Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
CATEGORY:資金調達【実務編】

中小零細企業の資金繰り|窮地に追い込まれてもまだまだ手はある!資金調達[実務編]

金融機関からの資金調達をテーマに基礎的な部分を、こちらの[基本編]シリーズで解説してきました。

こちらでは、さらに具体的な資金調達をケース別・具体例を元に解説しています。

順番に読み進めていただければ、中小企業にとって効果的な資金調達方法がわかりやすいでしょう。全て読めばそれなりのボリュームになりますから、ご自身の会社の現状にマッチしたページを単一でご覧いただいてもわかるように配慮し、記載しております。

各ページ内容をちょっとだけ・・・


銀行融資を検討する際に、連帯保証人を求められることは多々あります。しかし、現実に連帯保証人の準備ができない場合でも、事業そのものを諦めるわけには...

銀行融資を検討する際に、連帯保証人を求められることは多々あります。しかし、現実に連帯保証人の準備ができない場合でも、事業そのものを諦めるわけにはいきません。
このページでは、連帯保証人の準備ができなくとも、融資可決の可能性を最大限に引き出すポイントを解説しています。

連帯保証人がいないのですが


中小企業経営につきまとうものの一つに、急務の資金繰りがあります。 普段から資金不足やバランスシート上でのやり繰りに、いくら気をつけていても...

中小企業経営につきまとうものの一つに、急務の資金繰りがあります。
普段から資金不足やバランスシート上でのやり繰りに、いくら気をつけていても取引先の支払いの遅れや、突然の前借り請求などにより火急の資金繰りが必要になるのです。
しかし、資金繰りの度に担保を付けていたのでは、会社の財産は全て札付きになってしまいます。このページでは、無担保でも資金繰りができる方法、全4手を解説しています。

担保がないのですが 


中小企業経営をしていると、急場の資金繰りの必要性に迫られるタイミングがあります。 このページでは、黒字決算をしていても資金繰りが苦しい会社...

中小企業経営をしていると、急場の資金繰りの必要性に迫られるタイミングがあります。
このページでは、黒字決算をしていても資金繰りが苦しい会社の特徴とともに、その事業計画の見直し案や、金融機関側から見る決算書のポイントなどを解説しています。

黒字だが資金繰りが苦しい場合の対処法 


中小企業経営をしていると、赤字決算をすることもあるでしょう。 "ワケあり"の赤字決算かもしれませんし、経営不振により泣く泣くの赤字決算かも...

中小企業経営をしていると、赤字決算をすることもあるでしょう。
“ワケあり”の赤字決算かもしれませんし、経営不振により泣く泣くの赤字決算かもしれません。が、金融機関を使った資金繰りを検討する場合、赤字決算は会社の信用度に重い足かせを付けてきます。
このページでは、そんな赤字決算の会社が銀行に相手にされない時に、資金繰りをするための手法をまとめ、解説しています。

赤字で資金繰りが苦しいときの対処法 


キャッシュフロー経営をうまく回すほどに、対策が必要になってくるのは、節税策でしょう。 健全な経営をしつつも、賢く節税をしていく経営者はとて...

キャッシュフロー経営をうまく回すほどに、対策が必要になってくるのは、節税策でしょう。
健全な経営をしつつも、賢く節税をしていく経営者はとても多く、その中でも私が感心する「上手な回し方」は、効果的に融資を活用し、流用が効くキャッシュを手元に残し今後の経営に備えるという手法です。
このページでは、節税策を実施するための資金調達の手順について詳しく解説しています。

節税策を実施するための調達方法


具体的な資金調達の方法をケース別にお伝えているシリーズですが、赤字決算に悩まされている中小企業経営者の方は少なくはないでしょう。 赤字決済...

赤字決済をしていると、銀行融資を受けることが黒字決済の会社と比較して当然難しくなります。では、決算期をズラすことにより、黒字決算できるとしたら?
このページでは、現状では赤字決算の会社が決算時期を変更することによって、黒字決算が可能になり、そのことによって金融機関から資金調達可能かどうかの具体例を解説しています。

決算期変更して資金調達は可能か


製造業などの中小企業経営をしていると、大型の新設備導入の必要に迫られることがあります。 他社との差別化のためや、時代に応じた作業効率面であ...

製造業などの中小企業経営をしていると、大型の新設備導入の必要に迫られることがあります。
他社との差別化のためや、時代に応じた作業効率面であったり、導入理由は様々は背景がありますが、大型設備ともなると、その金額も数百万円〜数千万円と大きくなります。
このページでは、設備投資名目で資金調達する際の、金融機関の利用方法や返済期間の設定、融資が降りやすくなる事業計画書のポイントや設備の導入時期について解説しています。

設備投資の返済期間の効果的設定方法


開業資金や設備投資などで借り入れた融資金の利息が、利益を圧迫してしまうことがあります。キャッシュフロー経営を意識すればするほど金利というものは邪...

開業資金や設備投資などで借り入れた融資金の利息が、利益を圧迫してしまうことがあります。キャッシュフロー経営を意識すればするほど金利というものは邪魔なものです。
このページでは、既存の金融機関との金利交渉するための心得や、コツについて解説しています。

金利交渉はどうすればよいですか? 


中小企業経営をしていると、返済に行き詰まってしまうことがあります。 当然、銀行への返済は最優先事項ですし、放置すればそのまま倒産に直結しま...

中小企業経営をしていると、返済に行き詰まってしまうことがあります。
当然、銀行への返済は最優先事項ですし、放置すればそのまま倒産に直結します。
このページでは、「借り換え」と「リスケジュール」を比較しつつ、どちらの方が経営にとって優位な返済方法なのかを解説しています。

借り換えとリスケジュールを比較 


個人経営などの小規模事業の場合、顧問税理士などの専門家を利用することに戸惑う経営者も多いようです。 しかし、実は顧問税理士の仕事は確定申告...

個人経営などの小規模事業の場合、顧問税理士などの専門家を利用することに戸惑う経営者も多いようです。
しかし、実は顧問税理士の仕事は確定申告などの税務だけではなく、経営コンサルや銀行融資の打診資料の作成など幅広いのです。つまり、顧問税理士を付けることで経営の幅に広がりが出ます。
このページでは、顧問税理士を利用することによって得られるメリットを簡潔にまとめています。

税理士などの専門家の利用方法 


ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!