Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

厳しい資金繰りを乗り切るための全手法を詳しく解説!

資金繰りが厳しくなってきた時の経営者に掛かる重圧は物凄いものです。

それは、管理人である私タナカも中小企業経営者の一人ですから、痛感しています。

資金繰りをうまく回すための心得として、知っておきたいことは3つあります。

資金繰りの3つの心得

  1. 多くの資金繰りの方法を持っていること
  2. キャッシュ・フロー経営を意識すること
  3. 各方法を上手に活用できるノウハウを身につけていること

このページでは、資金繰りが厳しい中でも、効果的に資金を回す方法について解説しています。

厳しい資金繰りを切り抜ける方法

会社の資金(キャッシュ)が少なくなった時こそ、経営者の腕の見せ所です。

資金調達の方法として考えられる手法は以下です。

考えられる資金調達の方法など

  1. 金融機関からの融資 (都市銀/地銀/ノンバンクなど)
  2. 売掛金の早期回収 (資金調達コンサル/ファクタリングなど)
  3. 手形取引 (割引/裏書など)
  4. 既存加入保険の解約
  5. 事業用ビジネスローン
  6. 個人カードローン(キャッシング)など

一般的に、下に行くほど資金調達後の危険度は増します。

ですが、火急の資金繰りの場合は、手段を選ばず『なんとか現金を手元に捻出しなければ!』という一心で走ってしまう経営者の方が多いのも事実です。

① 金融機関からの融資 (都市銀/地銀/ノンバンクなど)

経営者であれば、まずは銀行融資での資金調達を考えることでしょう。

取引銀行(メインバンク/サブバンク)などに、まだ融資枠の余裕がある場合は検討しましょう。

しかし、資金繰りに行き詰まった企業の多くは、「債務超過」「赤字決済」「税金滞納」「リスケ中」などの理由で追加融資を受けることができない場合が多く、その場合は、むやみに取引のない金融機関に融資打診を申し込むことは避けましょう。

銀行などの金融機関は、「信用情報(CIC/全銀協など)」を共有しており、ムダな打診を繰り返してしまうと一発で信用情報に載ります。つまり、“うちの会社は資金に困窮しています”と自ら公表していることになるのです。

② 売掛金の早期回収 (資金調達コンサル/ファクタリングなど)

自社の売上である売掛金を早期に回収することができれば、資金繰りはいくらも楽になります。

早期回収の際に考えられる手段としては2つの方法があります。

売掛金を早期回収するための手段

  1. 資金調達コンサルタントに相談する (手数料相場:5万円〜10万円程度)
  2. ファクタリングサービスを利用する (手数料相場:売掛金の5%〜15%程度)

資金調達コンサルタントというのは、貴社のように資金繰りに困窮した企業に対して、どんな方法で資金調達することが適切か を、プロの目で診断してくれるコンサルタントのことです。

もちろん、プロに依頼するわけですから、費用はかかります。しかし、多くの場合、決算書やバランスシートなどの情報から、会社の資金繰りの“ガン”になっている部分を見つけ出してくれるので、長期的に見ると受けておくことがオススメです。

※後述しますが、資金繰りに困窮する会社の多くは、目先の資金難よりも、もっと根本的な部分を解決しなければならない場合が多いのです。

*******

ファクタリングサービスとは、手持ちの売掛金を売却することにより、先々入金予定だった資金(売上金)を早期に回収するシステムです。

資金調達の手法である「ファクタリング」とは、和訳すると「債権流動化」= 期日まで固まった 売掛金を早期に現金化できるシステム です。

しかも、融資ではないので、税金の延滞があっても、返済の遅延があっても、創業3年以内でも、取引することが可能です。

継続的に利用することができますから、段階的に自社の資金繰りを改善していくことが可能で、慢性的な資金難に悩まされている経営者の味方になります。

総合的な資金調達コンサルと共に面倒を見てくれる大手のファクタリング会社は「ビートレーディング社」で、多くの経営者が半年〜1年程度で資金繰りを改善させています。

株式会社 ビートレーディング
トータルバランス型。
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、トータルで自社の資金繰りを改善させたいのなら、ココが正解です。

ビートレってどんな会社? 無料見積もり依頼はこちら

 

③ 手形取引 (割引/裏書など)

手形取引は、自社が保有する手形を使って、資金調達する方法です。

考えられる資金調達法としては、以下の3つが代表的ですが、その実、お勧めはできません。

手形を使った3つの資金調達法

  1. 裏書手形
  2. 手形割引
  3. 融通手形

手形を使った資金調達法や、手形を受け取った時の対策法についてはこちらのページで詳しくまとめていますので、ご参照願います。

ここで簡単に解説しますと…。

「裏書手形」は、取引先へ現金の代わりに自社が受け取っている受取手形を支払手形として流用する手法です。※手形が現金に比べて取り回しにくいことは取引先でも同じことですので、嫌な顔をされることは覚悟しておきましょう。

「手形割引」は、手形を担保にして金融機関からの融資を受ける方法です。一般的に、手数料(利息)は割高で、先述したファクタリングと比較すると利用価値は低く、償還請求付きです。

「融通手形」は、資金難の経営者どうしが結託して行うことが多い“仲間内で行う手形流用法”です。こちらの記事にて詳しく解説していますが、融通手形は倒産に直結しますので、絶対に行わないようにしてください。

