Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
CATEGORY:資金調達【基礎編】

【基礎編】各金融機関・公的機関からの資金調達を網羅!目次ページ

こちらのページでは、中小企業の資金調達の基礎編をまとめています。

中小・零細企業と金融機関の繋がり方や、運転資金・設備資金の借り方の基礎的な考え方。それから、各金融機関や公的機関を絡めた資金調達の方法などを各ページで詳細に解説しています。

順番に読み進めていただければ、中小企業にとって効果的な資金調達方法がわかりやすいでしょう。全て読めばそれなりのボリュームになりますから、ご自身の会社の現状にマッチしたページを単一でご覧いただいてもわかるように配慮し、記載しております。

各ページの内容をちょっとだけ・・・。


資金調達の必要がない経営者の方は、「借金は悪だ!」と銀行などの金融機関を嫌う傾向が強いですね。これまでにキャッシュで資金が回っているということが...

資金繰りというのは、何も“キャッシュが足りない時だけ”に必要なものではありません。中小企業が事業を拡大させるために、金融機関はなくてはならない存在ですから、最低限、関係性を構築する程度の付き合いは常にしておくべきです。

中小企業と金融機関のあり方


中小零細企業を経営していると、運転資金が不足し資金調達の必要に迫られることがあります。この記事へ辿り着いたあなたも、もしかして銀行へ駆け込む一歩...

運転資金とは何も「人件費」「家賃」などの固定費だけとは限りません。大口の案件を受注した際に、売掛清算よりも早く外注費の支払いがやってくることもあります。
このページでは、運転資金が不足して外部金融機関から補填しなければならない場合に、不足金の算出方法と、金融機関から融資を受けやすくするためのコツをお伝えしています。

運転資金の借り方


設備資金で融資を受けるためには、いくつかの重要ポイントがあります。 このページに辿り着いたあなたはきっと事業拡大のためや、新規事業立上げの...

運転資金と違い設備資金の融資を受ける際には、用途が明確である必要があります。
注意したい点は、過剰な見積もり予算によって余剰金を発生させないこと。※それにより粉飾扱いされてしまわないこと。
このページでは、設備資金借り入れの際に考えられる注意点や、融資を受けるための重要ポイントをまとめています。

設備資金の借り方


メインバンクの融資担当者とはうまく付き合っているでしょうか? このページに来たあなたはきっと、自社の経営のために銀行融資を利用しているもの...

自社の経営のために銀行融資を利用しているものの、日常的に銀行員とどのように付き合っていけばいいのか?を疑問に思っていらっしゃることでしょう。我々、中小企業経営者は資金繰りを銀行に100%頼ると痛い目を見ます。
このページでは、金融機関の融資担当者と日常的な付き合い方や、好印象を残しておくことによるメリットなどをまとめています。

金融機関との日常の付き合い方


日本政策金融公庫は、銀行などの民間金融機関と比べると融資条件(金利など)が緩和された金融機関と言えます。 このページでは、日本政策金融公庫...

日本政策金融公庫は、銀行などの民間金融機関と比べると融資条件(金利など)が緩和された金融機関と言えます。
このページでは、日本政策金融公庫から好条件で融資を引き出すための重要3ポイントを厳選してお伝えしています。融資申込前の参考にしてください。

日本政策金融公庫から資金調達するために


商工会議所の会員であれば、経営相談や融資の相談を持ち込むことができる窓口がありますね。 急務の資金繰りが必要になった際、銀行融資などよりも...

商工会議所の会員であれば、経営相談や融資の相談を持ち込むことができる窓口がありますね。急務の資金繰りが必要になった際、銀行融資などよりも先に検討してみると良いでしょう。このページでは、商工会議所で利用できる融資制度(特にマル経融資)についてまとめています。

商工会議所を利用した資金調達法(マル系融資)とは


銀行融資を申し込む際に、通常の連帯保証人や担保などを提示しても融資が降りないことがあります。 その際に有効とされるのが、「保証協会付き融資...

銀行融資を申し込む際に、通常の連帯保証人や担保などを提示しても融資が降りないことがあります。その際に有効とされるのが、「保証協会付き融資」です。
保証協会の利用方法や保証料などをまとめています。

保証協会付き融資とは


政府系金融機関である商工中金の比較的緩和された融資制度を受けたい経営者の方は多いはず。 このページでは、商工中金の融資を受けるための条件や...

