Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

資金繰り表の項目は何が必要?必ず入れておきたい4つの項目とは

資金繰り表には、損益計算書や賃借対照表のように決められた形式のものがありません。

あなたの会社に合った使いやすい形式で作成して構いません。しかし、最低限必要な項目が4つありますので、今回は、資金繰り表を作成する際に盛り込んでいきたい項目の解説をします。

資金繰り表に最低限必要な4項目

初めて資金繰り表を作成するとなると、頭を悩ませる方も多いです。

一度作成してしまえば、もう慣れたものですが、人間誰しも初めてのことというのは煩わしく感じるものです。

はじめて資金繰り表を作成する際に入れておきたい4つの項目があります。

資金繰り表に最低限必要な4つ
前月繰越金額前月からの資金(現預金)の繰越残を表示
当月収入金額当月の入金額(予定額)を表示
当月支出金額当月の支出額(予定額)を表示
翌月繰越金額 翌月に繰り越す資金(現預金)の金額を表示


翌月繰越金額の求め方

■ 翌月繰越金額 = 前月繰越金額 + 当月収入金額 ー 当月支出金額

上記計算式で算出します。

そして、翌月繰越金額は、次の月の前月繰越金額と必ず一致します。

また、資金繰り表では、その資金の流れの性格によって3つの部に分けて表示することが多いです。

この3つの区分で表示することで、会社の中の資金がどのように動くのかが明確になります。

その区分は以下の3つです。

資金繰り表で分けて表示する3つの部

  • 経常収支
  • 経常外収支
  • 財務収支

わかりやすいようにひとつづつ順番に解説していきます。

経常収支

経常収支とは、通常の営業活動によって生じる収支である「経常収入」と「経常支出」のことです。

ここには、売上の入金(売掛金の回収)や仕入れ・経費の支払い(買掛金・未払金などの支払い)が入ります。

資金繰り予定表を作成する際には、経常収支の部については、過去のデータを元にするとスムーズに作成することができます。

また、季節ごとに変動する数字は決まっていますので、経常収支は比較的予測が容易です。経常収支の部の数字を見ることで、本業でどれだけ資金が回っているのか?を知ることができます。

経常外収支

経常外収支の部では、会社の営業活動外の収支状況を表しています。

本来の営業とは別の活動の収支ですから、資金繰り予定表で予測するのは難しいかもしれません。

しかし、例えば「経常外収入」でしたら、新規開店するとした場合に、卸業者などからのイベントの協賛金の入金などは予測できます。

このような、予測できる経常外収支は極力、資金繰り表に盛り込むようにしましょう。ただし、経常外収支の重要度は低いと考えられます。

財務収支

財務収支の部では、会社の財務活動によって、どれだけの現金が入って、どれだけの現金が出ていったのかを表します。

会社の財務活動とは、基本的にその資金調達と返済などを指します。

つまり、金融機関からの借入金による入金や、借入金返済の出勤がここに入ります。

ここに表示される資金の動きは、その会社の資金調達の様子を示しています。

資金繰り表の項目を解りやすく図解すると

資金繰り表の項目

収入の部
経常収支(通常の営業で発生)
 ・売上金の入金
 ・売掛の入金
経常外収支(通常の営業外で発生)
 ・協力金
 ・リベート など
財務収入(財務活動で発生)
 ・金融機関からの借り入れ など
支出の部
経常収支(通常の営業で発生)
 ・仕入れの支払い(買掛金の支払い)
 ・経費の支払い(未払金の支払い)
経常外収支(通常の営業外で発生)
 ・違約金の支払い など
財務収入(財務活動で発生)
 ・金融機関からの借入返済 など

まとめ

ということで、今回は資金繰り表に入れておきたい4つの項目について解説しました。

金融機関提出用としても重要な「資金繰り表」ですが、あなた自身があなたの会社のキャッシュフローを把握するためにも活躍してくれるものです。

キャッシュが潤滑に回っている会社というのは、人間でいうところの健康的な食生活や睡眠が取れ、適度な運動をしている状態と同じです。

私は、会社のキャッシュは人間の血液と同じものだと考えます。

その「健康状態」を社長であるあなたがしっかりと把握してあげることで会社は元気に活動してくれますし、どんどん資金を生み出してくれるのです。

今回のフローをぜひとも取り入れていただいて、あなたの会社のキャッシュフロー経営に活かしてみてください。

楽して効果120%の決算シートができちゃう

弥生会計オンライン

  • 決算書
  • バランスシート
  • キャッシュ・フロー計算書
  • 資金繰り表

などなど、様々な財務諸表に活用できる!

ウェブ上のアカウントを取得する事で、IDとパスワードさえ知っていれば誰でもどの端末からでもアクセスする事ができるクラウド会計ソフト。利用してみて、そのわかりやすい操作性には驚きました。資金繰り表/バランスシート/決算書を作成する際には、非常に効果的な資料を半自動出力してくれます。

まずはお試し期間で使ってみる