④ 加入している保険の解約

保険の解約は、いよいよ資金繰りに困窮した場合に活用したい方法です。

こちらについても詳しくまとめたページがありますが、経営者ご自身の積立型生命保険や、配偶者などが加入している返戻金付きの保険などを解約することによる資金調達です。

ここで注意していただきたいのは、やはり“解約しなければならない場面まで追い込まれているのか”ということです。

金融機関融資以外にも、優秀な資金調達法は多々ありますから、これまでメリットを感じて貯蓄型の生命保険に加入していたにも関わらず、解約してしまうのは塾考が必要です。

⑤ 事業用ビジネスローン

事業用ビジネスローンの借り入れは、一般のビジネスローンと比較すると、とても容易に承認が降りますし、着金までのスピードが早いです。

しかし、その分リスクは多大で、最大のリスクはその高金利にあります。

一度、ビジネスローンに手を出してしまうと、返済に苦悩し、経営を傾かせてしまう会社が多数です。何よりも、ビジネスローンを利用し、経営を回復させた経営者を私は知りません。

⑥ 個人カードローン(キャッシング)など

手を出してはならないビジネスローンよりも、さらに危険度を増すのが個人のクレジットカードなどでのキャッシングを事業資金に転用するやり方です。

多くの場合、会社で借りた資金は、会社名義の借金であり、社長本人のものではありません。(保証人として加入している場合もありますが、会社資金名目で借りた巨額の資金を個人である社長自身が返済できる可能性は低く、そのことは金融機関側も周知です)

本来、会社資金として借り入れしなければならない場面で、個人の借金に手を出してしまうと、その債務は全て社長に降りかかります。

ここでハッキリ言います。

キャッシングするくらいまで追い詰められているのであれば、会社をたたみましょう。

そもそも資金調達に行き詰まる理由とは

ここで、根本の問題を振り返ってみましょう。
そもそも、会社が資金調達に行き詰まる原因とは何でしょう。

その原因の最大の理由は、自社の将来的キャッシュフローが見えていないということが挙げられます。これは、私がコンサルをした多くの資金難に陥っている中小企業に共通することです。

根本を改善したければ、一度、自社のキャッシュ・フローと真剣に向き合ってみる覚悟が必要です。当研究所では、そのマニュアルを用意していますから、この資金繰りが解決されたら腰を据えて学んでみてください。参考:【保存版】キャッシュフロー計算書の作成方法〜活用法までを徹底解説!

ファクタリング研究所一押しの打開策ファクタリング

もちろん、当ファクタリング研究所が推奨するのは、ファクタリングによる資金調達です。

ファクタリングは、今では国が推奨する資金調達法のひとつで、その会計処理方法や長期的キャッシュ・フローの面から見て、会社の資金衛生上でも、とても優れた資金調達手法と言えます。

ファクタリング会社選びの重要ポイント

ファクタリング会社を選ぶときには、大きく3つのポイントがあります。

会社選びの重要ポイント

  1. 信頼性(経験/実績)
  2. 明確な手数料表記
  3. 契約〜入金までのスピード

あなたの会社が保有している売掛金を売りに出す場合、なるべく高い金額で買い取ってくれるファクタリング会社を選ぶべきです。

“たまたま”あなたが選択したファクタリング会社とあなたの振り出した売掛債権との相性がいい場合もありますが、それでは「賭け」です。

ファクタリングというのは、例えば古本を売るように「売掛債権の現物売り」という感覚です。確実性もあり、即金性の高い手法ですから、幾つかのファクタリング会社に査定を出してみて査定額を比較することを強くお勧めします。

最大のコツは『契約内容を明確に説明してくれる誠実さを持ったファクタリング会社』を選ぶようにすることです。

優良ファクタリング会社は多数ありますから、少しでも“怪しい”と感じたなら取引をする必要はありません。

ファクタリング研究所一押しは三共サービス社

当研究所では、これまでに100社以上の民間ファクタリング会社を独自調査してきました。

その中で、会社規模・経営実績・手数料・スピードなどの重要チェック項目をパスし、ダントツの評価を得ているのが、三共サービス社です。

全国対応で、出張費や諸経費を含めたとしても、最終的に他社よりも手数料が安くなる可能性が非常に高いファクタリング会社です。

株式会社 三共サービス
業界最安値更新中!!
なんと!手数料1.5%〜という他では絶対にないレベルの手数料の低さ!
独自調査&取材の結果、充分に信頼できる優良企業であると認定。『三共さんって手数料お安いですよね?なぜ?』と伺うと、担当高木さんは「そうですか?他社が取りすぎなんだと思いますよ(笑)」という余裕っぷり。 手数料の安さで選ぶなら間違いなく「三共サービス」です。
総合評価 口コミ評価 4.11
総合1位獲得!
手数料手数料 1.5%〜
– 業界最安値 –
スピード最短2日〜
取扱債権業種【建築業】【広告代理店】
【印刷業】

【小売業】【卸売業】
他多数 、要問合せ
対応エリア全国
遠方の場合は電話応対の後、FAXなどで書類提出
拠点東京本社
東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル3F
取引形態2社間取引/3社間取引
公式ページhttp://sankyo-fs.jp/

詳細記事はこちら お問い合わせ(無料査定)