Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
CATEGORY:資金調達の請求書類

資金調達の請求書類

資金調達の際に、金融機関から提出を求められる書類の代表的なものに「決算書」と「事業計画書」があります。

こちらの各ページでは、決算書・事業計画書のどの箇所を重点的に見られるのか?や、有利な書類として持ち込むための具体的な修正箇所、再検討箇所などを解説しています。

あまり見られたくはない書類であるからこそ、経営者が徹底的に把握していることが大切です。

順番に読み進めていただければ、中小企業にとって効果的な資金調達方法がわかりやすいでしょう。全て読めばそれなりのボリュームになりますから、ご自身の会社の現状にマッチしたページを単一でご覧いただいてもわかるように配慮し、記載しております。

各ページ内容をちょっとだけ・・・


金融機関からの融資を受ける際には、必ずと言って良いほど決算書の提出を求められます。しかし、中には決算書上の数値がよくないために「要注意先」のレッ...

金融機関からの融資を受ける際には、必ずと言って良いほど決算書の提出を求められます。しかし、中には決算書上の数値がよくないために「要注意先」のレッテルを貼られてしまう企業もあります。
当然、要注意先にカテゴリー分けされれば、融資を受けることも難しくなってしまうわけですが、金融機関に提出する前にある程度、こちらで決算書の数値を良くすることができます。
このページでは、決算書の企業格付けを上げる手法を伝授しています。

決算書上の企業格付けを上げる方法


決算書の中には、"御社の全て"が記載されています。 つまり、決算書の中身を完全に把握し、さらに、それらの数値をコントロールすることができれ...

決算書の中には、”御社の全て”が記載されています。
つまり、決算書の中身を完全に把握し、さらに、それらの数値をコントロールすることができれば、すなわち会社の資本や利益をもコントロール可能とも言えます。
このページでは、一見むずかしく思える決算書の中身について、図や表を多用しつつ、なるべくわかりやすく解説しています。

決算書内の重要箇所とは


中小企業が金融機関に融資の申込みをする際には、ほとんどのケースで決算書の提出を求められます。 決算書内の数値は、その会社の経営状況そのもの...

中小企業が金融機関に融資の申込みをする際には、ほとんどのケースで決算書の提出を求められます。
決算書内の数値は、その会社の経営状況そのものを物語っているからです。
しかし、いくら決算書良くても融資が否決になってしまう企業があることも、またその逆も然りです。
このページでは、融資申込み前に準備できる「決算書以外の有力資料の作り方」や、金融機関があなたの会社のどのようなポイントに注目しているかを解説しています。

決算書以外で重要ポイントは?


新規事業を起ち上げる際に、事業計画は必要です。それは、金融機関から融資を受けるために経営者のビジョンを示すものであり、最大の武器です。 そ...

新規事業を起ち上げる際に、事業計画は必要です。それは、金融機関から融資を受けるために経営者のビジョンを示すものであり、最大の武器です。
そして、何よりも事業計画を練っている最中に、経営者自身でも見えていなかった問題点をあぶり出すことにも使えますから、必ず事業計画書は作成するようにしましょう。
このページでは、事業計画の必要性や、事業計画書の有効な使い方を解説しています。

新規事業起ち上げに事業計画は不可欠!?


事業計画書が必要な理由は前回の記事でお伝えしましたが、実際に事業計画書を作成するとなると、手が止まってしまう経営者の方も少なくありません。 ...

実際に事業計画書を作成するとなると、手が止まってしまう経営者の方も少なくありません。
このページでは、事業計画書を作成するときのポイントと手順を「既存事業の場合」「新規事業の場合」それぞれのケース別に解説しています。

事業計画書作成の手順と重要ポイント


普段取引のない金融機関へ"飛び込み"で融資の申し入れに行った場合、そう簡単に許諾されるものではありません。しかし、資金繰りの必要があるから申し入...

普段取引のない金融機関へ”飛び込み”で融資の申し入れに行った場合、そう簡単に許諾されるものではありません。しかし、資金繰りの必要があるから申し入れをしているわけです。
新規の金融機関に融資申し入れをする場合には、税理士・会計士などの専門家からの推薦状などがあると、金融機関側も格段に受け入れやすくなります。
このページでは、専門家からの推薦状を貰うメリットや、推薦状があると優遇を受けることができる融資商品などについて解説しています。

税理士などの専門家からの推薦状


ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!