ファクタリングを徹底解説!なるべく簡単にわかりやすく

資金調達をお考えの経営者の方でも、ファクタリングという言葉を初めて耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「知ってるよ!」という方も、本当に深く理解しておられますか?

資金繰りの手法のひとつであるファクタリングですが、発信地である米国に比べて、日本では上陸から30年余りという歴史の割に全然浸透しないシステムですから、馴染みが浅いのも当然かと思います。

ファクタリングについて、その仕組みやメリット・デメリット、ウマい活用術を解説します。

ファクタリングとは?をわかりやすく!

ファクタリング = 売掛債権流動化

ファクタリングとは売掛金を売却して早期に資金化するシステムです。

通常、自社が保有する売掛金は「清算日」が来なければ、単なる紙切れです。売上ではありますが、資金として利用することはできません。

ファクタリングを使えば、入金が2〜3ヶ月先の売掛金でも早期資金化することが可能です。

ファクタリングの利用条件は・・・

  1. 請求書発行済みの売掛金を持っていること
  2. ファクタリング会社を仲介すること

この2点だけです。

物品と同じようにして売却することが可能ですから、掛目(手数料)はかかるものの、1日〜3日程度で数百万円〜のまとまった資金を“ほぼ確実に”手に入れることができる資金繰りの手法です。

ファクタリングの手数料について

ファクタリングの手数料相場
ファクター系統 手数料
(事務手数料/掛け目)
取引形態
銀行系ファクタリング 1.5%〜3.0% 3社間取引
民間ファクタリング会社 1.5%〜15% 2社間/3社間取引

ファクタリングは売り切り型の手数料表記です。※貸金ではないので、年利や利率などはありません。

ファクタリングの2種類の取引形態


取引先に“売掛金売った”なんてことがバレたら信用問題になるんだけど…?

安心してください!「2社間取引」という取引形態で解決することができます。

2社間取引と3社間取引の違い
取引形態 取引先への通知 売掛金回収方法 手数料
2社間取引 通知しない 通常通り自社にて回収
3社間取引 通知する ファクターが間に入って回収

2社間取引の方が割高にはなりますが、民間ファクタリング会社では取引先へ通知の義務がない2社間取引が人気です。

ファクタリングのメリット

メリットとして、売掛債権をスピーディーに(即日〜3日ほどで)現金化できますから、資金繰りに行き詰まった経営者の方々に重宝がられています。また、現金化と同時に、リスクヘッジとキャッシュフロー改善の推進などに役立ちます。

 ファクタリングのメリット一覧

  • 最短1日で数百万円以上の着金可能
  • 融資よりも確実性が高い
  • 手数料が安い(融資や手形割引と比較して)
  • 「借り入れ」ではないのでキャッシュフローが改善する
  • もちろん、担保・保証人不要
  • 赤字決済、リスケ中でも利用可能
  • 取引先に知られずに資金調達できる
  • 会社設立3年未満でも資金調達可能

ファクタリング会社の有名どころは、大手都市銀行系の6社ですが、注意していただきたいのは、銀行にファクタリングの申し込みの打診を悟られると、「この会社は資金調達が必要な会社なのかな?」と、不必要な勘ぐりを入れられる可能性もありますので、タイミングや伝え方には十分な注意が必要です。

あまりにも露骨に、融資の打診が否決になった直後にファクタリングの申し込みを入れるなど、強引な手続きをしてしまうと、金融機関に対する心証も傷つけてしまいます。

この解決策として、銀行系ではなく民間のファクタリング会社を利用することが挙げられます。

民間ファクタリング会社の有名どころ6社

  • ビートレーディング
  • JTC
  • 三共サービス
  • ファクタリング東京
  • トラストゲートウェイ
  • トップマネジメント
民間ファクター調査結果一覧表
会社名 信頼性 手数料 最短入金日
(スピード)
得意業種 拠点 対応エリア
三共サービス ★★★★ 1.5%〜 最短2日〜 【建築】
【卸売】
東京 全国
ビートレーディング ★★★★ 10%〜
コミコミ
最短即日 【建築】
【運送】
【個人事業主】
東京本社
福岡支社
全国
JTC ★★★★ 2.0%〜 最短即日 【建築】
【製造】
【運送】
名古屋 全国
ファクタリング東京 ★★★ 15%〜 最短即日 【広告代理店】
【介護】
東京 全国
トラストゲートウェイ ★★★  3%〜 最短即日 【建築】
【小売】
【サービス業】
福岡 九州エリア
トップマネジメント ★★ 15%〜 最短即日 【個人事業主】
【建築】
東京 全国