政府系金融機関である商工中金の比較的緩和された融資制度を受けたい経営者の方は多いはず。このページでは、商工中金の融資を受けるための条件や、同じ政府系である日本政策公庫との使い分けなどを解説しています。

商工中金からの資金調達法


小規模事業主の方にとって、信用金庫・信用組合は心強い味方です。 しかし、小規模事業を展開している経営者の方に多く見られるのは、金融機関との...

小規模事業主の方にとって、信用金庫・信用組合は心強い味方です。しかし、小規模事業を展開している経営者の方に多く見られるのは、金融機関との継続した取引をしていなかったり、ギリギリまで資金繰りのことを後回しにしていたりします。
このページでは、そんな小規模事業を展開する上での信用金庫・信用組合の使い方や、資金繰りのタイミングなどを解説しています。

信用組合・信用金庫から調達するために


信用金庫からの資金調達をメインとしている経営者の方であれば、その金利の低さや担保不要融資などの好条件にメリットを感じていらっしゃることでしょう。...

信用金庫からの資金調達をメインとしている経営者の方であれば、その金利の低さや担保不要融資などの好条件にメリットを感じていらっしゃることでしょう。
このページでは、信用金庫ではなく、地方銀行から資金調達すべきケースとその活用法についてを初心者でもわかりやすく解説しています。

地方銀行から資金調達するために


中小企業が格式を得るために、メインバンクを都市銀行へと切り替えたいという要望を耳にすることがあります。 ちなみに、結論から言うと、中小零細...

中小企業が格式を得るために、メインバンクを都市銀行へと切り替えたいという要望を耳にすることがあります。ちなみに、結論から言うと、中小零細企業が都市銀行をメインバンクにすることはあまりお勧めできません。
このページでは、中小企業と都市銀行との関係づくりや融資の受けかたについて解説しています。

都市銀行から資金調達するために


地方自治体の制度融資は、一般的に1%未満の低金利で融資を受けることができることが特徴です。 大口の資金調達などの場合には、金利変動が致命傷...

地方自治体の制度融資は、一般的に1%未満の低金利で融資を受けることができることが特徴です。大口の資金調達などの場合には、金利変動が致命傷になり得ます。ですが、制度融資の場合は地域の中小企業活性化が主な目的なため、利益重視の銀行融資と比較して条件が緩和れている傾向が強いのです。
このページでは、そんな制度融資の受けかたや申し込み手順、必要書類に関して解説しています。

地方公共団体の制度融資とは


中小企業経営では、急務の資金繰りが訪れることで、やむなく条件の悪いビジネスローンを利用しなければいけないケースもあります。 一時的な"つな...

中小企業経営では、急務の資金繰りが訪れることで、やむなく条件の悪いビジネスローンを利用しなければいけないケースもあります。一時的な“つなぎ資金”であれば、まだ飲めますが、返済計画がおぼろげな場合には利用を避けましょう。
このページでは、ビジネスローンが必要な場面や利用時の注意点、その他重要ポイントを解説しています。

都市銀行のビジネスローンの使い方


新規事業の計画立案をしているが、その軍資金はメインバンクからの融資金を完全にあてにしているという経営者の方も少なくはないでしょう。 しかし...

新規事業の計画立案をしているが、その軍資金はメインバンクからの融資金を完全にあてにしているという経営者の方も少なくはないでしょう。しかし、メインバンクがあなたの会社の事業計画通りに融資を降ろしてくれることは稀です。では、融資が降りないからといって諦めてしまうのでしょうか?
このページでは、メインバンクからの融資が少額だった場合に使える「協調融資」について解説しています。

協調融資とは


 

ファクタリング会社選びに迷った時はコレ!

最短1日で数百万円〜の資金調達ができるファクタリングだからこそ、業者選びに迷っている時間がもったいない!と思いませんか?

『どんなファクタリング会社を選んでいいのかわからない!』

『なるべく手数料が安い会社を選びたいけど、どこ?』

『うちの会社の業種に合ったファクタリング会社はどこ?』

と、数多くある業者の中からあなたにぴったりな会社選びに迷ったことはありませんか?

そんな時は、「資金調達プロ」のカンタン無料診断であれば「お住いの地域」「必要資金額」「業種」などのごく簡単な情報を入力するだけで、自動であなたにぴったりな会社を選出してくれます。

まずはサクッと査定してみましょう!

利用条件:請求書発行済の売掛金を所有している経営者(個人事業主)

⇨カンタン無料診断はこちらから!