりのサイトですが、1年経ってみなさまのお役に立てているコンテンツもあるようで、少しだけ「やった甲斐があったな」と胸をなでおろしています。

ありがたいことに、たくさんの反響と質問も頂いておりますので、私に答えることができる質問に関しては、返信を返していくように致します。少しお時間を頂くかと思いますが、コメントも質問も目を通していますので、しばらくお待ち下さい。

当サイト「ファクタリング研究所」は、管理人の私タナカがかつて自分自身が苦労した資金繰りの辛さから解放されるために実践した手法を元に、現代でも同じように苦しみを抱えていらっしゃる中小企業の経営者の方向けにコンテンツを作成しています。

資金繰りというものは、本当に面倒で、億劫で、なんとも身のないものに思えます。

ですが、私は20代でその苦しみを経験したからこそわかる、苦悩とノウハウがあります。

そのノウハウが少しでも同じ苦悩の渦中にいらっしゃる経営者の方へ届けば・・・という思いで書いています。

前置きが長くなってしまいましたが、前々から告知していたサイトリニューアルをようやくやり遂げることができました。

私自身、サイト運営はずぶの素人ですが、周囲の助けを借りてどうにかこうにか運営をしています。

記事に関しても、一度書いただけでは納得がいかず、何度もなんども編集をしてようやく伝えたいことに近い記事になっています。

ですから、最近のメディアサイトのように、頻繁に更新をすることはできませんが、過去記事に関しても見る度に内容が充実する「味わい深い記事」に仕上げることを念頭に置いています。

いわゆる、「スルメコンテンツ」ですね。

ファクタリングは、現在日本国内での浸透はイマイチです。

それは、私が実際に取り組みをした10年前から横ばいで、一気に広まりを見せたビジネス大国アメリカとは大違いです。

ややこしいことに、ファクタリングと似たシステムを使った「でんさい(電子記録債権)」なども存在し、こちらの方が国を挙げての取り組みなので、後出しながら先に広まって浸透してしまいました。

一方、ファクタリングは?というと、それ以降も全く広がりを見せずに、放置状態が続いています。

そして、世間的には、「早い資金繰り」「最短即日資金調達」「追加融資が否決でもOK」などの触れ込みでしか認知されていないのが現状ではないでしょうか?

しかし、会社のキャッシュフローや経営の総合コンサルを生業としている私から見ると、ファクタリングのシステムそのものは、まだまだ無限の可能性を持っています。

売掛債権を物品としての売却ができるというシステムですから、掛け目(手数料)こそかかるものの、実は、会社のキャッシュフローという観点から見ると、融資よりも優秀な面があります。

その「ファクタリングの優位性」を伝えるべく、今年はさらにサイトにも磨きをかけて発信して参りますので、どうぞみなさまよろしくお願いします。

ファクタリング研究所

管理人 タナカ ヒトシ

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!