➡︎比較表を拡大画像で見る

ファクタリングは融資ではない理由


金融機関から追加融資を断られたからファクタリングを検討しています!(急ぎで)

経営者の方から、こんなご意見をいただきますが、ファクタリングは融資とは全く属性が異なりますから借入ではありません(ここはよく勘違いされやすい部分です)

売掛債券を現物として売買するという仕組みになりますので、融資付けのように金融機関からの信用情報を参考にされることもありませんし、あなたの会社の業績、決済状況などは一切無関係のシステムです。

  融資 ファクタリング
形式 金銭の貸借 売掛債権の売買
手数料(金利) 年15%以下
(100万円以上の場合)
買取金額の1.5%〜15%程度
掛目 100% 80〜95%
審査対象 主に融資を受ける会社の信用力 主に売掛先の信用力
調達可能金額 評価によって変動 売掛金の範囲内
リスク ・売掛先が破綻した時の責任を負う
・償還請求権がある
・売掛先が破綻した時の責任を負わない
・償還請求権がない

さらに、手形割引などと比較しても「償還請求」がありません(ノンリコース)ので、つまり「返済義務」が発生しないことになります。

手持ちの売掛金を早期にキャッシュ化できるシステム

「なるべくわかりやすく伝える」とお伝えしているにも関わらず、専門的な言葉が多いですので、一つ例として古本の話をあげたいと思います▼

 

例えば、家にある古本を売りたいと考えたとします。

Aさんは、自宅に溜まった書籍を一度整理したいと思い、古本屋さんへ持って行ってみることにしました。その時点では、「定価1500円」と本の裏に記載されてあるだけで、その古本が現時点でどのくらいの価値があるのかわかりませんが、とりあえず古本屋さんに持ち込んで査定をしてもらいます。

結果、定価の半額で売却することができました。

 

  • 定価=1500円
  • 査定額=750円(50%)
  • 売却益=750円

 

極端に言うと、ファクタリングもこれと同じです。

ですが、売掛債権は回収まで自社でそのまま持っていれば、100%の回収が見込めるものですが、ファクタリングを利用すれば掛け目として80〜95%(手数料=5〜20%)の費用が掛かります。

この手数料を支払う代わりに、売り手側は最短即日で資金化し手元に現金を回収できるということです。しっかりと費用対効果が取れると判断した時には利用しましょう。

上述した通り、他の資金調達よりも優秀なのはスピードと確実性。

時間が掛かる上に審査が不確実な銀行融資や、現金化までに数ヶ月掛かる約束手形などと比べると、数百万〜数千万円の資金調達の手法としては、これほど確実で素早いシステムは他にはありません。

資金不足の企業の悩み

大企業のように資本体力がない中小企業にとって、急務な資金繰りのタイミングはつきものです。事前に把握できたとしても手元にキャッシュがなければ同じことなのです。


早期資金繰りが必要!

売掛債権を現金化したい!

売掛債権サイトを短くしたい!

バランスシートをスリム化したい!

上記のような会社経営の悩みがあるのであれば、ファクタリングを検討するには充分な理由です。私の場合もそうでしたが、ファクタリングすることで確実に会社のキャッシュフローは改善されます。

不渡り債券のみを現金化したい場合


売掛債権を買ってくれるなら不渡り債券のみを現金化したい!

どうせ売るなら、支払いが滞りがちなあの債権だな・・・と目をつけるかもしれませんが、当然ファクターは債券の市場価値を充分に吟味した上で買取額を決定してきます。あなたの会社の不良債権となっている売掛債権を売却しようと思っても、なかなかそうはいきません。

古本で言うならば、「破れ」「コーヒーのシミ」が着いた古本に高値がつかないのと同じことです。

今の所、こう言った不良債券を高値で売却をしたい時に有効な手法は、優良債券と不良債券を掛け合わせた形で交渉することです。

具体的に言うと、不良債券は買取不可…もしくは掛け目が70%程度まで落とされた状態での買取を持ちかけられるでしょうから、あなたの会社が持っている優良債券100万円分を天秤にかけることによって、全体で85%くらいの掛け目まで押し上げれる可能性がある、といった具合です。

ファクタリング研究所がおすすめする優良企業

ファクタリングで資金繰りを検討する中小企業経営者にとって、何を重視してファクタリング会社を選べばいいのか?

サービス業のファクター選びのポイント

  1. 豊富な取引経験
  2. 資金化までのスピード
  3. 明瞭な手数料の提示
  4. 信頼性

以上、4点です。

取引経験が少なければ手数料が割高になる傾向があります。そして、審査時間も取られますから、スピードにも影響してきます。

スピードは重要です。着金スピードが遅く、受注したい案件が流れてしまっては本末転倒です。

手数料に関して、民間のファクタリング会社では事前に明記していない会社も多いですが、しっかりと明記されている会社を選びましょう。稀に「契約寸前になって説明になかった手数料名目が入っていた」などの報告を聞きます。スムーズに資金調達するためには事前の情報公開が大切です。

そして、それら全てを含めた「信頼性」が大切です。信頼できない会社とは取引を避けるべきです。信頼度の高いファクタリング会社を選べば、今後、同じような資金調達が必要な場面が来たときに繰り返し利用することができます。

上記全てをクリアしている当研究所おすすめ優良ファクタリング会社はビートレーディングです。これまでに80社以上の民間ファクタリング会社を独自調査している当研究所内のランキングで、より幅広い売掛債権の買取が可能な会社です。

株式会社ビートレーディング
バランス型で安定のトータルサポートで信頼度No.1!
『買い取れない業種はない!』という程の取扱業種の幅広さと、誠実で人間味のあるファクタリングが魅力!
ファクタリング以外にも、総合的な資金調達の相談ができることで、あなたの会社のキャッシュフローの根本的な改善に繋げることができます。信頼と実績に裏打ちされた驚異のリピート率を誇るサービス精神溢れるファクターです。
目先の手数料だけではなく、根本から自社の資金繰りを改善させたいのなら、ビートレが正解です。
総合評価 口コミ評価 3.99
手数料 3.0%〜15%
(掛目・事務手数料コミコミ) 
スピード 最短即日着金可能
300万円以下の取引だとスムーズ 
取扱債権業種 【建築業】【運送業】【サービス業】
【小売業】【卸業】【製造業】
【人材業】【個人事業主】
他、取扱業種多数(要相談) 
対応エリア 全国
拠点 東京本社
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F
福岡支社
福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33
はかた近代ビル8階F号室
取引形態 2社間取引/3社間取引
公式ページ http://betrading.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料査定)

 

ビートレーディングを提案した時に、信頼性はともかく手数料が高いと言う声がないこともありません。

そんな方は、当研究所内のランキングで総合評価1位+業界最安手数料の栄冠を持っている「三共サービス社」に相談してみてはいかがでしょう。

審査は決して緩くはありませんが、通った場合は最安で資金調達可能です。

※確実性を取るために、今の段階でビートレーディング社と三共サービス社の2社に見積請求しておくことをお勧めいたします。

株式会社 三共サービス
業界最安値更新中!!
なんと!手数料1.5%〜という他では絶対にないレベルの手数料の低さ!
独自調査&取材の結果、充分に信頼できる優良企業であると認定。『三共さんって手数料お安いですよね?なぜ?』と伺うと、担当高木さんは「そうですか?他社が取りすぎなんだと思いますよ(笑)」という余裕っぷり。
手数料の安さで選ぶなら間違いなく「三共サービス」です。
総合評価 口コミ評価 4.51
総合1位獲得!
手数料 1.5%〜
– 業界最安値 –
スピード 最短2日〜
取扱債権業種 【建築業】【広告代理店】【印刷業】
【小売業】【卸売業】
他多数 、要問合せ
対応エリア 全国
遠方の場合は電話応対の後、FAXなどで書類提出
拠点 東京本社
東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル3F
取引形態 2社間取引/3社間取引
公式ページ http://sankyo-fs.jp/

独占取材記事はこちら お問い合わせ(無料見積)